中山公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

中山公園 (チュウザンコウエン)
中山公园 (ジョンシャンゴンユェン)

2017/05/05 更新

Zhongshan Park

データガイド

アクセス・入場

概要

人ごみに疲れたら立ち寄ってみよう

Zhongshan Park

中山公園は、正面には天安門広場、後方に故宮があり、緑が生い茂る静かな公園である。
毎年春にはチューリップ展が開かれ、園内はヒヤシンスやパンジーなど様々な花が咲き誇る。

元は1421年に土地の神と五穀の神を祭った国家安泰と五穀豊饒を祈る社稷壇で、1914年に公園として整備され中央公園と名付けられた北京で最初の公園。
1928年に孫文(孫中山)の遺体が一時ここに安置されたことから中山公園と呼ばれるようになった。
園内にある中山堂も、元は拝殿、祭殿と呼ばれていたが、孫文の遺体を安置したことで中山堂と改名された。

園内には唐花塢(温室)、習礼亭(文・武の官吏が、皇帝に拝謁する礼儀作法や儀式を学んだところ)、アジア太平洋地域の平和会議開催の記念碑・保衛和平坊などがある。

どんな北京旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「4万円以内で北京旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

北京旅行者の必読記事

(Photo by OnMyWayTo adamclyde)

人気記事

北京のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク