新市街周辺

特集

バルセロナのホテル

【バルセロナのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるバルセロナだが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

barcelona food

バルセロナで食べられるスペインの名物料理10選!お勧めグルメ旅

バルセロナはスペインの北東部、カタルーニャ州の州都で、地中海沿岸の港町。サンタ・エウラリア大聖堂や日本でもファンの多いサグラダ・ファミリアが有名で、多くの観光客が訪れる。そのためレストランやバルは人口に対して異様に多く、高級料理からカジュアルなタパス、B級グルメまで食べるものには困らない。魚を食べる文化だからか日本人の口に合うものが多い。せっかくのバルセロナ、ローカルに混じって郷土料理を楽しんでみてはどうだろうか。

barcelona

【スペイン】バルセロナのお勧め定番観光スポット10選

初めてバルセロナに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

Barcelona plan

バルセロナ旅行5泊7日の予算とモデルプラン

ここでは5泊7日のバルセロナ旅行を計画する際の予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性重視の「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始など混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わってくる。 滞在期間がイースター休暇やクリスマスなどスペイン/カタルーニャ州の祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地などの休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

新市街周辺

12件

Camp Nou

1

カンプ・ノウ・スタジアム

FCバルセロナのホームスタジアム

カンプ・ノウ・スタジアムは、バルセロナ市内にあるサッカー専用スタジアムだ。ここをホームスタジアムとしているのは、地元の人気チームにして世界屈指の強豪でもあるFCバルセロナ。これまでに数多くの歴史的なゲームが開催されてきたスタジアムであり、サッカーファンにとっては聖地と呼んでも過言ではないスポットとなっている。 ちなみにカンプ・ノウとは、カタルーニャ語で「新しいスタジアム」という意味をもっている。1957年の完成以来、正式名称は長らく「Estadi del Futbol Club Barcelona」だったが、地元の人々は誰もがカンプ・ノウと呼んでおり、現在ではついに正式名称もカンプ・ノウとなった。

Finca Guell

2

グエル別邸

ドラゴンの門は一見の価値あり

グエル別邸は、世界的建築家であるガウディが、長年パトロンとして支えてくれたエウセビ・グエル氏のために作った邸宅だ。 グエル氏の名が冠されたガウディ作品としてはほかにもグエル公園やグエル邸などが挙げられるが、最初に手がけたのがこのグエル別邸である。

Monestir de Pedralbes

3

ペドラルベス修道院

閑静な住宅街の格式ある修道院

ペドラルベス修道院は、バルセロナ市の北東側、ティビダボ山の麓に位置している修道院だ。 周辺のペドラルベス地区は市内でも屈指の高級住宅地とあって閑静なエリアになっているが、そんな中でもひときわ森厳な雰囲気を纏っているのが、このペドラルベス修道院である。

スポンサーリンク

CosmoCaixa Barcelona

4

コスモ・カイシャ

大人から子供まで楽しめる科学博物館

コスモ・カイシャは、スペイン国内のみならず、ヨーロッパ全土でも有数の人気を誇る科学博物館だ。 もともと自然科学博物館のあった場所を、2004年にリニューアルオープンしたのが現在のコスモ・カイシャとなる。 休日になればヨーロッパ中から観光客が集まるほどの人気スポットとなっている。

Colegio de Santa Teresa

サンタ・テレサ学院

ガウディが手がけたカトリック系の学校

サンタ・テレサ学院は、19世紀末にガウディによって建設されたカトリック系の学校だ。 もともとは別の建築家が請け負っていたというが、敬虔なクリスチャンであるガウディの信仰心を買われて引き継いだ仕事だといわれている。

Bellesguard

ベリェスグアルド

屋上からの展望も楽しめるガウディ建築

フィゲーラス邸は、バルセロナを代表する建築家であるガウディが、彼の大ファンであったフィゲーラス未亡人のために建築した建物だ。 現地では「Bellesguard」の名で親しまれており、これはカタルーニャ語で「美しい眺め」という意味になる。 これは、屋上から市内を360°一望できることからつけられた名前だ。

ミラーリェス邸の石門

石門のみ残るガウディ建築

バルセロナ市内にガウディ作の建築物はたくさんあるが、中でも特に異色なのが、このミラーリェス邸の石門だろう。 建築そのものが異色なわけではない。 ミラーリェス氏のために作られたこの邸宅の建築年代は、あの有名なグエル公園とほぼ同時期だ。

スポンサーリンク

Parc de lEspanya Industrial

スペイン工業公園

工場跡地につくられた憩いの公園

スペイン工業公園は、バルセロナ最大のターミナル駅であるサンツ駅のすぐ隣にある公園だ。 19世紀には繊維工場が建っていた場所なのだが、20世紀後半になって再開発がはじまり、2009年に現在の公園が完成した。

Sala BeCool

サラ・ビークール

高品質のサウンドシステムが売りのクラブ/ライブハウス

サラ・ビークールは、市街中心部に位置するクラブ/ディスコだ。 キャパシティーは約500人。 サウンドシステムにこだわりがあることでも有名で、テクノやハウス、さらにはディープでハードコアなビート・ミュージックまでを網羅している。 選曲的にはやや保守的な部分が目立つが、その分、トレンドに流されないクラブだともいえるだろう。

Bikini Barcelona

ビキニ

バルセロナでは数少ないR&Bに強いクラブ

ビキニは、バルセロナ市街の中心部にほど近いディアゴナル通り沿いにあるクラブで、市内最高のクラブとも称される音楽の名所だ。ただし、芸術の街・バルセロナは音楽カルチャーも盛んだが、クラブ・カルチャーの側面から見ると日本とは少々傾向が異なっている。