テルミニ駅周辺

特集

ローマの世界遺産

ローマから行ける世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ローマから行ける世界遺産は全部で7箇所。 ローマに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。

Rome plan

ローマ旅行5泊7日の予算とモデルプラン

ローマ旅行をする際の平均的な予算とモデルコースを紹介する。イタリアでは史跡・遺跡、広場を除き、1/1、5/1、12/25、月曜が休みの所が多い。また復活祭シーズンは訪れる人も多く、商店やレストランなども休みが多い。またシーズンによって閉まる時間が違うため、事前にしっかりチェックが必要。 教会については特別な日を除き観光が可能だが、新年のミサやクリスマスなどはミサに参加しない観光のみは入場ができない。 ローマ市内は遺跡があちこちにあるため、地下鉄が発達していないので、バスやトラムを利用するのが便利。 但し、近い場所にいくつかの観光名所があるので地図を確認して徒歩で回れる場所もある。 また、お得に「ローマパス」を使うのもいい。3日有効のものと48時間のものがある。

rome food

ローマで食べられるイタリアの名物料理10選!お勧めグルメ旅

ローマはイタリアの首都であり、産業、経済の中心。カトリックの総本山、サン・ピエトロ寺院やコロッセオのほか、ローマの休日の真実の口、スペイン階段など多くの名所を有する観光地。日本と同じく、温泉があることでも有名。移動にはタクシーを使うのが一般的。ローマの郷土料理といえば、内陸部ということもあり、臓物を使った料理が定番で魚介類を使うものは少ない。これはかつて庶民は牧畜を生業としてきた背景によるものである。

ホテル スプレンディッド ロイヤルからの景色

【ローマのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるローマだが、一つエリアが変わると危険地区などもあるため注意が必要だ。また、観光エリアから離れたホテルを予約してしまうと、帰り時間を気にしてローマの夜を楽しむことができなくなってしまう場合もある。せっかくのローマ旅行、ホテル選びに失敗して台無しなんてことはないようにしたい。この記事では、ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

Colosseo

【イタリア】ローマのお勧め定番観光スポット10選

初めてローマに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

イタリアの世界遺産

イタリアの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。イタリアには約50箇所の世界遺産が登録されている。 多くの世界遺産があるイタリア。仕事などで定期的に訪れている人を除いて、滅多にこれない国なので、なるべくたくさんの世界遺産に訪れたいものだ。

slick_rome_budget

ローマ旅行の費用、予算とモデルプラン

旅行をする際に気になるのは費用ですよね。ローマ旅行をするのなら、だいたいどのくらいのお金があればよいでしょうか?今回はローマ旅行にかかる費用やそのサービスレベル、気をつけておきたいことなどをまとめてご紹介します!

slick_rome_alone

ローマの一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

人気サッカーチーム、ASローマの本拠地であり、見どころの観光スポットも多く、国内・海外を問わずたくさんの観光客が訪れるイタリア・ローマ。この記事では、ローマを1人旅(女性の1人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

slick_rome_souve

イタリア・ローマのお土産 おすすめショップや購入のコツ!

旅の醍醐味の1つとも言えるお土産。 お土産選びは楽しい半面、どこで買えば良いのか、買う時に注意するべき点、どんなものが人気なのかなど、色々と考える事もあるかと思います。 そこで、本記事ではローマへ旅行する人向けに、オススメのお土産、最適なショップや、注意すべき点、お得な情報などをまとめてみました! お土産選び際には是非参考にしてみて下さい。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

rome

ローマの主要観光地を回りきった人にお勧めスポット3選!

コロッセオ、真実の口、トレビの泉などなど見どころ盛りだくさんのローマですが、ローマに長く滞在する人や2回目の訪問の人は既にド定番スポットを回り尽くしているのでは?そのような旅行者向けに準定番スポットをまとめました!

テルミニ駅周辺

27件

termini in Rome

1

テルミニ駅

 「浴場前駅」テルミニは国際特急列車エウロシティの終着駅

テルミニ駅は「浴場前駅」とでも言おうか、ローマの浴場テルメが近くにあるのでこの駅名が付いた。 乗降客数は1日約48万人、国内線のほか、国際特急列車エウロシティや国際夜行列車エウロナイトが発着するローマ最大の駅で、駅舎は大理石とガラスを用いたモダニズム建築である。 レオナルド・ダ・ウィンチ空港とも呼ばれるローマの空の玄関口フィウミチーノ空港からは30―40分でここテルミニ駅に到着する。

Santa Maria Maggiore in Rome

2

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

「聖母マリア」に捧げられた聖堂

観光客や巡礼者でにぎわうカトリック教会のサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の創建は356年の夏のこと、教皇リベリウスは「数日のうちに雪が降る地に聖堂を建てよ」と聖母マリアのお告げを夢に聞いた。 そして、真夏の奇跡は起こり、起こったこの地に建てられたという言伝えが残る。 毎年8月5日のミサにはパオリーナ礼拝堂付近の天井から雪に見立てた白い花弁がまかれる。 ローマの四大バリシカ(古代ローマ様式の大聖堂)のひとつである。四大バリシカとはサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂とサン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂、サン・ピエトロ大聖堂、サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂を指す。

Palazzo del Quirinale in Rome

3

クイリナーレ宮殿

400年もの間、数々の有力者の愛された宮殿

16世紀半ばに枢機卿イットポリト・デステがクイリナーレの丘の上を整備し、クイリナーレ宮殿を造営し、夏の滞在地とした。 工事にはフォンターナ、マデルノ、ベルニーニ、フーガなどローマを代表する建築家によって継承され、18世紀中盤に完成。 その後1870年まで歴代の教皇の滞在地となった。 イタリア統一後は王宮となり、1947年共和制が敷かれてから現在まで大統領官邸として使用されている。

スポンサーリンク

4

バルベリーニ広場

ベルニーニだらけの広場

メトロA線バルベリーニ(Barberini)駅で降りると、目の前に広がるのがバルベリーニ広場。 真ん中には1643年ベルニーニ作のトリトーネの噴水、広場の北側には1644年ベルニーニ作の蜂の噴水、ベルニーニという名の老舗5つ星ホテルも広場に面して立っている。

Santa Maria della Vittoria in Rome

サンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会

建築と彫刻の一体化した美しさに息を飲む

17世紀初めに当初は聖パウロに捧げた礼拝堂として始まったが、ハプスブルグ家のフェルディナンド2世が、戦いの前にビルゼンの城からマリアの肖像を発見し、戦いに勝利を収めたことから新たにマリアに捧げられ、「勝利」の名が付けられた。 内部は単廊式で左右に3つずつの礼拝堂をもち、翼廊とキューポラ、アプシスを備える典型的なバロック建築装飾である。 左翼廊にあるコルナーロ礼拝堂にはベルニーニの彫像最盛期の作品のひとつ『聖テレーザの法悦』が飾られている。 それは右手に黄金の矢を持った天使が、雲の上に全身を投げ出した聖テレーザの襟を左手でつかみ、テレーザの心臓を突きさそうをしている情景である。 太陽光が真上の窓から差し込む時間帯に見ると、作品全体が浮き上がり、建築と彫刻の一体化した美しさを観ることができる。

San Carlo alle Quattro Fontane

サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂

小さくとも見事な調和をみせてくれる教会

サン・カルロ・アッレ・クワトロ・フォンターネ聖堂は、交差する通りの4つ角に噴水があるので、この名前が付けられた。 建築家のフランチェスコ・ボッロミーニの独立後最初の作品で、バロック建築の傑作のひとつである

Palazzo Barberini in Rome

バルベリーニ宮(国立古典絵画館)

ローマの絵画をコレクションするバロック建築の美しい宮殿

バルベリーニ宮はローマに残るバロック建築の中で屈指の美しい建物である。 多くのローマ教皇を輩出したフィレンツェの貴族バルベリーニ家の館として、17世紀にウルバヌス8世の命により、バロック期を代表する芸術家で建築家のジャン・ロレンツォ・ベルニーニとフランチェスコ・ボッロミーニによって建築された。

スポンサーリンク

Palazzo Massimo in Rome

マッシモ宮(ローマ国立博物館)

ローマの最高美術品が結集するテルメ博物館

■本文 1911年、テルミニ駅近くにあった古代ローマのディオクレティアヌス帝浴場跡にイタリア統一50周年を記念して国立博物館が開館し、テルメ博物館とも呼ばれ親しまれ、浴場跡を用いたこの展示館は愛されてきた。 しかし、建物の老朽化に伴って、現在では主要な展示品の多くが、隣に建つマッシモ宮と市内ナヴォーナ広場近くのアルテンプス宮に移され、公開されている。

Piazza della Repubblica in Rome

共和国広場

妖精のナイアディが水を噴き上げる共和国広場で憩う

ローマのターミナルステーション、テルミニ駅に近い共和国広場は、ディオクレティアヌス浴場のエゼドラと呼ばれる大きな半円形の柱廊を元に広場が造られため、古来からエゼドラ広場とも呼ばれている。 広場にはローマ皇帝の浴場跡を利用したサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会が面し、広場の中央には「ナイアディの泉」が水を噴き上げる。

Santa Maria degli Angeli e dei Martiri

サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会

ミケランジェロが守ったものとは

サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会は古代のディオクレティアヌス大浴場跡をリノベイトした壮大な教会である。 設計したミケランジェロが古代文明に最大の敬意を払い、オリジナルの浴場のバジリカ(集会所)を教会のバジリカに置き換えることを試みた。 18世紀の改修で、ローマ時代の浴場の遺構の多くは隠されてしまったが、教会の内部の身廊の大きさと天井のヴォールトの高さに3000人を利用できた浴場の名残りを偲ぶことができる。