ペギー・グッゲンハイム・コレクションの観光情報(料金・行き方・営業時間)

ペギー・グッゲンハイム・コレクション
Peggy Guggenheim Collection

2017/05/05 更新

Peggy Guggenheim Collection

データガイド

アクセス・入場

概要

グッゲンハイム家のコレクション

Peggy Guggenheim Collection

ベネチアのカナル・グランデ沿いにあるペギー・グッゲンハイム美術館は、ソロモン・R・グッゲンハイム財団が世界各地で運営している美術館の一つである。
ここでは主にペギー・グッゲンハイムのコレクションであった20世紀前半、ピカソ、エルンストなどの近現代の作品が展示されている。
また、庭園やカフェも併設されている。

ペギー・グッゲンハイムは1949年に18世紀に建造されたペギー・グッゲンハイム美術館の前身である邸宅を購入し、ベネチアに移り住んだ。
1951年からは邸宅内の庭園を一般の人々に公開していた。
1979年にペギー・グッゲンハイムが死去したことによって、翌年に美術館として彼女のコレクションが公開されたのである。

見どころ

ベネチアの地に残る現代美術


ベネチアという都市は宗教、特にキリスト教と密接に関わっている。
教会の数が多いことからも分かるだろう。
そのためベネチアの教会や美術館で見ることのできる絵画は宗教画が大半を占めている。

しかしながら、このペギー・グッゲンハイム美術館で展示されている多くは現代美術作品だ。
ぜひベネチアに訪れる際には、ペギー・グッゲンハイム美術館において、ベネチアに残っている宗教画だけではなく、現代美術作品も注目して見て欲しい。

どんなベネチア旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でイタリア旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

ベネチア旅行者の必読記事

ベネチアの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!
海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!
(Photo by Simon Bonaventure Sergio Del Piccolo KUUNSTKUULTUR)

人気記事

ベネチアのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク