ペギー・グッゲンハイム・コレクションの観光情報(料金・行き方・営業時間)

ペギー・グッゲンハイム・コレクション
Peggy Guggenheim Collection

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Dorsoduro, 701-704, 30123 Venezia

水上バス(Vaporetto)1号線Salute駅

料金

15€
65歳以上は12€
26歳以下は9€

営業時間

10:00-18:00

休業日

火曜、12/25

HP

http://www.guggenheim-venice.it/
イタリア語、英語

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

グッゲンハイム家のコレクション


ベネチアのカナル・グランデ沿いにあるペギー・グッゲンハイム美術館は、ソロモン・R・グッゲンハイム財団が世界各地で運営している美術館の一つである。
ここでは主にペギー・グッゲンハイムのコレクションであった20世紀前半、ピカソ、エルンストなどの近現代の作品が展示されている。
また、庭園やカフェも併設されている。

ペギー・グッゲンハイムは1949年に18世紀に建造されたペギー・グッゲンハイム美術館の前身である邸宅を購入し、ベネチアに移り住んだ。
1951年からは邸宅内の庭園を一般の人々に公開していた。
1979年にペギー・グッゲンハイムが死去したことによって、翌年に美術館として彼女のコレクションが公開されたのである。

見どころ

ベネチアの地に残る現代美術


ベネチアという都市は宗教、特にキリスト教と密接に関わっている。
教会の数が多いことからも分かるだろう。
そのためベネチアの教会や美術館で見ることのできる絵画は宗教画が大半を占めている。

しかしながら、このペギー・グッゲンハイム美術館で展示されている多くは現代美術作品だ。
ぜひベネチアに訪れる際には、ペギー・グッゲンハイム美術館において、ベネチアに残っている宗教画だけではなく、現代美術作品も注目して見て欲しい。

編集部一押しの観光プラン

ベネチアで憧れのゴンドラに!夕食や演奏のオプションも

  • ゴンドラ・クルーズ

    ベネチアを訪れたからには必ず乗船したいのが名物のゴンドラ。このプランは厄介なゴンドリエーレとの交渉も入らず、日本語アシスタントのサポートでスムーズに乗車できると大人気だ。演奏や夕食などのオプションも非常に贅沢。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のベネチア現地ツアーはこちら

    ベネチア旅行者の必読記事

    (Photo by Simon Bonaventure Sergio Del Piccolo KUUNSTKUULTUR)

    アクセス・入場

    ペギー・グッゲンハイム美術館へのアクセス

    Dorsoduro, 701-704, 30123 Venezia

    水上バス(Vaporetto)1号線Salute駅

    人気記事

    ベネチアのホテル
    【ベネチアのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集