ロイヤル・アルバート・ホールの観光情報(料金・行き方・営業時間)

ロイヤル・アルバート・ホール
Royal Albert Hall

2017/12/12 更新

基本情報

住所

Kensington Gore London SW7 2AP

メトロCircle、District、Piccadilly線South Kensington駅下車

料金

公演によって異なる

営業時間

公演によって異なる

休業日

※公演によって異なる

HP

データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Royal Albert Hall

レンガとテラコッタによる外装の装飾が目を引く、「ロイヤル・アルバート・ホール」。8000人もの観客を収容できる豪華で優雅な大ホールが満員になる光景は圧巻である。また、同ホールは伝説的な人物を生み出したホールとして、「ザ・ネイションズ・ヴィレッジ・ホール」という異名まで付いている。日本の武道館のような、ロンドンでもトップクラスの演劇場なのである。

歴史

ヴィクトリア女王から、夫であるアルバート公に贈られたという演劇場である。ホールの向かい側にはアルバート公の記念碑も建造されている。1871年に開場して以来、コンサートに始まり、バレエやオペラ、スポーツ、相撲まで行なわれてきた歴史ある屋内円形劇場だ。

チェック

アルバート記念碑

Royal Albert Hall

ヴィクトリア女王が捧げた金色に輝く像

英国を繁栄に導いたヴィクトリア女王の夫アルバート公は、世界で初めての万博博覧会を成功させた人物だ。ヴィクトリア女王は夫の死を悼み、大成功だった万博博覧会の余剰金でアルバート・ホールとこの記念碑を建てたと言われている。

金色に輝く「アルバート記念碑」はアルバート・ホールを見守るようにして、ホール正面に建てられている。像を囲むようにして建てられているのは、英国の繁栄を表したレリーフで、当時の栄華を見ることができる。

旅のプロ直伝 ロイヤル・アルバート・ホール観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、和田野晋佑さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
イギリス担当
和田野 晋佑
提携パートナー
イギリスのヴィクトリア女王の夫であるアルバート公に捧げられた演劇場です。120年近い歴史を重ねる夏の音楽会「BBCプロムス」のメイン会場として使われています。真ん中部分が室内競技場のように平たい「アリーナ」となっているため、プロムスの開催時にはアリーナは全面立ち席、しかも入場は先着順となっています。

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

  • ストーンヘンジを巡る現地ツアー

    世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー

    郊外にある為ややアクセスしづらいストーンヘンジを始め、ウィンザー城やバースといった3つの名所を効率良く1日で巡れる大人気ツアー。チケットは予約済み、オーディオガイドもあるので効率的に、かつしっかり見学できるのがうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のストーンヘンジ現地ツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    (Photo by Orangeaurochs)

    アクセス

    ロイヤル・アルバート・ホールへのアクセス

    メトロCircle、District、Piccadilly線South Kensington駅下車。

    プラン相談

    どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ