ミラノの観光スポット人気ランキング

特集

Duomo-di-Milano

ミラノのお勧め定番観光スポット10選

初めてミラノに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

Last Supper

ミラノから行ける世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ミラノから行ける世界遺産は全部で11箇所。 ミラノに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。かの有名なミラノ大聖堂は実は世界遺産にはなっていない。

イタリアの世界遺産

イタリアの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。イタリアには約50箇所の世界遺産が登録されている。 多くの世界遺産があるイタリア。仕事などで定期的に訪れている人を除いて、滅多にこれない国なので、なるべくたくさんの世界遺産に訪れたいものだ。

観光

384件

Chiesadi Santa Mariadelle Grazie

1

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(最後の晩餐)

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」のある教会

レオナルド・ダ・ヴィンチの大傑作「最後の晩餐」のある教会。1495-98年の間に描かれた420×910センチメートルの巨大な壁画は、隣接したドメニコ会修道院の食堂にある。 教会と食堂全体がユネスコ世界文化遺産リストに登録されている。

Duomo di Milano

2

ドゥオモ

美しすぎる世界最大級ゴシック建築ミラノ大聖堂「ドゥオモ」

ドゥオモはミラノのど真ん中にそびえ立つ大聖堂。高さ108×全長158×幅93メートルの威容を誇る巨大建築物で、ゴシック建築(12世紀後半にフランスで発祥した建築様式)では世界最大規模を誇る。また、ヨーロッパで3番目、イタリア国内で最大スケールの教会堂で、常に世界中からの観光客と地元民ミラノーゼで賑わっているミラノ1番の人気スポットだ。 天に向かって真っ直ぐ伸びる135本の尖塔と、3000を超える多様で精巧な装飾彫刻体が特徴だ。入場は無料で内部見学可能。また、有料で堂内の後陣と屋上にアクセスすることもできる。 なお、ドゥオモは固有名ではなく教会堂を指す言葉であり、フィレンツェやローマ等世界各地にドゥオモは存在する。

Castello Sforzesco

3

スフォルツェスコ城

ダ・ヴィンチも建設に関わった「スフォルツェスコ城」

1450年ミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァが、前公ヴィスコンティ家の居城を改築した城塞。高さ109メートルのフィレーテの塔から中庭を囲うように回廊が伸び、1辺約200メートルの大きな正方形を形作る。現在は城内が市立博物館だ。有名な作品は、ミケランジェロが死の3日前まで作製していたとされる未完成の「ロンダニーニのピエタ」である。また、2013年この天井の層状水漆喰からダ・ヴィンチの「失われた」壁画が発見され注目を集めた。 ドゥオーモから徒歩15分、城の北西には47ヘクタールのセンピオーネ公園が広がっており、市民の憩いの場でもある。

スポンサーリンク

Museo Poldi Pezzoli

4

ポルディ・ペッツォーリ美術館

ヨーロッパで最も美しい邸宅美術館

スカラ座から北東に徒歩2分に位置するミラノの貴族ジャン・ジャコモ・ポルディ・ペッツォーリの美術館。 貴族ポルディ・ペッツォーリ家の威厳と美的センスをもって集められた作品は、武器甲冑から始まり、絵画、時計、宝石、ガラス等6000点を超える。

Naviglio Grande

ナヴィリオ運河

ミラノはかつて人口運河の街だった

内陸にあるミラノは沢山の人工運河を作り、貿易に強い海洋国家に追いつこうとしていた。 運河建設にはレオナルド・ダ・ヴィンチも参加したといわれている。 運河を利用して生活物資やドゥオーモ建設の石材を中心部に運んでいたミラノ。

Museo Nazionale della Scienza e Tecnologia Leonardo Da Vinci

レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館

ダ・ヴィンチ生誕記念500年に設立された博物館

その名の通り1953年にイタリアの大偉人レオナルド・ダ・ヴィンチの生誕500年記念に作られた、科学的思考の発達と工業技術の進歩をテーマとした科学技術博物館。 11世紀から16世紀に修道院として使われていた建物を利用しており、中心地から徒歩でアクセス可能で一般入場料は€10。

Museo Civico di Storia Natural de Milano

平和の門

通称ミラノの凱旋門

スフォルツェスコ城から広大なセンピオーネ公園を通って約徒歩10分、通称ミラノの凱旋門「平和の門」に到達する。 パリの凱旋門より少し小さく高さ25メートル幅24メートルの大きさだ。 古代ローマの遺跡センピオーネ門の上に19世紀初期にナポレオンのもと、この平和の門の建設が始まった。

スポンサーリンク

Parco Sempione

センピオーネ公園

ミラノ最大の公園

スフォルツェスコ城から平和の門へと続く間にある47ヘクタールの広大な緑地。 人工池や水飲み場、KIOSKや喫茶店が敷地内にあり、気軽に軽食をテイクアウトしてその場ピクニックなども楽しめる。

Chiesa di Santa Maria presso San Satiro

サンタ・マリア・プレッソ・サン・サティロ教会

だまし絵効果の祭壇を持つ教会

ドゥオモ広場から南に続くトリノ通りに進むと、盛期ルネサンスを代表する芸術家ドナト・ブラマンテが1482年に起工した教会、サンタ・マリア・プレッソ・サン・サティロ教会がある。

Chiesa di San Maurizio al Monastero Maggiore

サン・マウリツィオ教会

フラスコ画で埋め尽くされた教会

1503年にマクシミアヌス帝時代の遺跡の上に建てられたミラノ中心部にあるサン・マウリツィオ教会。 この教会には2つの回廊があり、一つが考古学博物館となっている。教会の中には、マクシミアヌス皇帝が建てた塔が残存しており、ミラノが西ローマ帝国の首都だったことを象徴する教会だ。