スポンサーリンク

パリ市内の世界遺産を効率よく旅する方法

2016/08/30 更新

パリには実に多くの世界遺産が存在する。 セーヌ川河岸一帯が世界遺産に登録されていたりと、複数の世界遺産が狭い範囲にまとまっているため、効率的に観光したい。 HowTravelがお勧めするのは、以下のブロックに分けてそれぞれ一気見する方法だ。 美術館など時間がかかるスポットは日程をずらして訪れるのも一つの手だろう。

スポンサーリンク

シテ島/マレ

シテ島はパリ観光の中心になる。
ノートルダム大聖堂を中心に、4つの世界遺産が固まっている。
また、ルーブル周辺やシャンゼリゼ方面へのアクセスもよく、シテ島から旅をスタートすると効率よく旅が出来る。

サン・ジェルマン・デ・プレ(6区/7区)

  • "オルセー美術館

    パリ三大美術館の一つ

    巨匠達の名画がコレクションされている、パリ三大美術館の一つ。
    特に印象派絵画のコレクションは、他の美術館の追従を許さないほどの充実ぶり。
    セーヌ川の向こう側にルーブル美術館が望める。

    この記事を詳しくみる>>

ルーブル(1区)

  • ルーブル美術館の入り口にある公園と噴水

    "ルーブル美術館

    言わずと知れた世界最大の美術館

    オルセー美術館から北にセーヌ川を渡ると、すぐにルーブル美術館だ。
    言わずと知れた世界最大の美術館だ。
    中央入り口にあるガラスのピラミッドはあまりに有名だが、連日長蛇の列が出来て入場するまでに1時間以上かかることも珍しくない。
    オルセー美術館から歩いて向かう場合、ポルト・デ・リオン口からの入場を強くお勧めする。
    ポルト・デ・リオン口からであれば5分ほどで入場が出来ることがある。
    オルセー美術館からセーヌ川をわたったら、右折し、セーヌ川沿いに歩くと左手にポルト・デ・リオン口が見えてくる。

    この記事を詳しくみる>>

  • Arc de Triomphe du Carrousel in paris

    "カルーゼル凱旋門

    ルーブル美術館の目の前にある凱旋門

    ナポレオンのために作られたが、大きさに不満を感じたナポレオンに作り直しを命じられてしまった可哀想な門だ。
    しかし、装飾は素晴らしく一見の価値がある。

    この記事を詳しくみる>>

  • relax Tuileries Palace in paris

    "チュイルリー公園

    ルーブル美術館の目の前にある広大で美しい公園

    敷地内にはカフェスペースやベンチがあるので、のんびり散策してみよう。

    この記事を詳しくみる>>

シャンゼリゼ大通り(8区)

エッフェル塔界隈(7区)

スポンサーリンク

パッシー(16区)

パリ近郊

パリ郊外にも世界遺産はあるのだが、パリ市内からたどり着くために時間がかかる。
それぞれ一日時間をとって小旅行にいくつもりで計画を建てよう。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ