カナル・グランデ周辺

特集

venice

ベネチアのお勧め定番観光スポット10選

初めてベネチアに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

ベネチアのホテル

【ベネチアのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるベネチアだが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

venice food

ベネチアの名物料理10選!お勧めグルメ旅

100以上の島々が橋で繋がれた水の都ベネチアは、世界遺産にも登録され、その美しい街並みと歴史的建造物、運河に魅了された人々でいつも賑わいを見せている。世界中から観光客が集まり、厳選された食が楽しめるベネチアは、価格設定が少々高め。ガイドブック片手に有名レストランを巡るもよし、ローカルに馴染みのカジュアルレストランを探すもよし、いずれにしてもベネチアらしい雰囲気の中味わうイタリアンは絶品であろう。

slick_venezia_souve

ベネチアのお土産 おすすめショップや購入のコツ!

旅の醍醐味の1つとも言えるお土産。お土産選びは楽しい半面、どこで買えば良いのか、買う時に注意するべき点、どんなものが人気なのかなど、色々と考える事もあるかと思います。そこで、本記事ではベネチアへ旅行する人向けに、オススメのお土産、最適なショップや、注意すべき点、お得な情報などをまとめてみました!お土産選び際には是非参考にしてみて下さい。

slick_venezia_budget

ベネチア旅行の費用、予算とモデルプラン

旅行をする際に気になるのは費用ですよね。ベネチアに旅行をするのなら、だいたいどのくらいのお金があればよいでしょうか?今回はベネチア旅行にかかる費用やそのサービスレベル、気をつけておきたいことなどをまとめてご紹介します!

slick_venezia_alone

ベネチアの一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

神秘的な水上都市イタリア・ベネチア。見どころの観光スポットも多く、国内・海外を問わずたくさんの観光客が訪れる。この記事では、ベネチアを1人で旅(女性の1人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

slick_venezia_heritage

ベネチアから行ける世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ベネチアから行ける世界遺産は全部で7箇所。 ベネチアに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

イタリアの世界遺産

イタリアの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。イタリアには約50箇所の世界遺産が登録されている。 多くの世界遺産があるイタリア。仕事などで定期的に訪れている人を除いて、滅多にこれない国なので、なるべくたくさんの世界遺産に訪れたいものだ。

カナル・グランデ周辺

40件

Ponte di Rialto

1

リアルト橋

運河を渡る歴史のある大理石の橋

カナル・グランデ大運河を渡るには船を使うか橋を渡るかしかないが、大理石のリアルト橋はベネチアで一番有名な橋だろう。48メートルもあるその長い橋には観光客が絶えず押し寄せ、金細工や革製品のお店が軒を連ねる。サン・マルコ広場などの観光地とはまた違った雰囲気で、ショッピング気分にさせてくれる。フィレンツェのヴェッキオ橋を彷彿とさせる造りで、観光もショッピングも両方楽しめる。

Basilica di Santa Maria della Salute

2

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂

ベネチアの希望「大運河の貴婦人」

ベネチアのサン・マルコ地区にあるサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会は、「大運河の貴婦人」と称される、バロック様式の教会である。 1631年にバルダッサーレ・ロンゲーナによる設計で建造が開始され、1681年に完成に至っている。

Ca d Oro

3

カ・ドーロ

ドージェを輩出した名門貴族の邸宅

ベネチアのカナル・グランデに面して建っている「カ・ドーロ」は、約600年間でドージェ(総督)を8人輩出している名門貴族であるコンタリーニ家が所有していた邸宅だ。 コンタリーニ家のマリーノ・コンタリーニが、ドゥカーレ宮殿の建設にも関わっていたジャヴァンニ・ボンとバルトロメオ・ボンに邸宅の設計を依頼し、1430年に完成した。

スポンサーリンク

Ca' Rezzonico

4

カ・レッツォーニコ

紆余曲折あった古代ローマ貴族の宮殿

ベネチアのカナル・グランデに面して建っているカ・レッツォーニコは、バロック様式、ルネサンス様式、パラディオ様式など、多数の建築様式を用いて建設された宮殿である。 1649年に古代ローマ貴族であったフィリップ・ボンがバルダッサーレ・ロンゲーナに設計を依頼し、建造が開始された。

Ponte dell'Accademia

アカデミア橋

カナル・グランデに架かる、素晴らしい景観の橋

現在、ベネチアの大運河であるカナル・グランデには、リアルト橋、スカルツィ橋、コスティトゥツィオーネ橋、そして、アカデミア橋の4つの橋が架かっている。 この4つの橋のうちの一つであるアカデミア橋は、1854年に鉄製アーチ型の橋として、建設された。

Peggy Guggenheim Collection

ペギー・グッゲンハイム・コレクション

グッゲンハイム家のコレクション

ベネチアのカナル・グランデ沿いにあるペギー・グッゲンハイム美術館は、ソロモン・R・グッゲンハイム財団が世界各地で運営している美術館の一つである。 ここでは主にペギー・グッゲンハイムのコレクションであった20世紀前半、ピカソ、エルンストなどの近現代の作品が展示されている。 また、庭園やカフェも併設されている。

Santa Maria Gloriosa dei Frari

サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ教会

ベネチア絵画を楽しむことができるゴシック式教会

サンタ・マリア・グロリオーザ・デイ・フラーリ教会は、14世紀-15世紀に建築されたゴシック様式の教会である。 ベネチアには珍しいレンガ造りの建物で、大きさもあるのですぐにわかるだろう。

スポンサーリンク

chiesa-di-santa-maria-dei-miracoli

サンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会

ベネチアのカンナレージョ地区にあるサンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会は、1481年にピエトロ・ロンバルドの設計によって建造が開始され、1489年に完成したルネサンス様式の教会である。 このサンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会は、「宝石箱のような教会」と呼ばれている。

カナル・グランデ大運河

ベネチアを分断する交通の要所

ベネチアの街はカナル・グランデ大運河によってS字に分断されている。 水の都と言うだけあってこの大運河が街の人や物資の輸送の足がかりになっていると言ってもいいだろう。

Scuola Grande di San Rocco

スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコ

ティントレットの作品を多数展示

ベネチアのサン・ポーロ地区にあるスクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコとは、「サン・ロッコ」という守護聖人を祀っているキリスト教信徒たちの組合(信徒会)の会堂のことである。 「サン・ロッコ大信徒会」とも呼ばれている。