ロンドンのマダム・タッソーろう人形館の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

マダム・タッソーろう人形館
Madame Tussauds

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Marylebone Rd London NW1 5LR

Bakerloo、Circle、Hammersmith & City、Jubilee、Metropolitan線 Baker Street駅下車

料金

£33.0
4歳-15歳は£28.8

営業時間

オフシーズンは9:30-17:30
スーパーピークは8:30-19:00
(※オフ、ピークは変動が激しいのでHPをチェックすること)

休業日

12/25

HP

https://www.madametussauds.com/London/
英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語

Madame Tussauds
データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

精巧過ぎて本物と見間違える、ろう人形の館

Madame Tussauds

有名人公認のろう人形館「マダム・タッソーろう人形館」。
1835年にろう人形彫刻家のマリー・タッソーによって、ロンドンに開館したのが始まりである。
以来、チャップリンやアインシュタインなどの偉人をはじめ、世界の政治家、アーティスト、有名人、スポーツ選手などの精巧なろう人形を作りだしている場所。
今でも、マダムから継承されている技術で作られているのは驚きだ。

ロンドンから始まったマダム・タッソーろう人形館は、現在ではニューヨーク、ウィーン、バンコク、東京にまで進出している。
人形を展示しているだけではなく、人物にちなんだアトラクションもよく考えられているのが人気の理由。
憧れのヒーローたちに会えるろう人形館は、家族連れに大人気のスポットとなっている。

見どころ

マダムのろう人形の作り方

Madame Tussauds

本物そっくりのろう人形たちには、多くの人が驚かされる。
まるで、本人と写真撮影をしたような精巧な作りの人形ばかりだ。

同館では、マダム・タッソーから受け継がれているろう人形の作り方の展示も行なっている。
かつて多くの王族たちをも魅了したマダム・タッソーのろう人形技術を見に行こう。

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

  • ストーンヘンジを巡る現地ツアー

    世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー

    郊外にある為ややアクセスしづらいストーンヘンジを始め、ウィンザー城やバースといった3つの名所を効率良く1日で巡れる大人気ツアー。チケットは予約済み、オーディオガイドもあるので効率的に、かつしっかり見学できるのがうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のストーンヘンジ現地ツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    (Photo by Citizen59 ArminFlickrKaren Roe)

    アクセス

    マダム・タッソーろう人形館へのアクセス

    Marylebone Rd London NW1 5LR

    Bakerloo、Circle、Hammersmith & City、Jubilee、Metropolitan線 Baker Street駅下車

    プラン相談

    どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ