ケンジントン・ガーデンズの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ケンジントン・ガーデンズ
Kensington Gardens

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Kensington Gardens, London W2 2UH

地下鉄Central線 Queensway駅

料金

入園無料
飲食店は各店舗による

営業時間

6:00-日没まで
(閉園時刻は月によって変わるので要確認)

休業日

年中無休

HP

Kensington Gardens
データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

庭園のように整備された王立公園

Kensington Gardens

ケンジントン・ガーデンズは、ウェストミンスター地区とケンジントン地区にまたがる王立公園だ。
ロンドンは広い公園の多い都市として知られているが、このケンジントン・ガーデンズも例外ではなく、275エーカーもの敷地を持っている。
どちらかといえばこちらは、自然公園というよりも庭園といった面持ちのスポットだ。

ほかの公園と同じように、ケンジントン・ガーデンズも市民の憩いの場として親しまれているので、ゆったりとした時間を過ごせるはずだ。
特に春から夏にかけては色とりどりの花が咲き誇るため、ピクニックやジョギングを楽しむ人々で溢れることとなる。

敷地内には、有名なケンジントン宮殿もあるので、訪れた際には合わせて立ち寄るとよいだろう。

なお、すぐ東側にはロンドン随一の公園であるハイド・パークもある。
隣接しているためこちらもハイド・パークの一部だと解釈されることもあるが、公的にはあくまでも別々の公園なので、観光の際には混乱しないようにしよう。

見どころ

「オランジェリー」で優雅なティータイム

Kensington Gardens

さすが紅茶の国イギリスというべきか、ロンドンの公園では、園内に人気のカフェがあるというケースもめずらしくない。

ここケンジントン・ガーデンズにも、特に有名なティールーム「オランジェリー」がある。
赤レンガ造りの外観をもつオランジェリーは眺めるだけでも美しいが、その由緒も負けないくらいに優雅だ。
なにせこちらは、もともとは18世紀にアン女王がオレンジを育てるための温室として作らせたものなのだ。

そんな歴史ある建物のなかでゆったりと紅茶を楽しむのは、まさしく至福の時間といえる。
また、高級感漂うスポットでありながら、紅茶の値段が£15程度とリーズナブルなのも嬉しい。

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

  • ストーンヘンジを巡る現地ツアー

    世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー

    郊外にある為ややアクセスしづらいストーンヘンジを始め、ウィンザー城やバースといった3つの名所を効率良く1日で巡れる大人気ツアー。チケットは予約済み、オーディオガイドもあるので効率的に、かつしっかり見学できるのがうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のストーンヘンジ現地ツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    (Photo by stu smith)

    アクセス

    ケンジントン・ガーデンズへのアクセス

    Kensington Gardens, London W2 2UH

    地下鉄Central線 Queensway駅

    プラン相談

    どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ