ハワイのビーチ人気ランキング

ビーチ

156件

Waikiki Beach

1

ワイキキ・ビーチ

ワイキキから歩いていけるビーチ

ワイキキ・ビーチは、オアフ島の南側に広がるビーチの総称。西のカハナモク・ビーチから東のフォート・デラシー・ビーチまで約3キロメートルに及ぶ。他にもサン・スーシ・ビーチ、グレイズ・ビーチ、クイーンズ・サーフ・ビーチ等がある。ビーチ沿いには大型ホテルや高級ホテルが点在。ワイキキから徒歩で行けるということで、多くの観光客や地元のサーファーで賑わっている。エリアによって特徴があるので、好みのビーチを探して楽しもう。 また、サーフィンスポットとしても有名で、ビーチ沿いにはレンタルショップが軒を連ねる。サーフィン初心者はスクールに入って、基本やマナーを学ぶぼう。また、初心者や自信がない人は、混雑しない朝の時間帯に行くことをお勧めする。 毎週火曜・木曜・土曜・日曜は18:30(11月-1月は18:00)頃から、クヒオ・ビーチのデューク・カハナモク像横の芝生で無料のフラ・ショーが開催されている。ワイキキ・ビーチのサンセットとともにショーを楽しもう。

Hanauma Bay(Hanauma Bay Nature Preserve)

2

ハナウマ湾(ハナウマ湾自然保護区)

オアフいちのシュノーケリング・スポット

オアフ島東南部に位置するハナウマ湾はホノルル市の自然保護区に指定されている。火山の噴火口が海水の浸食で美しい馬蹄型の入江となった場所。エルビス・プレスリー主演の「ブルーハワイ」の舞台となったことでも有名。

Kailua Beach Park

3

カイルア・ビーチパーク

美しい海と砂浜が広がる全米ナンバー1ビーチ

800mの白い砂浜が続く、全米No.1ビーチに選ばれた美しいビーチ。隣にある「天国の海」と呼ばれるラニカイ・ビーチと並び地元でも人気のあるビーチだ。ワイキキから30分~1時間ほどで行けるうえに、ローカルフードとショッピングが楽しめるカイルア・タウンも近くにあり、日帰りでも十分に楽しめる。オバマ大統領も通ったステーキハウスBUZZもある。

スポンサーリンク

Big Beach

4

ビッグ・ビーチ

南国の雰囲気溢れる、マウイ島最大級のビーチ

マウイ島の南部に位置するマケナ・ビーチ州立公園は、主にビッグ・ビーチという名前で地元はもちろん世界中に親しまれている場所である。こちらはマウイ島最大級のビーチであり、南国らしい金色の砂が幅91メートル、長さ約1キロメートルにわたって広がっている。

Green Sands Beach

グリーンサンド・ビーチ

美しいオリーブ色の砂浜

ハワイ島の最南端、サウス・ポイント、マハナ湾に面したビーチ。約4,900年前の火山の噴火で流れたマグマが固まり、長い年月をかけ波の浸食などによって砂浜となった。マグマに「かんらん石」が多く含まれていたため、緑色の砂が出来上がった。

Punaluu Black Sand Beach

プナルウ黒砂海岸

ホヌに会える海岸

ハワイ島には白い砂浜のビーチより黒砂のビーチのほうが多いかもしれない。黒い砂は溶岩が波で砕けて細かくなってできたもの。中でも有名なのはプナルウ黒砂海岸だ。有名な理由の一つがウミガメ(ホヌ)の姿をよく見かけること。

Kuhio Beach Park

クヒオ・ビーチパーク

ワイキキで一番有名なビーチ

カウアイ島出身でのちにアメリカの下院議員になったカラカウア王のいとこのクヒオ王子は、生前にワイキキの所有地の一部のビーチを一般に開放し、死後はすべての所有地を市に寄贈した。1940年にクヒオ王子のこれまでの功績と栄誉をたたえて、彼の名を冠したクヒオ・ビーチパークができた。8つからなるワイキキ・ビーチの真ん中に位置し、一番有名なビーチ。

スポンサーリンク

Kealakekua Bay

ケアラケクア湾

美しいシュノーケリング・スポット

カイルア・コナの南側に位置する、ハワイ島で1番美しいシュノーケリング・スポットと言われるケアラケクア湾。海洋生物保護区に指定されており、ケアラケクア湾州立歴史公園になっている。透明度が高く、美しいサンゴ礁や色鮮やかな熱帯魚が多い。

Kahaluu Beach Park

カハルウ・ビーチパーク

気軽にシュノーケリングを楽しもう

カイルアコナの街からアリィドライブを南下して20分ほどのところにあるビーチ。駐車場も完備されており、シャワーやトイレ、ドリンクや軽食販売のワゴンやマリングッズのレンタルショップもある。サンゴ礁に囲まれており、波はおだやかで、遠浅のため、小さい子どもでも安心して遊べる。

Yokohama Bay

ヨコハマ・ベイ

日本の名前を持つビーチ

オアフ島の西端にあるヨコハマ・ベイ。正式名はKeawaula Beach。ヨコハマはもちろん横浜、日本の地名であるが、なぜこの名前がついたのかは諸説ある。一番有力なのは、さとうきびプランテーションで働く日本人移民が休日にここへやってきて釣りをしていたから、だそう。