メトロポリタン美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

メトロポリタン美術館
Metropolitan Museum of Manila

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Bangko Sentral ng Pilipinas Complex, Roxas Blvd., Malate
LRT1号線ビト・クルス(Vito Cruz)駅下車徒歩15分

料金

PHP100

営業時間

9:00-18:00
地下の展示は9:00-16:30

休業日

日曜
地下の展示は土曜と日曜休み

HP

Metropolitan Museum of Manila
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

フィリピンのアートシーンの最先端を知るならここ

Metropolitan Museum of Manila

ここ最近のアートシーンで注目されているフィリピンの若きアーティストの作品をチェックするならここ「メトロポリタン美術館」だ。
フィリピン中央銀行(BSP)管轄のメトロポリタン美術館財団によって運営されており、現在の中央銀行に隣接している旧本館ビルの中にある。
常設展としては現代アートコレクション「ザ・フィリピン・コンテンポラリー」の他に19世紀フィリピン美術を代表する画家「フェリックス・レスレクシオン・イダルゴ」、古代フィリピンの黄金の装身具や土器、そして宗教美術などの充実したコレクションがある。
また大規模な企画展も活発に開催されているのでこちらもチェックしておきたい。
欧米の美術市場でも人気の高いロナルド・ヴェンチュラ、アニー・カビクティンなどのフィリピンのアーティストに注目だ。

編集部一押しの観光プラン

マニラ市内と避暑地タガイタイを効率的に巡るなら

マニラ旅行者の必読記事

(Photo by JoRitchChT (Wikipedia Takes Manila participant) Edgar Dann Alcantara, Sheena Thea Alcantara, Sheera Thea Alcantara (Wikipedia Takes Manila participant))

アクセス・入場

メトロポリタン美術館へのアクセス

Bangko Sentral ng Pilipinas Complex, Roxas Blvd., Malate
LRT1号線ビト・クルス(Vito Cruz)駅下車徒歩15分

プラン相談

どんなマニラ旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「4万円以内でマニラ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

マニラのホテルの夜景
海外での防犯対策グッズ