スポンサーリンク

パリ市内の世界遺産を効率よく旅する方法

2017/05/05 更新

パリには実に多くの世界遺産が存在する。 セーヌ川河岸一帯が世界遺産に登録されていたりと、複数の世界遺産が狭い範囲にまとまっているため、効率的に観光したい。 HowTravelがお勧めするのは、以下のブロックに分けてそれぞれ一気見する方法だ。 美術館など時間がかかるスポットは日程をずらして訪れるのも一つの手だろう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シテ島/マレ

シテ島はパリ観光の中心になる。
ノートルダム大聖堂を中心に、4つの世界遺産が固まっている。
また、ルーブル周辺やシャンゼリゼ方面へのアクセスもよく、シテ島から旅をスタートすると効率よく旅が出来る。

サン・ジェルマン・デ・プレ(6区/7区)

ルーブル(1区)

シャンゼリゼ大通り(8区)

エッフェル塔界隈(7区)

スポンサーリンク

パッシー(16区)

パリ近郊

パリ郊外にも世界遺産はあるのだが、パリ市内からたどり着くために時間がかかる。
それぞれ一日時間をとって小旅行にいくつもりで計画を建てよう。

人気記事

ホテル レジーナの客室
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク