スポンサーリンク

ナイツブリッジ/チェルシー界隈

特集

london

【イギリス】ロンドンのお勧め定番観光スポット10選

初めてロンドンに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

ベルカントレストランでは食事とともにオペラも楽しめる

ロンドンのお勧めレストラン予約【日本語で予約】

ロンドンには世界中の美食が集まり、高い評価を受けるレストランが軒を連ねている。ただ、旅行者として訪れたときは、知識や言語の問題で、本当に素晴らしいレストランには行きづらいのが現実。そこで、HowTravelはロンドンに行ったら絶対に訪れたいおすすめレストランを厳選した。いずれも日本語での予約が可能。行きたいレストランを見つけて事前予約していこう。

london food

ロンドンで食べられるイギリスの名物料理10選!お勧めグルメ旅

ロンドンで料理の話をすると、おいしいものがない、グルメ不毛の土地などと不名誉なことをいう人が多い。しかし、世界中から人が集まり、経済や産業の中心であるロンドンは、多国籍料理が豊富でグルメな人も満足できるレストランが多く存在する。そして近年はロンドンの食文化は劇的に変化しており、以前に比べてグルメ熱は上昇傾向にあるとのこと。ロンドンは食の楽しみがないなんて思わずに、グルメの旅に出かけてはいかがだろうか。

London-plan

ロンドン旅行5泊7日の予算とモデルプラン

ここでは5泊7日のロンドン旅行を計画するときの予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性を重視した「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始のなど混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わる。 滞在期間がイースターやクリスマスなどイギリスの祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地の休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。有料観光地の入場料は高めだが、入場無料の美術館や博物館も多い。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで飛行機に乗ろう

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

nishino-kana-london

西野カナが訪れたロンドン観光スポット【イギリス】

西野カナさんのロンドン旅行をご紹介。ひとり旅ですが、精力的に観光スポットを回っていて充実しています。女性の旅の参考になりそう。 彼女の訪れたロンドン観光スポットを参考にして、あなたもロンドンを満喫してみてはいかがでしょうか。

ナイツブリッジ/チェルシー界隈

22件

Kensington Palace

1

ケンジントン宮殿

ダイアナ妃も住んだ17世紀建設の宮殿

ケンジントン宮殿は、ウェストミンスターの公園ケンジントン・ガーデンズ内に位置する王宮だ。今はウィリアム王子一家が住んでいるのだが、なんと宮殿の一部分がミュージアムとして一般公開されているのだから、イギリス王室の懐の広さが窺える。周囲のケンジントン・ガーデンズも非常に美しい庭園なので、花の咲き誇る春頃に合わせて見学してみてはいかがだろう。

2

ロイヤル・アルバート・ホール

アルバート公に贈られた演劇場

レンガとテラコッタによる外装の装飾が目を引く、「ロイヤル・アルバート・ホール」。8000人もの観客を収容できる豪華で優雅な大ホールが満員になる光景は圧巻である。また、同ホールは伝説的な人物を生み出したホールとして、「ザ・ネイションズ・ヴィレッジ・ホール」という異名まで付いている。日本の武道館のような、ロンドンでもトップクラスの演劇場なのである。

Natural History Museum

3

ロンドン自然史博物館

自然にまつわる大迫力の博物館

幾つもの博物館、美術館が点在するロンドンで、人気上位の博物館が「ロンドン自然史博物館」である。 その人気の秘密は、大迫力の展示とコレクションの数だ。 館内は、主に4つのゾーンに分かれていて、それぞれ違った角度から自然について学ぶことができる。

スポンサーリンク

Kensington Gardens

ケンジントン・ガーデンズ

庭園のように整備された王立公園

ケンジントン・ガーデンズは、ウェストミンスター地区とケンジントン地区にまたがる王立公園だ。 ロンドンは広い公園の多い都市として知られているが、このケンジントン・ガーデンズも例外ではなく、275エーカーもの敷地を持っている。 どちらかといえばこちらは、自然公園というよりも庭園といった面持ちのスポットだ。

Saatchi Gallery

サーチ・ギャラリー

現代アート専門の個人美術館

ロンドンは多くの美術館や博物館の集まる街だが、それぞれが独自の色を持っている。 こちらのサーチ・ギャラリーも明確なコンセプトをもった美術館で、世界中のアートファンから人気の高い美術館となっている。 2003年にオープン(2006年に一時閉館したのち2008年より再オープン)したサーチ・ギャラリーは、現代アート専門の美術館だ。 特に1990年代以降の若い世代のアーティストの作品に強いことが特徴で、最新型のアートの潮流を一望できるスポットだといえる。

Speakers Corner

スピーカーズ・コーナー

ハイド・パーク内にある「言論の自由」の象徴

イギリスは議会政治発祥の地でもある。 スピーカーズ・コーナーは、そんなイギリスの歴史と文化を象徴する、この国ならではのスポットだといえるだろう。 場所は、ロンドンで最も有名な王立公園であるハイド・パークの北東部隅だ。 この一角には、毎週日曜日になるとどこからともなく多くの人々が集い、さまざまな演説をはじめることが慣例となっている。

Victoria and Albert Museum

ヴィクトリアアルバート博物館

芸術とデザインにおいて世界最大規模のコレクションを揃える美術館

1851年に開催されたロンドン万国博覧会をきっかけに、翌年に製品博物館として開館した。 1857年には、現在のサウス・ケンジントンに移転し、サウス・ケンジントン博物館として親しまれるようになる。 この当時は、インダストリアルデザインの振興を図る目的として構想されていた。

スポンサーリンク

Science Museum

科学博物館

大人から子どもまで五感で科学を学ぶ博物館

蒸気機関から宇宙開発まで、人類の科学による発展を学べるのが「科学博物館」である。 大きく5つのフロアに分かれており、迫力ある動態保存されているものや、恐竜時代や深海学習のための3Dシアターなどもあり、五感を活かして楽しく学ぶことができるのが人気の理由。

Chelsea Physic Garden

チェルシー・フィジック・ガーデン

17世紀創設の薬草園

チェルシー・フィジック・ガーデンは、ロンドン中心部から徒歩10分ほどの場所にある植物園だ。 「フィジック」というのは「薬の~」といった意味。 ロンドンは公園や庭園の多い都市だが、こちらは薬草に特化した植物園として知られている。

国立陸軍博物館

大英帝国軍の歴史を語る博物館

英国陸軍の侵略の歴史を詳細に知ることができるのが、「国立陸軍博物館」である。 無料で入ることができるが、撮影禁止なので注意したい。 王立陸軍士官学校により1960年に開館された同博物館は、1415年の「百年戦争」から現代までの、幅広い軍事関連のコレクションを展示している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク