エルミタ&マラテ地区

特集

マニラのホテルの夜景

【マニラのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるマニラだが、一つエリアが変わるとスラム街などもあるため注意が必要だ。また、観光エリアから離れたホテルを予約してしまうと、帰り時間を気にしてマニラの夜を楽しむことができなくなってしまう場合もある。せっかくのマニラ旅行、ホテル選びに失敗して台無しなんてことはないようにしたい。この記事では、ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

コルディリェーラの棚田群

フィリピンの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。フィリピンには全部で6つの世界遺産が登録されている。 フィリピンの観光スポットといえば、どうしてもマニラやセブを連想してしまいがちだが、それ以外の場所にも世界遺産登録された、古都や教会、美しい海があるのだ。 時間があれば、是非ともフィリピンの世界遺産にも足を運んでみたいところだ。

manila

マニラの一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

フィリピンの首都、マニラ。 このマニラは、一般的には「メトロ・マニラ」の事を指しており、「マニラ首都圏」という意味だ。 メトロ・マニラは17の市や行政地域から構成されており、マニラ市はマニラシティと呼ばれている。 この大都市マニラ首都圏には、ビジネスで賑わう近代化された街並みのマカティシティや、フィリピンの歴史を振り返るマニラシティなど、現代と過去が交錯している。 整備されたショッピングエリアや幹線道路から車で30分も行けば、手付かずの大自然や歴史的な遺跡や建物残る。 観光やショッピングだけではなく、大自然で味わえるゴルフやダイビングに魅了され、永住する日本人も多いフィリピン・マニラ。 旅行すれば、発展途上の真っ只中で、経済成長の活気が溢れ、また同時にフィリピンの人の優しさに触れることが出来るだろう。

souvenir

フィリピン・マニラのお土産 おすすめショップや購入のコツ!

旅の醍醐味の1つとも言えるお土産。 お土産選びは楽しい半面、どこで買えば良いのか、買う時に注意するべき点、どんなものが人気なのかなど、色々と考える事もあるかと思います。 そこで、本記事ではフィリピンへ旅行する人向けに、オススメのお土産、最適なショップや、注意すべき点、お得な情報などをまとめてみました! お土産選び際には是非参考にしてみて下さい。

makati

フィリピン旅行の費用、予算とモデルプラン

旅行をする際に気になるのは費用ですよね。 物価が比較的安い東南アジアの国にいけば、プチ贅沢もできます。 フィリピン旅行をするのなら、だいたいどのくらいのお金があればよいでしょうか? 今回はフィリピン旅行にかかる費用やそのサービスレベル、気をつけておきたいことなどをまとめてご紹介します!

manila food

マニラで食べられるフィリピンの名物料理10選!お勧めグルメ旅

日本の南、太平洋に浮かぶ島国フィリピン。その首都がマニラだ。アジアの独特の雰囲気を存分に楽しめるこの都市は、旅行者にいろいろな表情の食べ物を提供する。日本から近く時差も少ないことから、今とても人気のあるこの街のローカルフードをぜひ楽しみたい。旅の醍醐味の一つは、やはりグルメだ。食べ物を通して、私たちのまだ知らないマニラの真の姿を垣間見れるだろう。そしてマニラのソウルフードから、元気と笑顔をもらってこよう。

manila

【フィリピン】マニラのお勧め定番観光スポット10選

初めてマニラに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

エルミタ&マラテ地区

12件

Malate Church

1

マラテ教会

マニラの母親たたちを見守る聖母マリア

1762年のイギリスとスペインのマニラを巡る攻防では、イギリス軍の本拠地となった教会。 スペインに受け継がれるイスラム様式とバロック建築の影響を受け設計された教会のファサード(表玄関)は、実に荘厳で、マニラの敬虔なキリスト教徒たちの信仰の対象になっている。

Manila Zoological

2

マニラ動物園

マニラの街中で動物と触れ合える

マニラのビジネス街のすぐ近くに5.5ヘクタールの面積を持ち、約500の動物が暮らしている動物園。 子供向けに、動物と写真を撮ったり直接触ったりできるオプションメニュー「KINDER」(別料金PHP75)が人気。

Metropolitan Museum of Manila

3

メトロポリタン美術館

フィリピンのアートシーンの最先端を知るならここ

ここ最近のアートシーンで注目されているフィリピンの若きアーティストの作品をチェックするならここ「メトロポリタン美術館」だ。フィリピン中央銀行(BSP)管轄のメトロポリタン美術館財団によって運営されており、現在の中央銀行に隣接している旧本館ビルの中にある。

スポンサーリンク

Museo Pambata

4

子供博物館

子供のための多目的施設

フィリピンの親たちや学校の先生が子供に自国フィリピンの伝統芸能や歴史・文化を教えられるように、とのコンセプトで作られた博物館が、米国大使館の隣にある。

中央銀行貨幣博物館

貝殻がお金だった?マニラのお金の歴史を知るならここ

フィリピンで最初に使われた通貨の貝殻から世界各国のコイン、フィリピン国内で発行されたコイン、紙幣まで様々な通貨が展示されている。 特に中国の銅銭、占領時の通貨であるスペイン、アメリカ植民地時代のペソ札や日本統治時代の軍票などの史料は、植民地時代の歴史を感じられ興味深い。

Paco Park

パコ公園

知られざる歴史を持つパコ公園

1966年にマニラ市民のための公園として生まれ変わったバコ公園は、もとは有名な墓地だったということはあまり知られていない。 マニラでは1820年にコレラが大流行し、亡くなった人々の遺体はこのパコ公園の場所に埋葬された。

Amazing Philippine Theatre

アメイジング・フィリピン・シアター

フィリピンで気軽にニューハーフショーを見るならここ

地下鉄駅のすぐそばにあり、ソフィテルフィリピンプラザホテルの向かいと非常にわかりやすい場所にあるマニラフィルムセンターの中にあるニューハーフショー「アメイジング・フィリピン・シアター」。 様々なタイプのニューハーフの美女たちが趣向を凝らしたショーで楽しませてくれる。

スポンサーリンク

San Andres Market

サン・アンドレアス・マーケット

別名フルーツマーケット

駅からほど近く、外国人観光客も足を踏み入れやすい赤い屋根が目印の名物マーケット。 市場のまわりには所狭しと果物の店が並び、どの店も南国の果物が山盛りになっていることに由来して「フルーツマーケット」として紹介されることが多い市場だが、市場の中へ一歩入れば、日用品やフルーツ以外の食料品を扱う小さな店舗がひしめきあっており他の公設市場と変わらない。

My Kitchen by Chef Chris

マイキッチン バイ シェフクリス

ホテル内にある高級レストランは、地元民からの支持も熱い

マニラ市街地中心部からほど近い、雑多な雰囲気のエリアを抜けたところに建つ高級ホテル「PACO PARK OASIS HOTEL」。 このホテルの内部に「My Kitchen by Chef Chris」は店を構えている。 ホテル内部のレストランということもあって値段的にはフィリピン国内の相場から考えると高額であるが、マニラ国内で最も上質なイタリアンを堪能できるとあって、地元の富裕層を中心に海外の観光客以外からも愛される店である。

ビストロ レミーディオス

カジュアルな雰囲気で頂く、本場フィリピン料理の数々

高級レストランやホテルが軒を連ねる、マニラ中心部から少し南に入ったエリアに、「Bistro Remedios」は店を構えている。 高級な雰囲気のレストランが数多くひしめく地区にあるこの店は、しかしカジュアルで誰でも入りやすい店構えで海外からの観光客だけでなく地元民からも人気を集めている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク