ヴィクトリアアルバート博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ヴィクトリアアルバート博物館
Victoria and Albert Museum

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Cromwell Rd, London SW7 5BD

Circle、District、Piccadilly線 South Kensington 駅

料金

無料

営業時間

10:00-17:45
金曜は10:00-22:00

休業日

12/24、12/25、12/26

HP

http://www.vam.ac.uk/
英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、アラビア語、ポーランド語

Victoria and Albert Museum
データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

芸術とデザインにおいて世界最大規模のコレクションを揃える美術館

Victoria and Albert Museum

1851年に開催されたロンドン万国博覧会をきっかけに、翌年に製品博物館として開館した。
1857年には、現在のサウス・ケンジントンに移転し、サウス・ケンジントン博物館として親しまれるようになる。
この当時は、インダストリアルデザインの振興を図る目的として構想されていた。

1899年に、ヴィクトリア女王が「ヴィクトリアアルバート博物館」と改称。
以来、デザインの収集・展示を拡大していった。

ロンドンの美術館の中でも最大規模のコレクションを揃えるヴィクトリアアルバート博物館(通称V&A)。
V&Aでは、各国から集められた工芸品・伝統品、現代美術、ファッション、デザインなど多岐にわたるコレクションを揃えており、その数は400万点にものぼる。V&Aに揃えられたコレクションの質の高さやバラエティの豊かさは世界でも並ぶものが無いといわれ、展示室も非常に多い。

また、著名芸術家の生誕や現代芸術の振興、各国の文化品の歴史を辿った展覧会イベントを定期的に行っており、様々な角度から芸術を楽しむことができる。

広いのでトイレの場所等をチェックしておけるようマップをもらっておくとよい。
館内マップはエントランスで£1(寄付金)でもらえる。

V&A内ではカフェも充実しており、散策の合間にお茶やケーキを楽しむこともできる。

1日かかっても回りきれないような数のコレクションなので、事前に押さえておきたいコレクションをチェックしておきたい。

見どころ

①芸術的な内装と大規模な石膏レプリカが並ぶカーストコート

Victoria and Albert Museum

博物館に入ると広々としたエントランスに豪華で芸術的なガラス照明がむかえる。
博物館の内装は、ほとんどが国立美術学校の学生たちにより手がけられており、独創的なデザインの内装になっている。

彫刻コレクションのギャラリーは中世ルネサンス彫刻、仏教彫刻など多岐にわたる歴史と文化のコレクションが並んでいる。
特に印象的な場所は、1873年に開設されたカーストコートである。
ガラス張りの天井に高々とそびえるトラヤヌスの記念柱や、ミケランジェロ、ダビデ像などの著名な彫刻家たちの彫刻、石膏のレプリカを置いている。
実物大の大きさのレプリカが並び、歴史ある彫刻の迫力を感じることができる。

②ファッション文化のバラエティ豊かなコレクション

Victoria and Albert Museum

V&Aの文化コレクションは多岐にわたるが、中でも興味深いのはファッションコレクションのコーナーである。

時代と共に変わり続けるファッションのバラエティは特に幅広く、18世紀から現代にわたるまでのファッションの歴史を並べられたコレクションを眺め楽しみながら、視覚的に学ぶことができる。
中世の豪華なドレスの数々や、現代のファッション業界をリードするVivienne Westwood、Alexander McQueenらのコレクションも展示されている。

また、古代ギリシャから現代までのヨーロッパの宝飾品が並ぶジュエリーアクセサリーの展示室では、豪華絢爛な3000点を超えるジュエリーが展示されている。
中にはイギリス王族の所有する宝飾品なども展示されており、その輝きに圧倒されるだろう。

③繊細なメタル細工による鉄装飾品の数々

Victoria and Albert Museum

V&A で最も長い廊下に立ち並ぶ鉄装飾品の数々は、必見である。

長い展示ギャラリーに所狭しと並べられた鉄装飾品はどれも繊細で手の凝ったものばかりだ。
バルコニーに飾る大きな鉄細工から小さい鍵まで多様な鉄細工がそろっている。
植物や動物をモチーフにしたものなどそのデザインの豊富さも必見である。

このような鉄細工の歴史は、ヘンリー8世の時代に各国から職人の技術を持ち込んだことがきっかけとされている。

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

  • ストーンヘンジを巡る現地ツアー

    世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー

    郊外にある為ややアクセスしづらいストーンヘンジを始め、ウィンザー城やバースといった3つの名所を効率良く1日で巡れる大人気ツアー。チケットは予約済み、オーディオガイドもあるので効率的に、かつしっかり見学できるのがうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のストーンヘンジ現地ツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    アクセス

    ヴィクトリアアルバート博物館へのアクセス

    Cromwell Rd, London SW7 5BD

    Circle、District、Piccadilly線 South Kensington 駅

    最寄り駅から徒歩5分程度だ。
    V&Aへの案内看板がいたるところにあるので、道は分かりやすいだろう。
    ロンドンの博物館・美術館はほとんどが無料で入館できる。

    ルート1:徒歩

    徒歩:ハロッズ、ナイツブリッジ、ハイドパークから歩いて10分。 

    ルート2:電車

    電車:地下鉄ピカデリー線またはサークル・アンド・ディストリクト線のサウス・ケンジントン駅下車、徒歩5分。
    ヴィクトリアからは5分、ウェストエンドからは約10分。

    ルート3:バス

    C1号、14号、74号、414号線が、正面入口前に停車。
    ロンドン観光2階建てバスによるオープンツアーでも、V&A前で乗降できる。

    プラン相談

    どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ