トロントの地下鉄の料金、乗り方 、路線図、注意点

トロントの地下鉄

2017/12/04 更新

トロントの地下鉄の標識
データガイド
プラン相談

データガイド

路線説明

トロントの地下鉄のホーム

トロントの地下鉄はトロント交通局(TTC)によって運行されている。路線は大変シンプルで、トロントを東西に横切るBloor-Danforth(ブロア・ダンフォース)線、ダウンタウンを南北に走るYonge-University-Spadina(ヤング・ユニヴァーシティ・スパダイナ)線の2路線がメイン。その他Scarborough RT(スカボローRT)線やSheppard(シェパード)線がある。快速や急行はなく、全ての駅に停車する。

運行時間は月曜-土曜は6:00-翌1:30頃、日曜は8:00-翌1:30頃まで。運行間隔は5分程度。

TTC公式ホームページ
http://www.ttc.ca/

地下鉄の路線図
http://www.ttc.ca/Subway/interactive_map/interactive_map.jsp#

乗車券の種類

トロントの地下鉄ではトークンの利用が便利

TTCが運行している全ての交通機関は料金一律。地下鉄に乗車するには、トークン(Token)あるいは硬貨が必要だ。デイパスやウィークリーパス等の各種パスも発行されている。硬貨の持ち合わせがない場合には窓口に行けばチケットを購入できる。

トークンは、TTCが運行している全ての交通機関で使用できる、チケットの代わりになるコイン。駅構内の自動販売機でや、「TTC」マークのあるキヨスクで購入可能だ。まとめて買えばシングルチケットよりも割安になる。係員がいない改札では、トークンかぴったりの額の硬貨しか使用できないので注意。

■シングルチケット
・料金はCAD3.25(シニアと学生はCAD2)

■トークン
・料金は3枚でCAD8.7

■デイパス
始発から翌日の5:50まで乗り放題になるパス。土曜、日曜、祝日にはデイパス1枚で大人2人、または大人1人と子供5人で利用が可能。駅の窓口や「TTC」のステッカーが貼ってあるキオスクで購入できる。
・料金はCAD12

■ウィークリーパス
月曜から次の日曜まで乗り放題になるパス。利用日の前週木曜日から同週火曜日まで販売している。週の後半しか利用しない場合等はかえって割高になる場合もあるので注意。駅の窓口や「TTC」のステッカーが貼ってあるキオスクで購入できる。
・料金はCAD24.25

地下鉄の乗り方

トロントの地下鉄のホーム案内板

地下鉄に乗る前に、乗車駅と降りる駅を路線図で調べておくのがお勧め。駅構内や観光案内所でTTCの全ての路線が記載された「ライド・ガイド」を入手しておこう。乗車の流れは以下の通り。

①駅へ向かう
「Subway」の看板を目印に、駅へ向かう。

②チケットを入手する
トークンの自動販売機や窓口で各種チケットやパスを入手。

③入場ゲートをくぐる
料金箱に硬貨を入れるか、自動改札機にトークンを投入し、バーを押してゲートをくぐる。パスを利用する場合には、窓口の係員によるチェックが必要なので、窓口のあるゲートを選んで入場しよう。入場後、乗り換える予定がある場合にはトランスファーチケットを入手するのを忘れずに。

④ホームへ向かう
乗車する路線を確認してホームへ。夜間に駅に到着して治安が不安な場合には、「DWA」と書かれたエリアで待機しよう。防犯カメラも設置されており、駅員直通のインターホンが用意されている。

③乗車
ドアは自動開閉。盗難を防ぐ為にも、貴重品は決して目の届く所に置かないように。

③下車
「Exit」の案内を目印に駅の外へ出よう。

地下鉄の乗り換え

トロントの地下鉄の車内

TTCが運行している乗り物は、乗車から1時間以内なら無料で乗り換えができる。あらかじめ乗車駅で、改札内にある専用機から「トランスファーチケット」を入手し、乗り換え時に窓口に提示しよう。なお、トランスファーチケットには乗車した駅名と乗車時刻が打刻されている為、下車駅で入手しても乗り換えは不可能だ。

旅のプロ直伝 地下鉄利用のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、五月女友紀菜さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
カナダ担当
五月女 友紀菜
提携パートナー
CNタワーやトロント市庁舎など主要な観光地はすべて地下鉄でまわれてしまうほど、便利で快適な交通手段です。

海外で地下鉄に乗るのは、慣れていないと不安なことも多いかと思います。しかしトロントの地下鉄は全部で4本のみ、さらに全ての駅に停車するので非常に簡単です。大いに利用してトロントの滞在を楽しんでください。

編集部一押しの観光プラン

ナイアガラの滝で迫力満点のクルーズ!ワイナリー訪問も

  • トロントのお勧めツアー

    滝のイオンでリフレッシュ!ナイアガラ1日観光ツアー

    ナイアガラの滝を徹底的に楽しむならこのプランがおすすめだ。水しぶきを浴びながらの迫力満点のクルーズに、19世紀の英国の街並みが残るナイアガラオンザレイクの観光、ワイナリー見学と盛りだくさん。日本語ガイドの解説も魅力的。

    ➡ 詳細はこちら

  • トロント旅行者の必読記事

    (Photo by Steve Harris James Cridland )

    プラン相談

    どんなトロント旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「15万円以内でトロント旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド