ニューヨークのメトロ(地下鉄)の料金、乗り方 、路線図、注意点

ニューヨークのメトロ(地下鉄)

2017/05/05 更新

ニューヨークの地下鉄
データガイド
プラン相談

データガイド

概要

マンハッタンを中心に、ニューヨークの地下を縦横無尽に走っている地下鉄(メトロ)。北京、上海、ロンドンに次ぐ世界第4位の規模を誇り、1年の利用者は17億人を超える。かつては治安の悪さが問題視されていたが現在では大幅に改善され、ニューヨークを効率的に観光するのに欠かせない乗り物となっている。路線が入り組んでいて一見難しそうに見えるが、Google Mapや専用のアプリを使用すれば簡単に路線検索もでき、24時間運行しているので時間を気にせず乗車できるのも魅力だ。

ニューヨークの地下鉄には全部で24の系統があり、数字またはアルファベットで識別されている。さらに系統は、どの基幹路線を通るかによってグループで色分けされている。例えばブロードウェイ-7番街線・各駅停車(Broadway-7 Avenue Local)は1系統で、グループカラーは赤色である。また、電車の停まり方には急行と各駅停車、シャトルの3種類があるが、日本の地下鉄とは異なりそれぞれ別の系統として独立している(一部例外あり)。

とはいえ蜘蛛の巣のように入り組んでいるニューヨークの地下鉄。まずは迷ってしまわないためにも、今いる場所より北に向かいた時は「Uptown」方面、南に向かいたい時は「Downtown」方面とざっくり覚えておこう。

路線図ホームページ
http://web.mta.info/maps/submap.html

乗車券の種類

メトロカード

ニューヨークの地下鉄で使用するメトロカード

地下鉄の運賃は一律$2.75。乗車するには各駅のゲート前にある券売機でメトロカードを購入、チャージする必要がある。メトロカードは、日本の「Suica」や「パスモ」のようにチャージ(リフィル、Refill)して使用するICカードのこと。バスの乗車時にも使用する事ができて便利。以下の3種類がある。

■ay per Ride Metro Card(ペイパーライドメトロカード)
$5.5-$80の範囲で任意の額をチャージできるカード。$5.5以上チャージする事でと11パーセントのボーナスがつくのも魅力。利用する度にチャージした額が引き落とされる仕組みで、金額が少なくなってきたら何回でも再チャージが可能だ。

■Unlimited Ride Metro Card(アンリミテッドメトロカード)
有効期間内の地下鉄とバスが乗り放題になるカード。使用開始から7日間有効な「7 Day Unlimited Ride Metro Card」($31)と、30日間有効な「30 Day Unlimited Ride Metro Card」($116.5)が存在する。こまめに地下鉄を利用する人には心強い。

■Single Ride(シングルライド)
$3で一回使いきりのメトロカード。購入してから2時間以内に使用しないと向こうになるので注意。地下鉄同士の乗り換えは可能だ。

なお、新規でカードを購入する場合には発行代として別途$1が必要となる。

切符(メトロカード)の買い方

ニューヨークの地下鉄の券売機

メトロカードは駅構内の自動販売機で購入する事ができる。現金やクレジットカード、デビットカードが利用でき、主要な駅では日本語の案内もある。指示に従ってタッチパネルを操作していこう。購入の流れは以下の通り。

①「Start」を押して、言語を選択する。

②「「Metro Card」」、「Fast $9 Metro Card」、「Single Ride」から購入したいカードの種類を選択する。「Fast $9 Metro Card」は始めから$9.99がチャージされたメトロカードで、とりあえずすぐにメトロカードを使い始めたいという人に便利。「Metro Card」を選んだ場合には、そこから更に上記の3タイプを選ぼう。

③支払い方法を「Cash」、「ATM Card」(クレジットカード機能が付いたキャッシュカード)、「Credit Card」から選択し、支払いを行う。現金は$100紙幣が使えないので注意。

④レシートが必要かどうかの質問に選択して終了。念のために受け取っておくと良い。

地下鉄の乗り方

ニューヨークの地下鉄のゲート

地下鉄に乗る前に、乗車駅と降りる駅(乗り換えがある場合は、乗り換え駅)を路線図で調べておくのがお勧め。路線図は駅の窓口やホテル、専用アプリ等で入手できる。駅名と系統を確認して、深緑色の階段から地下の駅構内へ入ろう。

ホームへ向かう為のゲートは全て自動改札。カードリーダーのような部分にメトロカードを通し、「Go」あるいは「2.75Paid」と表示されたらバーを押して通過する。案内板や「Uptown」、「Downtown」の表記を参考に、目的のホームへ向かおう。ニューヨークの地下鉄には時刻表はなく、系統にもよるが10分-15分間隔で定期的に発着している(ピーク時は5分間隔、深夜は20分間隔)。

地下鉄の乗り換え

ニューヨークの地下鉄内の案内板

別系統の地下鉄に乗り換える場合には、ほとんどの場合改札を抜ける必要はない。車内のアナウンスは聞き取りづらいのであらかじめ降りる駅をチェックしておく事をお勧めする。下車した後は案内板に従って乗り換え先の系統のホームへ進もう。

地下鉄の降り方

ニューヨークの地下鉄の乗り換えについて

ニューヨークの地下鉄は一律料金であり、入場時にチャージ額から運賃が差し引かれている。その為日本の切符やICカードとは違い、改札を抜けるときには特にメトロカードを使う必要がない。目的の駅へ到着したら、レバーを押してそのまま外に出よう。

その他注意点

■貴重品は厳重に管理
以前と比べて治安が良くなったといっても、まだまだスリや引ったくり等のトラブルが絶えないのも事実。財布等の貴重品はけっして目に付く所に出しっぱなしにせず、管理を徹底する事。

■突然の変更もしばしば
地下鉄に乗車していると、突然急行が各駅停車に変更になったりする事も。周りの乗客の様子をみながら臨機応変に対応しよう。スケジュールにもいくらか余裕を持たせておくと安心だ。

編集部一押しの観光プラン

効率的!ナイアガラの滝をニューヨーク発で日帰り観光

  • ニューヨークのお勧めツアー

    ニューヨーク発 ナイアガラの滝日帰り観光ツアー 滝の見えるレストランでのビュッフェ昼食付き

    ニューヨークから日帰りでナイアガラの滝を観光できる非常に便利なプラン。夏は遊覧船に乗って滝壺を観光、冬は滝の裏側のトンネルを散策とそれぞれの見どころがある。滝が見える展望レストランも評判が高く、日本語ガイドも心強い。

    ➡ 詳細はこちら

  • ニューヨーク旅行者の必読記事

    (Photo by David Robert Bliwas MARCUS NUNES Diego Torres Silvestre David Robert Bliwas Razor512)

    プラン相談

    どんなニューヨーク旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「12万円以内でアメリカ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ニューヨークのホテル
    海外での防犯対策グッズ