スポンサーリンク

ミラノ観光スポット・旅行の無料データガイドブック

ミラノの観光スポットガイド

HowTravelはイタリアミラノの観光スポット情報を無料でお届け!ミラノの情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

中世の歴史的建造物が残る芸術とファッションの街、ミラノ。ルネッサンスを代表する芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作「最後の晩餐」で有名な世界遺産「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」や、彼も設計に関わりミケランジェロの遺作ものこる「スフォルツェスコ城」、旅行者を魅了してやまないゴシック建築の傑作「ドゥオモ」など見どころ満載。 世界三大オペラハウスのひとつ「スカラ座」や、貴族の私邸美術館「ポルディ・ペッツォーリ美術館」、世界最古のショッピングモール「ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世のガッレリア」などの観光スポットも見逃せない。 美しい景観のおしゃれスポット「ナヴィリオ運河」沿いを散策しつつ、イタリアグルメを堪能するのもおすすめ。

特集

海外旅行に必要なパスポートとお金

【本当に必要?】海外旅行保険選びのポイントをご紹介

「海外旅行保険はお金がかかるけど、とりあえず不安だから入っておこう」という人のために、保険会社が教えてくれない保険選びのポイントを徹底解説する。無駄を省いて旅先のホテルや食事をワンランクアップさせよう。また後段では、旅行情報サイトHowTravelがお勧めする無料の海外旅行保険についてもご案内する。

milan food

ミラノの名物料理10選!お勧めグルメ旅

ミラノはイタリア北部のロンバルディア州の州都で、ドゥオーモ(ミラノ大聖堂)やレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が所蔵されているサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会などの歴史的、文化的な名所がある。中世ヨーロッパを思わせる街並みは美しく、食事は日本人の口に合い、食べるものには困らないと言われているため、多くの日本人が訪れる人気の観光都市。内陸部にあり肉料理が多いのが特徴で、日本人には馴染み深い、お米を使った料理もある。ただし、日本で有名なミラノ風ドリアは日本発祥の料理なのでミラノにはない。

Duomo-di-Milano

ミラノのお勧め定番観光スポット10選

初めてミラノに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

観光

384件

Chiesadi Santa Mariadelle Grazie

1

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(最後の晩餐)

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」のある教会

レオナルド・ダ・ヴィンチの大傑作「最後の晩餐」のある教会。1495-98年の間に描かれた420×910センチメートルの巨大な壁画は、隣接したドメニコ会修道院の食堂にある。 教会と食堂全体がユネスコ世界文化遺産リストに登録されている。

Duomo di Milano

2

ドゥオモ

美しすぎる世界最大級ゴシック建築ミラノ大聖堂「ドゥオモ」

ドゥオモはミラノのど真ん中にそびえ立つ大聖堂。高さ108×全長158×幅93メートルの威容を誇る巨大建築物で、ゴシック建築(12世紀後半にフランスで発祥した建築様式)では世界最大規模を誇る。また、ヨーロッパで3番目、イタリア国内で最大スケールの教会堂で、常に世界中からの観光客と地元民ミラノーゼで賑わっているミラノ1番の人気スポットだ。 天に向かって真っ直ぐ伸びる135本の尖塔と、3000を超える多様で精巧な装飾彫刻体が特徴だ。入場は無料で内部見学可能。また、有料で堂内の後陣と屋上にアクセスすることもできる。 なお、ドゥオモは固有名ではなく教会堂を指す言葉であり、フィレンツェやローマ等世界各地にドゥオモは存在する。

Castello Sforzesco

3

スフォルツェスコ城

ダ・ヴィンチも建設に関わった「スフォルツェスコ城」

1450年ミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァが、前公ヴィスコンティ家の居城を改築した城塞。高さ109メートルのフィレーテの塔から中庭を囲うように回廊が伸び、1辺約200メートルの大きな正方形を形作る。現在は城内が市立博物館だ。有名な作品は、ミケランジェロが死の3日前まで作製していたとされる未完成の「ロンダニーニのピエタ」である。また、2013年この天井の層状水漆喰からダ・ヴィンチの「失われた」壁画が発見され注目を集めた。 ドゥオーモから徒歩15分、城の北西には47ヘクタールのセンピオーネ公園が広がっており、市民の憩いの場でもある。

Museo Poldi Pezzoli

4

ポルディ・ペッツォーリ美術館

ヨーロッパで最も美しい邸宅美術館

スカラ座から北東に徒歩2分に位置するミラノの貴族ジャン・ジャコモ・ポルディ・ペッツォーリの美術館。 貴族ポルディ・ペッツォーリ家の威厳と美的センスをもって集められた作品は、武器甲冑から始まり、絵画、時計、宝石、ガラス等6000点を超える。

観光ランキングを詳しくみる

スポンサーリンク

エンタメ

693件

Teatro alla Scala

1

スカラ座

世界三大オペラハウスミラノ・スカラ座

アメリカニューヨークのメトロポリタン歌劇場、オーストリアのウィーン国立歌劇場と並び、世界で最も有名なオペラハウスのひとつがミラノのスカラ座だ。1778年に完成した最も伝統のあるイタリア歌劇場である。 プッチーニの代表作「蝶々夫人」や「トゥーランドット」等、数々の著名な公演の初舞台が行われて来た歌劇場であり、世界中のダンサーやオペラ歌手がスカラ座の舞台にたつことを夢見ている。2階にはスカラ座博物館もあり、楽譜や衣装の展示、劇場内部の見学もできる。日本語オーディオガイドも用意されているので(値段は€7)、より深くスカラ座の歴史を知ることができる。

Stadio Giuseppe Meazza

2

ジュゼッペ メアッツァ スタジアム(サンシーロスタジアム)

イタリア一の規模を誇るサッカースタジアム

セリエAのインテルとACミランの本拠地として知られるイタリア一の収容人数を誇るジュゼッペ メアッツァ スタジアムはサンシーロの名称でお馴染みである。 1990年にイタリアで開催されたワールドカップにあわせて大改造された。

3

ゼリグ・カバレー

地元っ子に愛される笑いによるエンターテインメント

ミラノにあるコメディークラブZelig Cabaretは1968年に開設された劇場である。 このステージをきっかけとして発掘された有名コメディアンも現在数多く活躍しており、「笑いの聖地」と称されている。 新人コメディアンのためのワークショップも開催されており、プレゼンターのレクチャーを受けて旬の笑いを学ぶことができる。

Blue Note Milano

4

ブルーノート ミラノ

ジャズで大人の夜を演出

日本やニューヨークでお馴染みのブルーノート。2003年3月にミラノに誕生した。 週に6日、一日2回公演で、クラシックジャズから洗練されたイタリアンジャズ、ブルース、ソウル、ブラジリアンやラテン音楽がシックな雰囲気の中楽しめる。

エンタメランキングを詳しくみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ショッピング

178件

Galleria Vittorio EmanueleII

1

ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世のガッレリア

世界最古のショッピングモール

ドゥオモとスカラ座広場を繋ぐ巨大ショッピングアーケード。 イタリア初代国王ヴィットリア・エマヌエーレII世にちなんで名付けられた。ジュベッゼ・メンゴーニにより1865年-1877年の間に建築された、2本のアーケードが十字路を作る4階建てのショッピングモールだ。

La Rinascente

2

ラ リナシェンテ (ミラノ店)

5つ星の老舗百貨店

ミラノの中心部、ドゥオモの横に立地する5つ星老舗百貨店は10階建てでその存在感を堂々とあらわにしている。 1865年に開業し、イタリア各地に11の店舗をもつ有名百貨店。その外観は素晴らしいディスプレイでイタリア建築の美しさを引き立たせている。 特にクリスマス期間はおとぎの世界のような美しい雰囲気で買い物客を魅了する。

Peck

3

ペック

ミラノの老舗高級食材店

ミラノでペックといえば、パリのフォションのような存在。 イタリア国内では5店舗を展開しており、そのうちの一つはレストランとして営業している。 日本でも高級食材店として親しまれているが、本場ミラノのお店は「グルメの宝石商」と言われるほどの品揃え。

4

ジョルジオ・アルマーニ(本店)

ファッションの最先端アルマーニ本店

ミラノコレクションにも出展している世界的高級ファッションデザイナー、ジョルジオアルマーニの本店。 1975年にセルジオ・ガレオッティとともに共同で会社を設立。 エンポリオアルマーニ、アルマーニコレツィオーニを始めとするアパレル、アクセサリーから家具やコスメ、高級レストランまで全世界に幅広くビジネスを展開している。

ショッピングランキングを詳しくみる

グルメ

6449件

Da Vic Ristorante Guerrini

1

ダ ヴィク ー レストランテ グエリーニ

一流のイタリアンを楽しむ

洗練されたイタリアンレストランとして評判のダ ヴィクは、こじんまりとした店構えながら連日多くの人で賑わっている。 前菜、メイン、デザートと、どれをとってもハイレベルだ。

Nerino Dieci Trattoria

2

ネリノ ディエチ トラットリア

カジュアルな雰囲気の本格イタリアン

ネリノはミラノでもっとも有名なレストランのひとつだ。 店内の雰囲気は親しみやすいものでありながら、出てくる料理は本格的なイタリアンである。 新鮮な魚介をふんだんに使ったパスタや、ボリューム満点のステーキなど、迷ってしまうことだろう。

Giacomo Tabaccheria

3

ジャーコモ タバケリーア

最高の朝食を

クラシカルなイタリアの内装の店内には、ワインやおつまみなどが並べられている。 イタリアでは珍しく朝8:00から営業していおり、パンの焼ける良い香りが漂ってくる

C'era una Volta una Piada

4

セラ ウナ ボルタ ウナ ピアーダ

ランチに人気のピアーダ専門店

ピアーダとは、小麦粉・水・塩・オイルを混ぜ、クレープのように薄く伸ばして焼いたパンのような生地である。 もちもちの食感が美味しく、薄いわりにお腹にもたまる。

グルメランキングを詳しくみる

見逃せない!ミラノの代表的な観光スポット!

10位:ラ リナシェンテ

  • La Rinascente

    "ラ リナシェンテ (ミラノ店)

    5つ星の老舗百貨店

    ミラノの中心部、ドゥオモの横に立地する5つ星老舗百貨店は10階建てでその存在感を堂々とあらわにしている。1865年に開業し、イタリア各地に11の店舗をもつ有名百貨店。その外観は素晴らしいディスプレイでイタリア建築の美しさを引き立たせている。特にクリスマス期間はおとぎの世界のような美しい雰囲気で買い物客を魅了する。

    この記事を詳しくみる>>

9位:センピオーネ公園

  • Parco Sempione

    "センピオーネ公園

    ミラノ最大の公園

    スフォルツェスコ城から平和の門へと続く間にある47ヘクタールの広大な緑地。人工池や水飲み場、KIOSKや喫茶店が敷地内にあり、気軽に軽食をテイクアウトしてその場ピクニックなども楽しめる。公園内には、ミラノ市立円形劇場(Arena civica)やミラノ市立水族館(Acquariocivico)、人魚の橋(Ponte dellesirenette)などもあり、自然の中で小さな観光スポットにもアクセスできる。

    この記事を詳しくみる>>

8位:平和の門

  • Museo Civico di Storia Natural de Milano

    "平和の門

    通称ミラノの凱旋門

    スフォルツェスコ城から広大なセンピオーネ公園を通って約徒歩10分、通称ミラノの凱旋門「平和の門」に到達する。パリの凱旋門より少し小さく高さ25メートル幅24メートルの大きさだ。古代ローマの遺跡センピオーネ門の上に19世紀初期にナポレオンのもと、この平和の門の建設が始まった。

    この記事を詳しくみる>>

7位:レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館

  • Museo Nazionale della Scienza e Tecnologia Leonardo Da Vinci

    "レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館

    ダ・ヴィンチ生誕記念500年に設立された博物館

    その名の通り1953年にイタリアの大偉人レオナルド・ダ・ヴィンチの生誕500年記念に作られた、科学的思考の発達と工業技術の進歩をテーマとした科学技術博物館。
    11世紀から16世紀に修道院として使われていた建物を利用しており、中心地から徒歩でアクセス可能で一般入場料は€10。
    天才芸術家であり秀才科学者でもある・ヴィンチの発明品やスケッチ、資料等を中心に10,000点を超える展示品が収蔵されている。

    この記事を詳しくみる>>

6位:ナヴィリオ運河

  • Naviglio Grande

    "ナヴィリオ運河

    ミラノはかつて人口運河の街だった

    内陸にあるミラノは沢山の人工運河を作り、貿易に強い海洋国家に追いつこうとしていた。運河建設にはレオナルド・ダ・ヴィンチも参加したといわれている。運河を利用して生活物資やドゥオーモ建設の石材を中心部に運んでいたミラノ。時代が進み、列車や飛行機などの交通手段が増えると、中世ミラノに縦横に流れていた運河の大半は埋め立てられてしまった。

    この記事を詳しくみる>>

5位:ポルディ・ペッツォーリ美術館

  • Museo Poldi Pezzoli

    "ポルディ・ペッツォーリ美術館

    ヨーロッパで最も美しい邸宅美術館

    スカラ座から北東に徒歩2分に位置するミラノの貴族ジャン・ジャコモ・ポルディ・ペッツォーリの美術館。貴族ポルディ・ペッツォーリ家の威厳と美的センスをもって集められた作品は、武器甲冑から始まり、絵画、時計、宝石、ガラス等6000点を超える。

    この記事を詳しくみる>>

4位:ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世のガッレリア

  • Galleria Vittorio EmanueleII

    "ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世のガッレリア

    世界最古のショッピングモール

    ドゥオモとスカラ座広場を繋ぐ巨大ショッピングアーケード。イタリア初代国王ヴィットリア・エマヌエーレII世にちなんで名付けられた。ジュベッゼ・メンゴーニにより1865年-1877年の間に建築された、2本のアーケードが十字路を作る4階建てのショッピングモールだ。マクドナルドから高級ブランドブティックまで様々なショップが立ち並ぶ(マクドナルドは上品で高級感あふれる店構えにデザインされている)。

    この記事を詳しくみる>>

3位:サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(最後の晩餐)

  • Chiesadi Santa Mariadelle Grazie

    "サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(最後の晩餐)

    レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」のある教会

    レオナルド・ダ・ヴィンチの大傑作「最後の晩餐」のある教会。1495-98年の間に描かれた420×910センチメートルの巨大な壁画は、隣接したドメニコ会修道院の食堂にある。教会と食堂全体がユネスコ世界文化遺産リストに登録されている。一番の見どころ「最後の晩餐」は完全予約制。2か月前に予約受付が開始される。

    この記事を詳しくみる>>

2位:スフォルツェスコ城

  • Castello Sforzesco

    "スフォルツェスコ城

    ダ・ヴィンチも建設に関わった「スフォルツェスコ城」

    1450年ミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァが、前公ヴィスコンティ家の居城を改築した城塞。高さ109メートルのフィレーテの塔から中庭を囲うように回廊が伸び、1辺約200メートルの大きな正方形を形作る。現在は城内が市立博物館だ。有名な作品は、ミケランジェロが死の3日前まで作製していたとされる未完成の「ロンダニーニのピエタ」。

    この記事を詳しくみる>>

1位:ドゥオモ

  • Duomo di Milano

    "ドゥオモ

    美しすぎる世界最大級ゴシック建築ミラノ大聖堂

    ミラノのど真ん中に聳え立つ、高さ108×全長158×幅93メートルの白い巨大建築物。常に世界中からの観光客と地元ミラノーゼで賑わっているミラノ1番の人気スポットだ。また、ヨーロッパで三番目、イタリア国内で最大の教会堂でもある。天に向かって真っ直ぐ伸びる135本の尖塔と、3000を超える多様で精巧な装飾彫刻体が特徴だ。イタリアでは珍しい12世紀後半にフランスで発祥したゴシック建築である。

    この記事を詳しくみる>>