スポンサーリンク

Country

スペイン

Population

1,602,386人

Language

カタルーニャ語、スペイン語

Exchange

EUR 1 = JPY 118.36
JPY 100 = EUR 0.84
※ 2017/2/26 2:06 更新

バルセロナ観光スポット・旅行の無料データガイドブック

バルセロナの観光ガイドブック

HowTravelはスペインバルセロナガイドブックの観光スポット情報を無料でお届け!バルセロナの情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

中世の歴史的建造物と、ガウディの独創的な建築美が観光客を魅了してやまない芸術の街、バルセロナ。 圧倒的な存在感と芸術的な美しさを誇る「サグラダ・ファミリア聖堂」や自然と調和する彼独特の世界観の「グエル公園」、曲線美が印象的な「カサ・ミラ」やカラフルなタイルとガラスが散りばめられた「カサ・バトリョ」を含む「アントニ・ガウディの作品群」と、アールヌーボー建築が豪華な「カタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院」の世界遺産はぜひとも巡りたい。 「サンジョセップ市場」やバルでスペイングルメを満喫するのもバルセロナ旅行の醍醐味。アート好きなら「ピカソ美術館」や「ミロ美術館」、サッカー好きなら「カンプ・ノウ・スタジアム」も要チェック。

特集

観光

334件

Sagrada Familia

1

スポンサーリンク

エンタメ

1011件

Jamboree Jazz Club

1

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ショッピング

197件

Mercado de Sant Josep

1

グルメ

6466件

Uma

1

バルセロナの基本情報


  • 晴れ、曇りなど天気のアイコン

    "気候

    日本と比べて過ごしやすいと思う方が多いかもしれない。夏は気温が上がるものの湿度が低いため過ごしやすい。冬は東京ほど気温が下がらず、日中だと15度前後ほど。10月、11月は雨季だが、それでも雨はあまり降らない。年間通して過ごしやすい気候といえる。

    >>詳細を知る

  • 時計のアイコン

    "時差・サマータイム

    バルセロナと日本との時差は-8時間。つまり、日本が正午の時はバルセロナでは午前4:00となる。サマータイム期間は時差が-7時間になる。サマータイム適用期間は、3月の最終日曜午前2:00から10月の最終日曜午前3:00まで。

    >>詳細を知る

  • 飛行機のアイコン

    "フライト時間

    経由地1カ所の便で15時間30分ほど

  • 通貨のアイコン

    "通貨

    スペインの通貨はユーロ(€)で、コインはセント(¢)。紙幣は、€500、€200、€100、€50、€20、€10、€5の7種類。硬貨は、¢1、¢2、¢5、¢10、¢20、¢50、€1、€2の8種類。€1=¢100。

    >>詳細を知る

  • 税(TAX)のアイコン

    "税金

    バルセロナの付加価値税(VAT)は内税で商品価格に含まれている。バルセロナでショッピングをした際は免税手続きをとることを忘れないようにしたい。

    >>詳細を知る

  • コインのアイコン

    "チップ

    ホテル、レストラン、タクシーの料金に、サービス料は含まれている。レストランの会計にサービス料が含まれていない時は、料金の5-10%ほどをチップとする。

    >>詳細を知る

  • 手錠のアイコン

    "治安

    バルセロナでは、スリや置き引きが大量に発生する。手荷物には十分に注意すること。組織だって盗みに来るので、犯罪の手口に関して知識をつけてから訪れたほうが良いだろう。

    警察、消防、救急車両は112

  • 天秤のアイコン

    "規則

    ・公共空間での喫煙は罰金

  • 祝祭日のアイコン

    "祝祭日

    1/1、1/6
    3/19
    4/13-4/14、4/17
    5/1-5/2、5/15
    6/5、6/15、6/24
    8/15
    9/11、9/25
    10/12
    11/1、11/9
    12/6、12/8、12/25-12/26

  • オープンのアイコン

    "営業時間

    ・銀行
    月曜-金曜は8:30-14:00
    土曜は8:30-13:00
    日曜、祝日は休業

    ・ショップ
    月曜-金曜は10:00-14:00、16:00-20:00
    土曜は10:00-14:00
    ※デパート等は、10:00-22:00ごろ
    ※日曜、祝日は休業

    ・レストラン
    13:30-16:00、20:30-23:00ごろ

  • パスポートのアイコン

    "パスポート

    滞在日数に加えて3ヶ月以上の有効期間が必要。

    観光でベトナムを訪れる日本人は滞在期間が3カ月以内であればビザは不要。

    >>詳細を知る

  • 電話のアイコン

    "電話

    ・バルセロナに日本から電話する場合
    国際電話のスペインの識別番号は34。001(国際電話識別番号) + 34 + XXX + XXX + XXXX

    ・日本にバルセロナから電話する場合
    日本の国番号は81。001(国際電話識別番号) + 81 + XX + XXX + XXXX (市外局番の最初の0を除く)
    ※東京の場合(0081-3-XXXX-XXXX)

    >>詳細を知る

  • 電圧のアイコン

    "電圧・プラグ

    スペインの電圧は220Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品を使うためには変圧器が必要。

    電源プラグの形状は先が丸くなっているCタイプの変換機が必要。

    >>詳細を知る

  • 水道水のアイコン

    "飲料水

    スペインは水道水が飲める数少ない国。ただし、バルセロナの水道水は硬度が高く、軟水を飲みなれている日本人にはお勧めできない。市販のミネラルウォーターを飲むのが良いだろう。

  • アクセス・交通のアイコン

    "交通機関

    バルセロナはメトロが発達しており、市内観光であればほとんどの観光スポットに簡単にアクセスできる。また、多少わかりにくいが、バスが市内を網の目のように走り回っており、使いこなせると大変便利。初心者は無理せずタクシーを使うとよいだろう。どの交通機関にもスリが潜んでいるので注意したい。

    >>詳細を知る

  • 見逃せない!バルセロナの代表的な観光スポット!

    10位:ランブラス通り

    • La Rambla

      "ランブラス通り

      初心者必見 バルセロナのメインストリート

      バルセロナ観光をしようと思い立ってガイドブックを開けば、必ずや出会うのがこのランブラス通りではないだろうか。
      カタルーニャ広場からコロンブスの塔へと至るランブラス通りは、バルセロナ旧市街地の中心部を縦断するように貫いており、まさしくメインストリートと呼ぶに相応しい道だ。

      この記事を詳しくみる>>

    9位:カタルーニャ音楽堂

    • Palau de la MUsica Catalana

      "カタルーニャ音楽堂

      アールヌーボー建築の代表格

      カタルーニャ音楽堂は、20世紀初頭に建設されたコンサートホールだ。
      リュイス・ドゥメナク・イ・ムンタネーによって設計されたこの音楽堂は、当時のルネサンス運動に大きく貢献したが、そればかりでなく、バルセロナにおけるアールヌーボー建築を現在に伝える貴重な建造物となっている。

      この記事を詳しくみる>>

    8位:ピカソ美術館

    • Museu Picasso

      "ピカソ美術館

      バルセロナにもあるピカソ美術館

      ピカソ美術館というと、パリにあるものを思い浮かべる人も多いだろう。
      だが、実は「ピカソ美術館」という日本語名をもつ美術館はヨーロッパ中にあり、スペイン国内だけでも5箇所もある。
      それだけパブロ・ピカソという芸術家が世界的な人気と評価を得ているという証拠だ。

      この記事を詳しくみる>>

    7位:デザイン博物館

    • "デザイン博物館

      バルセロナ・デザインのすべてを網羅した新しいミュージアム

      デザイン博物館は、2014年12月にオープンしたばかりの真新しいアート・スポットだ。
      所蔵品の数はなんと、実に7万点以上。
      というのも、この博物館はもともとバルセロナ市内にあった「陶器博物館」、「装飾美術館」、「テキスタイル・衣装博物館」、「工芸グラフィック美術館」の4つのミュージアムが統合されて生まれたものだからだ。

      この記事を詳しくみる>>

    6位:サン ジョセップ市場 (ボケリア市場)

    • Mercado de Sant Josep

      "サンジョセップ市場(ボケリア市場)

      バルセロナの台所

      観光旅行にはグルメも欠かせない。
      ましてスペインといえば、食の国としても有名だ。
      バルセロナで「食」といえば、ぜひとも訪れておきたいのがサンジュセップ市場(別名:ボケリア市場)だろう。
      ここは「バルセロナの台所」という異名を持つほどの賑わいを見せる市場で、店舗数は実に300を超える。
      日本でいうと、東京の築地場外のような感覚だというとわかりやすいだろうか。

      この記事を詳しくみる>>

    5位:サン・ジャウマ広場

    • Plaça de Sant Jaume

      "サン・ジャウマ広場

      ゴシック地区の中心部にある憩いの場

      サン・ジャウマ広場は、ゴシック地区の中心部、市庁舎前にひろがる石畳の広場のことだ。
      さほど面積の大きな広場ではないものの、長い歴史をもつ無数の建造物に取り囲まれており、クラシカルな雰囲気を漂わせた憩いの場となっている。
      それもそのはず、19世紀初頭まではここに教会があったのだという。

      この記事を詳しくみる>>

    4位:カタルーニャ美術館

    • Museu Nacional dArt de Catalunya

      "カタルーニャ美術館

      カタルーニャ美術を俯瞰できる国立美術館

      ピカソ、ミロ、そしてガウディ。
      スペインは、歴史に名を刻む多くの有名アーティストを輩出した国だ。
      ここバルセロナも芸術の街として知られており、市内には国立美術館であるカタルーニャ美術館がある。
      アート好きはもちろん、そうでない人も一度は訪れておきたいスポットだ。

      この記事を詳しくみる>>

    3位:モヌメンタル闘牛場

    • Plaza de Toros Monumental (La Monumental)

      "モヌメンタル闘牛場

      禁止されたカタルーニャ文化の象徴

      スペインの伝統芸能といえば、誰しも思い浮かべるのが「闘牛」だろう。
      獰猛な牛を身軽にかわす闘牛士のパフォーマンスは、強靱さと可憐さを併せ持った美しいものである。
      バルセロナにもこのモヌメンタル闘牛場をはじめとして、いくつかの闘牛場が存在していた。

      この記事を詳しくみる>>

    2位:グエル公園

    • Parc Guell

      "グエル公園

      ガウディの叶わなかった夢の世界

      カタルーニャ州には数多くのユネスコ世界遺産があるが、そんな中でも特に高い人気と知名度をもつのが、このグエル公園だ。
      「アントニ・ガウディの作品群」のひとつとして1984年に世界遺産に登録されたこの公園は、バルセロナを訪れたからにはぜひとも訪れておきたいスポットである。

      この記事を詳しくみる>>

    1位:サグラダ・ファミリア聖堂

    • Sagrada Familia

      "サグラダ・ファミリア聖堂

      バルセロナ最大の観光スポット

      スペイン国内のみならず、世界中のすべての世界遺産の中でもトップクラスの人気を誇るのが、このサグラダ・ファミリア聖堂だろう。
      バルセロナ市のシンボルというべきこの聖堂は、「アントニ・ガウディの作品群」のひとつとしてユネスコ世界遺産に登録されているスポットだ。
      よく知られているとおりこの聖堂は未完成であるが、カタロニア・モダニズムの象徴といえる建築物であるため、その美的価値・歴史的価値はともに高い。
      数々のスペイン国内の観光地の中でも毎年最大の観光客を集めており、例年200万人以上が訪れる。

      この記事を詳しくみる>>