ニューヨークのタクシーの乗り方、値段 、注意点

ニューヨークのタクシー

2017/05/05 更新

ニューヨークのイエローキャブ
データガイド
プラン相談

データガイド

ニューヨークのタクシーについて

イエローキャブ

ニューヨークを走るイエローキャブ

ニューヨークの公式タクシーは、どのタクシー会社のものであっても黄色く塗装されており、「イエローキャブ(Yellow Cab)」と呼ばれている。現在1万3000台近いイエローキャブが登録されており、街中を歩けばあらゆる場所で目に入る。ロンドンのブラックキャブに並ぶ、ニューヨークの名物のひとつだ。前に1人、後ろに3人の4人乗りで、観光の足としても活躍している。2015年には日産の「NV200」がイエローキャブの次世代公式タクシーとして導入されており、実は日本との関わりも深い。

料金体系と目安

イエローキャブの初乗り料金は$2.5(約260円)と、日本のタクシーより安い。そこから5分の1マイル(約320メートル)進むごとに50¢が加算されるシステムだ。橋やトンネル等を渡る時には、別途通行料金が必要となる。また、渋滞時には60秒ごとに50¢が加算される他、平日の16:00-20:00のラッシュ時間には別途$1がかかる。チップは強制ではないが、渡すときには運賃の10パーセント-15パーセントが目安だ。

例えば、ジョン・F・ケネディ国際空港からマンハッタンまで乗車した場合には、一律料金$52と橋の通行料、チップを合わせて総額$70前後と見ておこう。

タクシーの乗り方

ニューヨークでタクシーに乗る場合には、以下の3つの方法がある。

・タクシー乗り場で乗る
・道でタクシーを拾う
・予約する

ラッシュ時にはタクシー乗り場も混雑し、なかなかタクシーに乗車できない事も多い。あらかじめ予約しておくか、歩いて移動する方が懸命な場合もある。道でタクシーを拾って乗車する際の流れは以下の通り。日本のタクシーと要領はほとんど同じだ。

①タクシーを止める
イエローキャブの車上についているランプを確認。明かりが点灯している場合は空車の印なので、手をあげてタクシーを止めよう。ランプが点灯していない場合は満席か予約済みなので、別のタクシーを探す事になる。「OFF DUTY」ランプがついたタクシーも回送中なので乗車できない。

②乗車して目的地を告げる
アメリカのタクシーは日本と違い自動で開かないので、自分でドアを開け閉めして乗り込む。ニューヨークは南北のアベニュー、東西のストリートからなる碁盤の目の構造。目的地を告げるときには、住所ではなくアベニューとストリートを使って伝えた方が確実だ。イエローキャブのドライバーの8割が他国からの移民であり、有名な観光地といえど全員が位置を知っているわけではない。

例えば、カーネギーホールへ行きたい場合には「7th avenue and 57th street please.」と言えば問題ない。

③運賃を支払って下車する
目的地に着いたら、メーターに表示された料金を支払う。現金とクレジットカードどちらでも支払いが可能だ。チップもこの時、運賃の10パーセント-15パーセントを目安に支払う。トラブルを防ぐ為にも、レシートは保管しておく事をお勧めする。

注意点

車体が黄色ではないタクシーは、ニューヨークの認可を受けていない個人運営のタクシーである。法外な運賃を要求されたりとトラブルが絶えないので、ニューヨークでタクシーを利用するなら正規のイエローキャブを利用する事をお勧めする。

予約方法

タクシー会社の連絡先

タクシーは事前に予約しておく事もできる。宿泊しているホテルのフロントに頼んで予約を頼むのも良いだろう。自分で予約する場合には以下のタクシー会社を参照の事。

■The Yellow cab company
+1 860 666 6666
http://www.theyellowcab.com/reserve-online/

配車アプリ「Uber」

近年、その利便性からタクシー業界を脅かす程の人気を獲得しているのが、自動車配車サービス「Uber」だ。アプリをダウンロードし、自分の乗車位置を指定するだけですぐにタクシーがやってくるという画期的なシステム。支払いはカードの自動引き落としのみで、事前にクレジットカードやデビットカードの登録をしておけば良い。新しいニューヨークの移動手段として検討してみるのもお勧めだ。

編集部一押しの観光プラン

効率的!ナイアガラの滝をニューヨーク発で日帰り観光

  • ニューヨークのお勧めツアー

    ニューヨーク発 ナイアガラの滝日帰り観光ツアー 滝の見えるレストランでのビュッフェ昼食付き

    ニューヨークから日帰りでナイアガラの滝を観光できる非常に便利なプラン。夏は遊覧船に乗って滝壺を観光、冬は滝の裏側のトンネルを散策とそれぞれの見どころがある。滝が見える展望レストランも評判が高く、日本語ガイドも心強い。

    ➡ 詳細はこちら

  • ニューヨーク旅行者の必読記事

    (Photo by Sakeeb Sabakka)

    プラン相談

    どんなニューヨーク旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「12万円以内でアメリカ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ニューヨークのホテル
    海外での防犯対策グッズ