スポンサーリンク

Country

イタリア

Population

2,646,000

Language

イタリア語

Exchange

EUR 1 = JPY 122.38
JPY 100 = EUR 0.82
※ 2016/12/7 2:05 更新

ローマ観光スポット・旅行の無料データガイドブック

ローマの観光スポットガイド

HowTravelはイタリアローマの観光スポット情報を無料でお届け!ローマの情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

古くは紀元前に建てられた歴史的建造物が世界中からの旅行者を魅了し、「永遠の都」とも呼ばれるイタリアの首都ローマ。 ライトアップも幻想的な「コロッセオ」や古代ローマの繁栄を今に伝える遺跡「フォロ・ロマーノ」、屋上からの絶景も見事な「サンタンジェロ城」や3世紀初頭造営の「カラカラ浴場」などを含むローマ歴史地区と、カトリックの聖地「サン・ピエトロ大聖堂」や世界最大級のコレクションを誇る「バチカン美術館」を含むバチカン市国は全体が世界遺産に登録されている。 2000年の歴史を持つ万神殿「パンテオン」や、「トレヴィの泉」といった観光スポットも見逃せない。 「真実の口」や「スペイン広場」は、映画「ローマの休日」名場面のロケ地としても人気のスポット。

特集

ローマの基本情報


  • 晴れ、曇りなどの天気のアイコン

    "気候

    夏は日本ほど蒸し暑くなく、冬も気温が下がりきらないため、過ごしやすい気候。夏場でも30度まで気温が上がることはほとんどなく、朝晩は20度を下回るので羽織れるものを持っていくとよい。また、冬でも日中は15度程度まで気温が上昇する。

    >>詳細を知る

  • 時計のアイコン

    "時差・サマータイム

    ローマと日本の時差は-8時間。日本が正午の時はイタリアでは午前4:00となる。サマータイムはない。

    >>詳細を知る

  • 飛行機のアイコン

    "フライト時間

    直行便で5時間ほど

  • 通貨のアイコン

    "通貨

    イタリアの通貨はユーロ(€)で、コインはセント(¢)。
    紙幣は、€500、€200、€100、€50、€20、€10、€5の7種類。硬貨は、1¢、2¢、5¢、10¢、20¢、50¢、€1、€2の8種類。

    >>詳細を知る

  • 税金のアイコン

    "税金

    ローマの消費税は10%-20%。免税店で一日で€154.94以上の買い物をすることで還付を受けられるので、忘れないようにしたい。税は商品の種類によって異なっており、食材は10%、衣服類には20%かかっている。

    >>詳細を知る

  • コインのアイコン

    "チップ

    レストランの会計にサービス料が含まれていない時は料金の10%ほど。
    タクシーは、お釣りの小銭をチップにすると良い。

    >>詳細を知る

  • 手錠のアイコン

    "治安

    イタリアの首都であるローマは、比較的治安のよい街だ。日中であれば治安に関して不安になることはあまりない。女性の一人旅でも問題ないだろう。観光地近辺でのスリなどの軽犯罪は、ほかの都市と同様で頻発するので、注意したい。また、いくら安全だからと言って、夜間に人気のない道を一人で出歩くのは避けるべきだろう。

    警察、消防、救急車両は911

    >>詳細を知る

  • 天秤のアイコン

    "規則

    ・車に乗った際、後部座席であってもシートベルトの着用が義務
    ・電車のチケットは必ず打刻機を通すこと。打刻されていないチケットで乗車している場合、罰金

  • 祝祭日のアイコン

    "祝祭日

    1/1、1/6
    4/16-4/17、4/25
    5/1
    6/2、6/24、6/29
    7/15
    8/15
    9/19
    10/4
    11/1
    12/6-12/8、12/25-12/26

  • 営業中、を示すアイコン

    "営業時間

    ・銀行
    月曜-金曜は8:30-13:30、15:00-16:00ごろ
    土曜、日曜、祝日は休業

    ・ショップ
    10:00-20:00
    日曜は休業の店が多い

    ・レストラン
    12:00-15:00、19:00-24:00ごろ

  • パスポートを表すアイコン

    "パスポート

    滞在日数に加えて3ヶ月以上の有効残存期間が必要。

    シェンゲン協定国のいずれかに入国してから3ヶ月以内であればビザ不要。

    >>詳細を知る

  • 電話のアイコン

    "電話

    ・ローマに日本から電話する場合
    国際電話のイタリアの識別番号は63。001(国際電話識別番号) + 63 + XXX + XXX + XXXX

    ・日本にローマから電話する場合
    日本の国番号は81。001(国際電話識別番号) + 81 + XX + XXX + XXXX (市外局番の最初の0を除く)
    ※東京の場合(0081-3-XXXX-XXXX)

    >>詳細を知る

  • 電圧のアイコン

    "電圧・プラグ

    イタリアの電圧は220Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品を使うためには変圧器が必要だ。

    電源プラグの形状も日本と異なり、先が丸くなっているCタイプが一般的。

    >>詳細を知る

  • 水道水のアイコン

    "飲料水

    ローマの水道水は美味しいと有名。そのまま飲んで問題ない。街中にも至る所に飲料用の水が流れているので利用してみると良いだろう。

    ただし、水の質が日本と異なる石灰を多く含んだ「硬水」のため、飲みなれていない人だとお腹を壊してしまうこともある。基本的には市販のペットボトル水を購入するのが良い。

  • アクセス・交通のアイコン

    "交通機関

    テルミニ(Termini)駅を中心として、市内をメトロが走っている。主要な観光スポットへアクセスするのに便利な交通手段だ。また、タクシーは日本と同じくメーター制で利用し易いだろう。

    全ての道はローマに続く、という諺もある通り、イタリア全土およびヨーロッパの各都市へアクセスできる鉄道も乗り入れている。

    >>詳細を知る

  • 見逃せない!ローマクの代表的な観光スポット!

    10位:カラカラ浴場


    • Terme di Caracalla in Rome

      "カラカラ浴場

      古代ローマの公衆浴場の遺跡

      古代ローマの大温泉施設の遺跡をカラカラ浴場と呼ぶ。長さ225メートル×幅185メートル×高さ38.3メートルの大きさで、212年から216年にかけてカラカラ帝の時代に建造された。温浴層、熱浴槽、寒浴槽を含む温泉施設だけではなく、庭園、遊戯施設、図書室等もあり、古代ローマ最大の娯楽施設であった。

      この記事を詳しくみる>>

    9位:サンタンジェロ城


    • Castel Sant’Angelo in Rome

      "サンタンジェロ城

      城跡サンタンジェロ博物館

      トレヴィの泉やスペイン広場からバチカン市国に徒歩で向かうと、テレヴェ川岸に聳え立つ円形の城塞サンタンジェロ城がある。別名聖天使城、カステル・サンタンジェロともいわれる。目の前にはベルニーニの天使が装飾されたサンタンジェロ橋がある。

      この記事を詳しくみる>>

    8位:バチカン美術館


    • Musei Vaticani, Rome

      "バチカン美術館

      世界最大規模の美術館群

      バチカン美術館はバチカン市国内にある、世界最大規模の美術館群である。美術館となる前、はじめは小さいコレクションであった。そのコレクションの始まりは、1480年にユリウス2世がローマでベルヴェデーレのアポロンが発見された際に、八角形の広場に設置したことが始まりであった。

      この記事を詳しくみる>>

    7位:スペイン広場


    • Piazza di Spagnya in Rome

      "スペイン広場

      世界中で、ローマで、一番にぎわっている広場

      イタリアを旅していて誰しも感じることは、その景観の美しさである。都市部も田園風景も、どこを切り取っても絵の題材になる。大小ある広場もそのひとつである。17世紀にスペイン大使館があったため、その名が付いた。スペイン広場は、数あるローマの観光地の中で最もにぎわう場所のひとつで、18世紀にフランスの外交官の寄付で造られた。

      この記事を詳しくみる>>

    6位:フォロ・ロマーノ


    • Foro Romano in Rome

      "フォロ・ロマーノ

      古代ローマの政治・経済・宗教の中心地

      かの有名なコロッセオから西に徒歩12分に位置する南西約100メートル×約東西300メートルに広がる正方形の広場で、周囲に古代ローマの遺跡が立ち並ぶ。1980年、ローマ歴史地区として教皇領サンパオロ・フォーリ・レ・ムーラ教会とともに世界文化遺産に登録された。

      この記事を詳しくみる>>

    5位:パンテオン


    • Pantheon in Rome

      "パンテオン

      ミケランジェロが「天使の設計」と賛賞した万神殿

      パンテオンを見ずしてローマを去る者は愚かなりという言葉があるほどローマの街、歴史、市民にとって重要な建築物。パンテオンには「万神殿(あらゆる神々を祭る神殿)」という意味があり、313年にキリスト教が公認されるまでは、その名の通り民衆各々が信じる神を祈りにこのパンテオンに集まっていた。

      この記事を詳しくみる>>

    4位:トレヴィの泉


    • Fontana di Tre in Rome

      "トレヴィの泉

      世界一有名な泉

      ローマNo.1の観光地と行っても過言ではないトレヴィの泉は、世界中からの観光客で四六時中賑わっている。世界で一番有名な噴水であり、また高さ26.3メートル×幅49.15メートルのローマで一番大きなバロック時代の人工噴水である。夜のライトアップもロマンチックで見逃せない。しかし、世界一スリの多い噴水であるとも言えるので、訪問中注意を怠ってはいけない。

      この記事を詳しくみる>>

    3位:サン・ピエトロ大聖堂


    • Basilica di San Pietro in Vaticano

      "サン・ピエトロ大聖堂

      荘厳なる世界最大級のカトリック教会

      歴史ある建築物が数多く存在するローマであるが、その中でも旅行者が必ず訪れる場所として挙げられる。サン・ピエトロとは、キリストの使徒であり、初代ローマ法王である聖ペテロのことである。この大聖堂は、聖ペテロのものとされる墓を参拝するための殉教者記念館として、4世紀の初めに創建された。現在の建物は2代目である。コンスタンティヌス1世による建設より約1000年後、教皇ユリウス2世によって再建が着工された。

      この記事を詳しくみる>>

    2位:真実の口


    • Basilica di Santa Maria in Cosmedin in rome

      "真実の口

      嘘つきを見破る「真実の口」

      古代の井戸の蓋、マンホールの蓋といわれ、映画「ローマの休日」名シーンでも有名な「真実の口」を柱廊の端に持つサンタ・マリア・イン・コスメディン教会。6世紀頃食品市場であった場所に建てられた教会を、8世紀法王ハドリアヌス1世が迫害から逃れてきたギリシャ人修道士のために改築した。その後も増築、破壊、改修等が繰り返されたが、現在は典型的なバシリカ建築で鐘楼はロマネスク様式を模している。

      この記事を詳しくみる>>

    1位:コロッセオ


    • Colosseo in Rome

      "コロッセオ

      世界遺産・ローマ帝政期の円形闘技場

      ローマを代表する観光地で、建設者がフラウィウス朝の皇帝であることから建設当時の正式名書はフラウィウス円形闘技場。紀元前72年に建設されたコロッセオは、高さ48メートル×長径188メートル×短径156メートルの周囲527メートルの楕円形で約50,000人を収容できたとされる。

      この記事を詳しくみる>>