紅灯区の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

紅灯区 (フォントンカイ)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

香港湾仔謝斐道/駱克道

メトロ港島線湾仔(ワンチャイ)駅C出口を出てすぐ

料金

-

営業時間

店舗により異なる

休業日

店舗により異なる

HP

-

データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

紅灯区とは「ピンク色のネオンが灯る街」と言う意味で、いわば歓楽街のことだ。かつては港町として栄えていた灣仔(ワンチャイ)エリアには、多くの紅灯区があった。外国から寄港する船乗り達も足を踏み入れたと言われている。日本人街も存在していたが、埋め立てや再開発に伴い一気に廃れ、現在はその面影はない。

見どころ

かつて紅灯区として最も栄えた場所は、湾仔の中心部を走る2つの大通り「告士打道(グロースターロード)」と「軒尼詩道(ヘネシーロード)」に挟まれた「謝斐道(ジャフェロード)」と「駱克道(ロックハートロード)」周辺だ。現在は多国籍レストラン、ナイトクラブ、パブ、バーが多く集まっており、夜になると地元の人や多くの外国人で賑わう。

編集部一押しの観光プラン

ピーク・トラムへ優先乗車!香港一の夜景を楽々観賞

香港旅行者の必読記事

アクセス・入場

フォントンカイへのアクセス

メトロ港島線湾仔(ワンチャイ)駅C出口を出てすぐ。

プラン相談

どんな香港旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「3万円以内で香港旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

香港のホテル
海外での防犯対策グッズ