ハワイの建築物人気ランキング

建築物

33件

The Courthouse

1

コートハウス

ラハイナ港を望む場所にある、古い時代の裁判所

美しい景観が広がるラハイナ港、人々を見守るようにそびえ立つバニヤンツリーなど、ラハイナ地区には魅力的な観光スポットが数多く存在している。そしてこの「コートハウス」も、そんなラハイナを代表する観光スポットのひとつだ。

Aloha Tower

2

アロハ・タワー

ホノルルのランドマーク

かつてハワイへの玄関口であったホノルル港に建つ、シンボル的存在のアロハ・タワー。1926年に建造され、多くの観光客を迎え入れた。当時はハワイで一番高い塔であり、時計台としても全米で最大規模であった。現在はアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録されている。

Kawaiaha'o Church

3

カワイアハオ教会

都会のオアシス

「ハオ女王の聖なる水の池」の意味を持つカワイアハオは、1842年に建てられたオアフ島最古の教会。1万4000個ものサンゴ石からなる外壁を持つ壮麗で風格のあるたたずまい。かつて歴代のハワイ君主の戴冠式や結婚式が行われた由緒ある教会で、現在はハワイの重要文化財に指定されている。「ハワイのウェストミンスター寺院」とも呼ばれている。

スポンサーリンク

Duke Kahanamoku Statue

4

デューク・カハナモク像

近代サーフィンの父

1890年、オアフ島で誕生。生粋の先住ハワイ人。現在のヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパの近隣で幼少時よりアウトリガー・カヌーや水泳に親しんでいた。デューク・カハナモク・ビーチは彼の名を冠している。

Moana Surfrider, A Westin Resort & Spa

モアナ・ホテル

ワイキキ初の大型ホテル

1901年、ワイキキ・ビーチのの地主、ウォルター・ピーコックにより建造。設計はオリバー・トラプハーゲン。その後、所有者が変わり、増設、改築を繰り返し今に至る。「ハレクラニ」や「ロイヤル・ハワイアン」と並ぶホノルルを代表する高級ホテルである。

Iolani Palace

イオラニ・パレス

アメリカ合衆国唯一の宮殿

1882年、ハワイ王朝7代目カラカウア王によって建設され、1893年に白人によるクーデターで8代目リリウオカラニ女王が王位が剥奪され、王政が廃止されるまでの11年間、公邸として使用されていた。ヨーロッパの宮殿に比べると、華美な外見ではないが、当時としては珍しい照明設備や水洗トイレ、電話などが設置されていた。

Kaahumanu Church

カアフマヌ教会

自然の中にたたずむ、静かに信徒を見守る教会

マウイ島最古のキリスト教会であるこちらは、裏手にイアオ渓谷州立公園雄大な自然のパノラマが広がる、まさにハワイの自然の中に長い間たたずんでいる教会だ。

スポンサーリンク

St.Peter's Episcopal Church

セント・ピータース・エピスコパル教会

オアフ島最古の美しいステンドグラス

ダウンタウンの中心地にあり、青空に映えるとがった三角屋根と真っ白い壁が美しいこの教会は1914年に創建された。一番の特徴は祭壇の後ろにある十字架のモチーフのオアフ島最古のステンドグラスだ。

Mokuaikaua Church

モクアイカウア教会

ハワイ最古の教会

コナの中心地にある、ハワイ州最古の教会。1820年に創立、建物は現在の建物は1837年に創建。現在は博物館になっている、王家の別荘「フリヘエ宮殿」の前にある。白い尖塔があり、外壁はサンゴ石や溶岩、内部の柱や梁、祭壇や椅子はコアやオヒアというハワイ各島で採れた木材でできており、ハワイらしさがうかがえる。

Honolulu Hale(Honolulu City Hall)

ホノルルハレ

クリスマスシーズンは大賑わい

家や建物、集会所の意味を持つ「ハレ」。ホノルル・ハレはホノルル市庁舎をさす。スペイン建築様式の赤い屋根を持つかわいらしい建物は1927年に建造。国家歴史登録材に登録されている。正面の芝生には9・11事件の犠牲者のための「永遠の炎の記念碑」が建てられている。ハワイでキャンプ場を利用したいときなど、いろいろな申請ははこちらで行う。

1 2 3 4