リージェンツ・パーク周辺×観光

このカテゴリーをロンドン全域で見る

特集

london

【イギリス】ロンドンのお勧め定番観光スポット10選

初めてロンドンに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

ロンドンの現地オプショナルツアー

【空港送迎・世界遺産巡りなど】現地オプショナルツアー紹介

個人旅行の人にもお勧めしたいのが、現地オプショナルツアーだ。空港送迎だけ、個人では訪れるのが難しい近郊の日帰りバスツアーだけ、といったように、ツアー旅行の良いとこだけどリをすることができる。この記事では、ロンドン旅行を一層楽しくする現地オプショナルツアーを厳選してご紹介する。

リージェンツ・パーク界隈×観光

8件

1

アビー・ロード

世界一有名な横断歩道

アビー・ロードは、ウェストミンスターのセントジョンズ・ウッドにある横断歩道。世界的人気ロックバンドであるビートルズが1969年に発売した同名のアルバムによって世界中に知られることになった。アルバムのジャケットでは実際にビートルズのメンバーがこのアビー・ロードを渡っている写真が使われており、ビートルズファンのみならず世界中の観光客の人気の観光スポットとなっている。 アビー・ロード前の塀には、ビートルズファンや観光客のらくがきメッセージがびっしりと書かれている。世界中からのビートルズへの愛を感じ取ることができるだろう。2010年にはイギリス政府によって文化・歴史的遺産の指定も受けている。

The Sherlock Holmes Museum

2

シャーロック・ホームズ博物館

シャーロキアンの聖地

まったく読書をしない人であっても、名探偵シャーロック・ホームズの名前を知らないという人はまずいないのではないだろうか。コナン・ドイルによって書かれた「シャーロック・ホームズ」シリーズは、全世界で最も有名で最も熱狂的なファンをもつ推理小説だ。そんなシリーズの聖地といえるのが、こちらのシャーロック・ホームズ博物館である。 博物館は、ロンドンのメインストリートであるベーカー街に立地しているのだが、実はこれは作中でのホームズの住居がこのベーカー街にあったのではないかと考えられている為だ。

The Regents Park

3

リージェンツ・パーク

ロンドンで最も美しい公園

ロンドンは公園が多い都市としても知られる。 先進国の中でもロンドンほど緑の多い大都市はめずらしいが、中でも最も美しい公園といわれているのが、このリージェンツ・パークだ。

スポンサーリンク

Little Venice

4

リトル・ヴェニス

癒しの水辺の散歩道

パディントン駅の北に位置する一角、リージェント運河の交通のポイントが、リトル・ヴェニスと呼ばれている場所である。 本場ヴェニスに負けない雰囲気は、多くの人の憩いの場、癒しの場となっている。

Camden Arts Centre

カムデン・アーツ・センター

おしゃれなカフェもあるカムデンの近代美術館

カムデン・アーツ・ギャラリーは世界中の近代アートを集め展示する美術展である。 期間ごとに様々な近代美術の展示を行っており、映像、絵画、陶芸、オブジェなどの異なる表現での近代アートを一年中新鮮に楽しむことが出来る。

Freud Museum

フロイト博物館

精神分析の父を知る博物館

フロイト博物館は、精神分析の父と言われているジークムント・フロイトが晩年に過ごした家を、1986年に一般公開したものである。 フロイトは、亡くなるときまで、人間の精神や本性について研究を続けた人物である。 もともとドイツに住んでいたが、ナチスドイツの影響により、ロンドンに移り住むことになったため、彼の住居がロンドンにあるのだ。

Regent's Canal

リージェンツ運河

カナル・ボートが行き交う運河

ロンドンの産業に貢献してきた「リージェンツ運河」。 1820年に完成したこの運河では、長い間カナル・ボートと呼ばれる運搬船が活躍した。 今でも、カナル・ボートはロンドンの観光産業に大いに貢献している。

スポンサーリンク

Madame Tussauds

マダム・タッソーろう人形館

精巧過ぎて本物と見間違える、ろう人形の館

有名人公認のろう人形館「マダム・タッソーろう人形館」。 1835年にろう人形彫刻家のマリー・タッソーによって、ロンドンに開館したのが始まりである。 以来、チャップリンやアインシュタインなどの偉人をはじめ、世界の政治家、アーティスト、有名人、スポーツ選手などの精巧なろう人形を作りだしている場所。 今でも、マダムから継承されている技術で作られているのは驚きだ。