ニューヨークのアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と…

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

7件

1

ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港と市内へのアクセス

ジョン・F・ケネディ国際空港はニューヨークの東、ジャマイカ湾に面したアメリカを代表する国際空港。ラガーディア空港、ニューアーク・リバティー国際空港と並ぶニューヨークの主要3空港のひとつだ。成田国際空港の約2倍、約20平方キロメートルもの敷地面積を持つ。日本からニューヨークへの直行便を利用する人は、多くの場合この空港に到着する事になるだろう。 デルタ航空とジェ…

2

ニューヨークのニューアーク・リバティー国際空港と市内へのアクセス

ニューアーク・リバティー国際空港は、ニュージャージーのニューアーク市にある国際空港。ジョン・F・ケネディ国際空港、ラガーディア空港と並ぶ、アメリカを代表するニューヨークの3大空港のひとつ。ニューヨーク中心部に近いのも特徴で、ユナイテッド航空がハブ空港として利用している。 2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件への哀悼の意を表明し、空港名に「リ…

3

ニューヨークのラガーディア空港と市内へのアクセス

ラガーディア空港は、ニューヨーク市クイーンズ区にある国際空港。ジョン・F・ケネディ国際空港、ニューアーク・リバティー国際空港と共にニューヨークの3大空港のひとつで、マンハッタンからの距離は一番近い。国内線及びアメリカ-カナダ間の国際線が中心に就航しており、税関はない。短・中距離専用空港なので日本からの直行便は存在しないが、アメリカ国内を移動する際には活用する…

スポンサーリンク

ニューヨークの地下鉄

4

ニューヨークのメトロ(地下鉄)

マンハッタンを中心に、ニューヨークの地下を縦横無尽に走っている地下鉄(メトロ)。北京、上海、ロンドンに次ぐ世界第4位の規模を誇り、1年の利用者は17億人を超える。かつては治安の悪さが問題視されていたが現在では大幅に改善され、ニューヨークを効率的に観光するのに欠かせない乗り物となっている。路線が入り組んでいて一見難しそうに見えるが、Google Mapや専用の…

ニューヨークのバス

ニューヨークのバス

乗りこなせるようになれば行動の幅がぐっと広がるニューヨークの路線バス。MTA(Metropolitan Transportation Authority)社が運営しており、一見難しそうに見えるが運行パターンはシンプルなので要領を掴めば簡単。至る所に停留所があり、歩き疲れたときの移動手段としても心強い。ただし、地下鉄と違って渋滞にはまるリスクもあるので、急いで…

ニューヨークのイエローキャブ

ニューヨークのタクシー

ニューヨークの公式タクシーは、どのタクシー会社のものであっても黄色く塗装されており、「イエローキャブ(Yellow Cab)」と呼ばれている。現在1万3000台近いイエローキャブが登録されており、街中を歩けばあらゆる場所で目に入る。ロンドンのブラックキャブに並ぶ、ニューヨークの名物のひとつだ。前に1人、後ろに3人の4人乗りで、観光の足としても活躍している。2…

アムトラックの高速鉄道アセラ・エクスプレス

アメリカの鉄道(アムトラック)

今でこそ車社会が確立しているアメリカだが、鉄道の歴史はイギリスと並んでとても古い。1830年には蒸気機関車が運行を開始し、車や飛行機が台頭するまではメインの輸送手段として活躍していた。 イギリスや日本と違い、アメリカの鉄道史において国鉄(国有鉄道)が存在した事は一度もないのも特徴。複数の私鉄がアメリカ全土をつなぐネットワークをつないでおり、鉄道業界が衰退した…

スポンサーリンク