スポンサーリンク

香港のグルメレストラン人気ランキング

特集

hongkong food

香港の名物料理を食べよう!お勧めグルメ旅

中国の特別行政区として国際的な都市・香港。食の街としても世界で知られる香港には、点心、飲茶、広東料理、絶品海鮮料理などのグルメが目白押し。世界でも夜景が美しいとして有名で、世界中から多くの旅行者が訪れる街でもある。国際都市であるため、各国の料理が楽しめるのも香港ならではの魅力だ。最近では文化が混ざった、独特のグルメも見かけるようになった香港。移り変わる歴史の中で、地元で愛されている名物料理を楽しんでいただきたい。

グルメ

4142件

Wellington Street

1

ウェリントンストリート

中環(セントラル)エリア屈指のグルメ街

メトロ荃灣線、港島線中環駅D1出口から皇后大道中を抜け、 徳己笠街という坂道を上がると2本目の通りに威靈頓街はある。 車が一台通れるだけの広さの一方通行の通りの両側には、 多くのレストランやバーが軒を連ねる。

MANDARIN GRILL BAR

2

文華扒房+酒吧

6年連続ミシュラン星獲得の実力店

5つ星ホテル「マンダリン・オリエンタル」内にあるグリル&バーレストラン。 世界中から集められた最高級のオーガニックで旬な食材を使用し、それに一流シェフがひと工夫施すことで、斬新な創作料理に仕上がっている。 焼き加減は絶妙で、シーフードも肉も柔らかく香り高い。

NUR Restaurant

3

ヌー レストラン

栄養バランスに重点を置いた創作料理

ヌー レストランのシェフNurdin Topham氏は、イギリスの2つ星レストランでの10年間もの修行の後、コペンハーゲンのNOMA’s Nordic Food Labで活動し、料理人としての実力を積み重ねてきた 。コペンハーゲンでの活動から、栄養バランスに重点を置くようになり、栄養セラピストの資格も所有しているという。

スポンサーリンク

The Verandah

4

ザ ベランダ

香港初のブッフェレストラン

香港で初めてブッフェ形式のレストランを始めたのはこの「ザ ベランダ」だという。 1933年のオープン当時から幅広いメニューと、ブッフェとは思えぬ質の高さが評価され、今でも変わらぬ人気を博している。 ブレックファスト、ランチ、ディナーと、どの時間帯でもブッフェを楽しむことができ、夕方はサンドウィッチやアフタヌーンティーなどを楽しむことができる。

Angelini

アンジェリーニ

本場イタリアの食材を使用する本格イタリアン

5つ星ホテル「カオルーン・シャングリ・ラ」の中2階に位置するアンジェリーニは、実に80%もの食材をイタリアから空輸し、最高の食材だけを使っている。 こわだりの本格的なイタリアンを楽しめる店として人気だ。 料理長のアレッサンドロシェフは、世界各地で20年以上の経験を持つ大ベテランだ。

Yan Toh Heen

欣圖軒

世界一と名高い広東料理

欣圖軒は、世界一の広東料理との呼び声も高い、ミシュラン2つ星レストランだ。 ビクトリア湾の美しい夜景も、料理のスパイスとして効いてくれることだろう。 窓際の席を使用したい場合は、予約時に伝えるとリクエストの形で受領される。 確約はされないことを心に留めておきたい。

Ding Dim 1968

鼎點1968

お一人様でも楽しめる飲茶レストラン

最近香港で増えている、少人数向けの飲茶レストラン。 小さい店舗には、伝統的な丸テーブルはなく、四角いテーブルに向かい合って座るカフェスタイルをとっている。 ひとつひとつの点心は丁寧に手作りで作られていて、弾力のある点心は皮が薄くて具が多く、食べ応えがある。

スポンサーリンク

ビーフ・アンド・リバティー 香港・蘭桂坊店

若者が集う街・蘭桂坊で究極のハンバーガーを体験す

香港に計3店舗展開する大人気ハンバーガーショップの「ビーフ・アンド・リバティー」の蘭桂坊店。 蘭桂坊 (Lan Kwai Fong)は、香港の中心街、中環(セントラル)の中にある香港で一番有名な歓楽街であり、若者を初め多くの人々が集う。 そんな場所に店を構えるこの「ビーフ・アンド・リバティー」の起源は、18世紀にまで遡る。18世紀の英国では、有力な俳優や芸術家、作家、政治家、知識人達が集い「ビーフ・ステーキ・クラブ」という崇高な会が設立された。当時、最も有名で力のあったこのクラブは「ビーフ(beef)と自由(liberty)を我々の報酬にしよう」というモットーのもと、素晴らしい肉料理とお酒を愛し、自由を愛した。 そんな由緒ある「ビーフ・ステーキ・クラブ」の血を受け継ぎ、モットーから名を借りて、全世界に本当に美味しい牛肉を発信するのがこの「ビーフ・アンド・リバティー」なのである。 ここでは、世界で最も空気が新鮮で綺麗と言われているタスマニアの農家によって大自然の中で育てられたヘレフォード牛とアンガス牛を100%使用している。そんな極上な牛肉を使用して毎日一から挽いて作り上げるハンバーグは、ひと口食べると、口いっぱいにジューシーな肉汁が広がり、とろけてしまいそうになる。 いい具合に焼け跡がついた白いバンズも特長的で、ジューシーなハンバーグと相性は抜群。まさに最高のハンバーガーだ。 また、アルコール類も非常に豊富で、自慢のクラフトビールやバラエティー豊かなオリジナルカクテル、新鮮なリバティーレモネードなど、お酒好きにもたまらない。 香港に落とすれた際は、是非足を運んでみてはいかがだろうか。究極のハンバーガーを体験してみよう。

ビーフ・アンド・リバティー 香港・湾仔店

湾仔で究極のハンバーガーを体験する

香港に計3店舗展開する大人気ハンバーガーショップの「ビーフ・アンド・リバティー」の湾仔店。 湾仔区(Lan Kwai Fong Wan Chai)は、香港18区内で最も平均所得水準が高く、香港中心部の、商業、住宅、官庁街である。 そんな場所に店を構えるこの「ビーフ・アンド・リバティー」の起源は、18世紀にまで遡る。18世紀の英国では、有力な俳優や芸術家、作家、政治家、知識人達が集い「ビーフ・ステーキ・クラブ」という崇高な会が設立された。当時、最も有名で力のあったこのクラブは「ビーフ(beef)と自由(liberty)を我々の報酬にしよう」というモットーのもと、素晴らしい肉料理とお酒を愛し、自由を愛した。 そんな由緒ある「ビーフ・ステーキ・クラブ」の血を受け継ぎ、モットーから名を借りて、全世界に本当に美味しい牛肉を発信するのがこの「ビーフ・アンド・リバティー」なのである。 ここでは、世界で最も空気が新鮮で綺麗と言われているタスマニアの農家によって大自然の中で育てられたヘレフォード牛とアンガス牛を100%使用している。そんな極上な牛肉を使用して毎日一から挽いて作り上げるハンバーグは、ひと口食べると、口いっぱいにジューシーな肉汁が広がり、とろけてしまいそうになる。 いい具合に焼け跡がついた白いバンズも特長的で、ジューシーなハンバーグと相性は抜群。まさに最高のハンバーガーだ。 また、アルコール類も非常に豊富で、自慢のクラフトビールやバラエティー豊かなオリジナルカクテル、新鮮なリバティーレモネードなど、お酒好きにもたまらない。 香港に落とすれた際は、是非足を運んでみてはいかがだろうか。究極のハンバーガーを体験してみよう。

ビーフ・アンド・リバティー 香港・赤柱店

大人気リゾート地・赤柱で究極のハンバーガーを体験する

香港に計3店舗展開する大人気ハンバーガーショップの「ビーフ・アンド・リバティー」の赤柱店。 赤柱店 (Stanley)は、多くの観光客で賑わう香港島最南端のリゾートであり、お洒落なレストランやパブが並ぶ大人気スポット。 そんな場所に店を構えるこの「ビーフ・アンド・リバティー」の起源は、18世紀にまで遡る。18世紀の英国では、有力な俳優や芸術家、作家、政治家、知識人達が集い「ビーフ・ステーキ・クラブ」という崇高な会が設立された。当時、最も有名で力のあったこのクラブは「ビーフ(beef)と自由(liberty)を我々の報酬にしよう」というモットーのもと、素晴らしい肉料理とお酒を愛し、自由を愛した。 そんな由緒ある「ビーフ・ステーキ・クラブ」の血を受け継ぎ、モットーから名を借りて、全世界に本当に美味しい牛肉を発信するのがこの「ビーフ・アンド・リバティー」なのである。 ここでは、世界で最も空気が新鮮で綺麗と言われているタスマニアの農家によって大自然の中で育てられたヘレフォード牛とアンガス牛を100%使用している。そんな極上な牛肉を使用して毎日一から挽いて作り上げるハンバーグは、ひと口食べると、口いっぱいにジューシーな肉汁が広がり、とろけてしまいそうになる。 いい具合に焼け跡がついた白いバンズも特長的で、ジューシーなハンバーグと相性は抜群。まさに最高のハンバーガーだ。 また、アルコール類も非常に豊富で、自慢のクラフトビールやバラエティー豊かなオリジナルカクテル、新鮮なリバティーレモネードなど、お酒好きにもたまらない。 香港に落とすれた際は、是非足を運んでみてはいかがだろうか。究極のハンバーガーを体験してみよう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク