トロント・ピアソン国際空港と市内へのアクセス方法

トロント・ピアソン国際空港と市内へのアクセス

2017/08/27 更新

トロント・ピアソン国際空港のターミナル3
データガイド
プラン相談

データガイド

概要

特徴

トロント・ピアソン国際空港内の様子

トロント・ピアソン国際空港はトロントとミシサガの境に位置するカナダ最大の空港。当空港はカナダ国内で最大の国際空港である。毎年3000万人近くの旅行者が訪れる世界的に見ても忙しい空港だ。ダウンタウンから北西約30キロメートルの所にあり、乗り継いでアメリカへ向かう旅行客も多い。

トロント・ピアソン国際空港公式ホームページ
https://www.torontopearson.com/

ターミナル

トロント・ピアソン空港は現在、ターミナル1とターミナル3の2つのターミナルがオープンしており、エア・カナダ等のスターアライアンス系列はターミナル1に、ウエストジェット航空たワンワールド系列はターミナル3を使用している。各ターミナルはTerminal Link Trainと呼ばれるモノレールで移動可能だ。日本からトロントへ向かう場合、ターミナル1に到着する事がほとんどだろう。

各ターミナルのマップ
https://www.torontopearson.com/maps/#

Wi-Fi、SIMカード

トロント・ピアソン国際空港のWi-Fi事情

空港内ではフリーWi-Fiが利用できる。<Toronto Pearson Wi-Fi>のネットワークを選択して規約に同意しよう。電源も至る所にある。

また、SIMロックフリーのスマートフォンを持っているならSIMカードの購入もお勧め。アメリカの出発エリア内の売店で販売している。

乗り継ぎ

国際線から国内線に乗り継ぐ場合は、到着後には入国審査を受けて一旦荷物をピックアップする必要がある。荷物は乗り継ぎ専門のカウンターで再度預けた後、2階(LEVEL2)の国内線ゲートに進もう。

レストラン、免税店

ピアソン国際空港の免税エリアは広大で、薬局、書店等さまざまなショップも営業しており見どころが多い。化粧品やバッグはもちろん、メープルシロップやワイン等のカナダの特産品も揃っている。最後までショッピングを楽しみたい人や、お土産を買い忘れた人にも安心だ。

カナダのコーヒーチェーン「Tim Horton」を始め、さまざまなレストランやカフェもある。電源が用意されているの店も多く、トランジットの暇つぶしにもお勧めだ。

両替所、ATM

トロント・ピアソン国際空港での両替

空港内には至る所に両替所やATMがある。到着ゲートを出てすぐの所にも両替所があるが、レートは決して良くないので必要最低限に留めておくのがお勧め。お得に換金したいなら、市内の両替商の元に行こう。


必見情報
JTBが世界中のATMで引き出せる旅行用プリペイドカードを発行しており、空港での両替レートよりも最大20%程度お得に現地通貨を引き出すことができる。作るのは少々面倒ではあるが、多額の現金を持ち歩かなくて済むのは安心だ。
※2017年8月25日時点で、日本の空港両替と比べてカナダドルが5%お得なレートで両替可能

➡ 旅行用プリペイドカードのウェブサイトはこちら

ラウンジ

トロント・ピアソン国際空港のラウンジ

空港内には複数のラウンジが入っている。プライオリティパス(年会費を支払う事で世界中900ヵ所以上の空港ラウンジに無料で入場できるパス)を使って入室できるラウンジは以下の通り。「Plaza Premium Lounge」はパスやカード特典がなくても有料で入室可能。軽食やWi-fiのサービス、シャワー設備があるのもありがたい。

・ターミナル1
PLAZA PREMIUM LOUNGE (DOMESTIC DEPARTURES)(5:00-22:30、シャワー設備あり)、PLAZA PREMIUM LOUNGE (INT'L DEPARTURES)(5:00-22:00)、PLAZA PREMIUM LOUNGE (USA TRANSBORDER)(5:00-20:30、シャワー設備あり)

・ターミナル3
AIR FRANCE-KLM LOUNGE(8:00-0:00)、PLAZA PREMIUM LOUNGE (DOMESTIC DEPARTURES)(5:00-22:30)、PLAZA PREMIUM LOUNGE (INT'L DEPARTURES)(4:30-22:30、シャワー設備あり)、PLAZA PREMIUM LOUNGE (INT'L DEPARTURES)(6:30-01:30、シャワー設備あり)

➡ ラウンジが利用できるクレジットカードはこちら

トロント・ピアソン国際空港から市内へのアクセス

鉄道やバス、タクシーで市内へ向かう事ができる。

鉄道(ユニオン・ピアソン・エクスプレス)で市内へ

2015年6月に、空港とUnion(ユニオン)駅を結ぶ鉄道「ユニオン・ピアソン・エクスプレス(Union Pearson)」が開通。ダウンタウンへのアクセスが格段に便利になった。車内ではフリーWi-Fiも利用できるのもポイントだ。

■所要時間
約25分。

■運行時間
5:27-24:57(運行間隔は15分)。

■料金
Union駅までCAD27.5。

■乗り場
ターミナル1の2階(Level2)に乗り場がある。。

バスで市内へ

空港から市内へは市バスも運行している。乗り場はターミナル1が地下、ターミナル3は到着エリアにある。運賃の支払いは乗車時で、紙幣は使用できないので注意。また、乗り継ぎをする場合は支払い時に運転手から「トランスファー・チケット」をもらっておこう。

<192番:地下鉄Bloor-Danforth線キKipling(キプリング)駅行き(Airport Rocket)>

■所要時間
約20分。

■運行時間
月曜-金曜は5:18-1:59、土曜は5:41-2:34、日曜は8:20-2:34(運行間隔は10分-25分)。

■料金
CAD3.25。

<52A番:地下鉄Yonge-University-Spadina線Lawrence West(ローレンス・ウエスト)駅行き(Lawrence West)>

■所要時間
約35分。

■運行時間
月曜-金曜は5:18-1:57、土曜、日曜は5:12-1:55(運行間隔は15分-25分)。

■料金
CAD3。

※同路線で夜間に運行する352番もある。運行時間は2:20-4:50。30分間隔での運行。

<300A番:ブロア・ダンフォース通り行き(Bloor-Danforth)>

■所要時間
約45分。

■運行時間
月曜-金曜は2:13-4:53、土曜は2:23-4:53、日曜は2:23-8:28(運行間隔は10分-35分)。

■料金
CAD3。

タクシーで市内へ

ホテルまで直接移動できるタクシーの利用も便利だ。料金はゾーンごとの定額制になっており、3人-4人のりの一般的なタクシーはもちろん、6人-12人まえ乗車可能なリムジンタイプもある。

■所要時間
ダウンタウンまで約30分-40分。

■運行時間
24時間。

■料金
ダウンタウンまで約CAD53。チップは運賃の15パーセントを目安に。

■乗り場
到着フロアのすぐそばに乗り場がある。案内板に従って進もう。

日本-トロント間のフライトで得られるマイル

  • 出発地 貯まるマイル数
    東京/羽田 1万2812マイル
    参考として、1万マイルで東京-大阪間の航空券に、2万マイルで東京-グアム間の航空券に換えることができる。

    ※マイル数は往復分を表記
    ※航空会社や利用する時期、割引によってマイル数は変動する

    ➡ 【貯めなきゃ損】マイルの貯め方・使い方の徹底解説はこちら

  • 編集部一押しの観光プラン

    ナイアガラの滝で迫力満点のクルーズ!ワイナリー訪問も

  • トロントのお勧めツアー

    滝のイオンでリフレッシュ!ナイアガラ1日観光ツアー

    ナイアガラの滝を徹底的に楽しむならこのプランがおすすめだ。水しぶきを浴びながらの迫力満点のクルーズに、19世紀の英国の街並みが残るナイアガラオンザレイクの観光、ワイナリー見学と盛りだくさん。日本語ガイドの解説も魅力的。

    ➡ 詳細はこちら

  • トロント旅行者の必読記事

    (Photo by WestendRaider Global X Dion Hinchcliffe)

    プラン相談

    どんなトロント旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「15万円以内でトロント旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド