カルーゼル凱旋門の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

カルーゼル凱旋門
Arc de Triomphe du Carrousel

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Arc de Triomphe du Carrousel, 75001 Paris

メトロ1号、7号線 Palais Royal Musee du Louvre駅

料金

無料

営業時間

24時間

休業日

年中無休

HP

なし

Arc de Triomphe du Carrousel in paris
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

ルーブルを眼前に見下ろすもう一つの凱旋門

ルーブル美術館のすぐ西側にあるこの凱旋門はカルーゼル凱旋門と呼ばれる。
世界的に有名なシャルルドゴール広場のエトワール凱旋門の半分のサイズで高さ19メートル。

エトワール凱旋門が建築に30年を要したのに対し、カルーゼル凱旋門はわずか2年で完成した。

どちらの凱旋門も着工は同じ1806年で、前年、1805年に起こったアウステルリッツの戦いにおいて強大な兵力の独墺露伊の連合軍をナポレオン率いるフランス軍単独で打ち破ったことを記念して建築されている。

ナポレオンはこのカルーゼル凱旋門の小ささに不満を持ったことから、エトワールの凱旋門の建築を命じたと言われている。

門の上にはかつて、ナポレオンがベネチアのサン・マルコ寺院から奪ってきた馬の像が飾られていたが、ナポレオンが諸国連合に敗北した後、像はベネチアに返された。
現在飾ってあるのは複製である。

decoration of Arc de Triomphe du Carrousel in paris

このカルーゼル凱旋門の特徴はなんといってもその美しさで、ピンク色の柱や数多くのレリーフがその優美さを際立たせている。

門の中央真下から見上げると見えるのがバラ大理石に囲まれた浅浮き彫りのレリーフで、ナポレオンがおさめた軍事面、外交面でのイベントが表されており、この門が建築された理由にもなっているアウステルリッツの戦いやその後のプレスブルク条約、ミュンヘンとウィーンに入るナポレオン等の意味がある。

編集部一押しの観光プラン

個人旅行より安い場合も! 日帰りモンサンミッシェル

  • モン・サン・ミッシェルの日帰りツアー

    モンサンミッシェル日帰りツアー ノルマンディーのいなか村訪問

    モン・サン・ミッシェルを日帰りで楽しめる大評判のバスツアー。オリジナルの散策マップと日本語ガイドのアドバイスで観光をとことん楽しめ、名物のオムレツ料理も堪能。地方の村への訪問付きで、フランスの田舎の空気も味わえる。自力で正規料金で行くよりはるかにお得。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のモン・サン・ミッシェル現地ツアーはこちら

    パリ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    カルーゼル凱旋門へのアクセス

    Arc de Triomphe du Carrousel, 75001 Paris
    メトロ1号、7号線 Palais Royal Musee du Louvre駅

    プラン相談

    どんなパリ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でパリ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ホテル レジーナの客室
    海外での防犯対策グッズ