用語解説・機能別おすすめクレカ紹介はこちら!
ユーザーアンケートによるクレジットカードランキング
満足度
90%
第1位:エポスカード
満足度
84%
第2位:楽天カード
満足度
82%
第3位:楽天プレミアムカード

2019/09/06 更新

海外旅行者1000人に聞いた、本当に満足できるお勧めクレジットカードはこれ!

クレジットカードには様々な機能があるけれど、結局のところ海外旅行で使えるカードはどれなのでしょうか。海外旅行者1000人に聞いて分かった、本当に満足度の高いクレジットカードを紹介します。

海外旅行の際にはクレジットカードが必須


当サイトは2015年の開設以来、海外旅行者をサポートする情報サイトとして運営してきました。海外旅行にまつわるさまざまな情報を徹底調査してきたHowTravel編集部が声を大にしてお伝えしたいのは、「海外旅行の際には、クレジットカードが必須」ということです。

「現金ではダメなの?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、クレジットカードには現金にはない機能があるので、海外旅行の際にはクレジットカードを持っていた方が絶対におトクで安心です。


海外旅行にクレジットカードが必須の理由

クレジットカードを持っておくと、現金だけで旅行するときにはないさまざまなメリットを享受することができます。


身分証明書代わりになる

海外では、クレジットカードの審査に通過した人=支払い能力のある信頼のおける人として、クレジットカードを提示することで身分証明の代わりとなることが多くあります。

ホテルなどの一部ではクレジットカードを提示しなければ利用できないこともあるため、必ず1枚は持っておくようにしましょう。


カード会社のサポートがついている

海外旅行中、盗難や事故に遭ったなどの困ったことがあった際には、カード会社のサポートデスクが助けてくれます。

電話をかけると日本語で、どのように対応すべきかを教えてくれますよ。


万が一のときに助けてくれる海外旅行保険がある

実は、クレジットカードのなかには、無料で海外旅行保険がついているものがあります。

海外では日本国内と違って医療費がすべて自己負担となります。些細な怪我や病気でも驚くような請求額になる可能性があるので、万一の際に医療費をカバーしてくれる保険は必須と言えるでしょう。


現金をたくさん持ち歩かずに済む

海外で多額の現金を持ち歩くのは防犯上おすすめできません。クレジットカードを持っておけば、あまり多くの現金を持ち歩くことなく、現地の買い物もキャッシュレスで済ませることができます。また、カードによってはATMで現地通貨をキャッシングすることもできます。

クレジットカードの為替レートは、日本国内銀行や両替所の為替レートよりもおトクです。反対に、国内で現地通貨を用意していくのはまったくおすすめできません。


クレジットカードは千差万別

海外旅行にはクレジットカードが必須だということがわかりましたね。しかし、単にクレジットカードを持っていれば事足りて快適な旅行ができるかといえば、残念ながらそうではありません

クレジットカードには、それぞれの対象ユーザーにとって便利なよう、発行会社が工夫を凝らしたさまざな機能やサービスが付帯しています。そのため、クレジットカードの機能は千差万別で、それぞれのカードが活躍してくれるシチュエーションも異なります。

海外旅行に持っていくのであれば、海外旅行向きの機能が充実しているクレジットカードを選ぶようにしましょう。


海外旅行に持っていくべきクレジットカードの機能

自分に必要な機能を把握しよう

では、クレジットカードに付帯する「海外旅行向き」といえる機能にはどのようなものがあるのでしょうか。

非常に多岐に渡るので、ここでは絶対に押さえておくべき機能と、あると嬉しい便利な機能に分けて解説します。

どの機能を持ったカードを新たに発行すべきなのか、しっかり見極めてくださいね。


海外旅行に行くなら必須の3つの機能

海外旅行の際に絶対に持っておきたいのが、これからご紹介する3つの機能を持っているクレジットカードです。これらを押さえておかないと、いざというとき大損をしてしまうかもしれません。

必ずしも1枚でカバーする必要はなく、すでにお手持ちのクレジットカードにこれからご紹介する機能がついている場合もあるので、確認して足りない機能を新たに発行するカードで補うのも手です。

必須①海外旅行保険


クレジットカードの一部には、無料で海外旅行保険がついています。

カードを所持しているだけで海外へ渡航した際に保険適用の対象となる「自動付帯」と、(主に出国前に)旅行の際にかかった金額を一部決済することで保険適用の対象となる「利用付帯」があります。

いずれにせよ、クレジットカードに付帯する海外旅行保険は、保険料の支払いや特別な手続きを事前にする必要はありません。保険の適用対象となる条件を満たしていることだけを確認して旅行に出てしまえば、あとは必要になったときだけ窓口に連絡すればよいシステムになっています。

補償項目はいくつかありますが、なかでも重要なのは「傷害治療費用」と「疾病治療費用」、つまり怪我や病気の際の治療費をいくらまで補償してくれるかという点です。年会費無料のカードであっても、ものによっては有料のカードよりはるかに補償額が高く手厚い例も存在します。

また、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数持っていた場合、保険の補償額は合算されます。海外で入院すると状況により搬送費や治療費が数百万円にものぼることもあるため、補償額の高いクレジットカードを2枚以上持っておくのがおすすめです。


必須②キャッシング


海外旅行の際には、渡航先の通貨を持っておかなくてはなりません。

出国前に国内空港の両替所で両替することもできますが、実は両替所の為替レートは、現実の為替レートとは大きく異なり、各業者が手数料を載せています。通貨によっては10%以上の手数料が知らないうちに上乗せされていることも……。

現地通貨獲得にはクレジットカードでの「キャッシング」がおすすめです。

これは、現地のATMから、実際の為替レートに近い国際ブランド(VISAやmastercardなどの決済機構)が定めたレートで現金を借りることのできるサービスです。キャッシングしたお金はショッピング利用分と一緒に翌月以降の引き落とし日に請求されます。

カード会社の定める金利(年利÷365×返済までの日数)はかかりますが、それでも日本国内の銀行などが提供する両替所に比べればはるかにおトクです。

また、カードによってはキャッシングの際のATM利用手数料が無料に設定されていたり、繰り上げ返済で利息を抑えることができたりします。


必須③使いやすく還元率が高いポイントシステム


海外旅行の際には出費がかさむもの。航空券やホテル代、オプショナルツアーのほか、携行品の準備など、なにかと出費が増えがちです。少しでも安いプランや買い物をしようと躍起になって探すより、それらの買い物をすべて高還元率のクレジットカードで決済したほうが便利でおトクかもしれません。

一般的なクレジットカードのポイント還元率は1ポイント=1円換算で0.5%。つまり10万円の買い物をした際、500円相当しか還元されない計算です。

しかし、還元率が1%あれば、10万円の買い物をした際のポイントは1000円分となります。額が大きくなればなるほど差が際立ちますよね。もちろん、貯まったポイントがどのように利用できるかという観点も重要です。

海外旅行の際には還元率が高くポイントの使い勝手がよいクレジットカードを1枚は持っておき、支払いの際に利用するようにするようにしましょう。

また、なかには海外での決済の際はポイント付与率が2倍となるクレジットカードもありますよ。


あると嬉しい旅が優雅になる機能

追加①空港ラウンジ利用&手荷物無料宅配


楽しい海外旅行ですが、混雑する空港での待ち時間や疲れた体で重たい荷物を運ぶ帰路はなかなかに憂鬱なものですよね。実は、クレジットカードでそのお悩みも解決できてしまうのです。

クレジットカードのなかには、かぎられた人しか利用ができない空港ラウンジを無料で利用できるものがあります。軽食やドリンクが提供され、Wi-Fiなどの便利なサービスも完備。喧騒を離れた優雅な空間で出国までの時間を過ごすことができますよ。

また、空港・自宅間、旅の荷物を運送してくれる「手荷物宅配サービス」を無料で利用することができる優待が付帯しているクレジットカードもあります。重たい荷物を運ばなくてもいいのはとても嬉しいサービスですよね。


追加②マイルが貯まりやすい


海外旅行に行くなら、これを機会にマイルを貯め始めてみませんか。「マイル」とは航空会社のポイントおよびポイントプログラムの略称です。

それぞれの航空会社が自社のマイレージプログラムを提供しており、基本的には搭乗距離に応じて加算されますが、実は特定のクレジットカードを所持・利用することでマイルを貯めることもできます。カードによっては貯めたポイントを複数の航空会社のマイルに移行したり、マイルの有効期限を実質延長したりすることができるものもあります。

飛行機に乗るだけではなかなか貯めるのが難しいマイルも、クレジットカードを賢く利用することでザクザク貯めることができるのです。

貯まったマイルは「特典航空券」といって国内線・国際線の航空券に交換することが可能です。無料で旅行に行けてしまうチャンスは必見ですよ。


追加③そのほかホテル割引などカードに特有の優待

  

カードによっては割引価格でホテルに宿泊できるなど、海外旅行の際に嬉しい独自の優待が設けられています。

そうした細かい特典はあまり知られていませんが、なかには驚くほど豪華な内容のカードもありますよ。おトクに旅をしたいという方は要チェックです。

頻繁に海外へ行く方は特に、そのような優待がついたクレジットカードを持っておくのがおすすめです。


機能の内容に注意

機能がついているからといってそのカードが優秀とはかぎらない


海外旅行のためにクレジットカードを発行する際には、機能の有無だけではなく、その内容まで精査することが肝心です。

例えば「海外旅行保険が付帯している」と謳われているカードだからといって、必ずしも安心はできません。

カードの紹介ページを見ていると、「海外旅行保険 最高○○万円補償!」と驚くような高額が記載されていることがよくあります。しかし、海外旅行保険の補償項目で最も高額に設定されているのは「死亡・後遺障害補償」、つまり亡くなったり、重篤な後遺障害が残る事態となった場合の補償額です。保険が適用される場合のなかでも非常なレアケースなので、この表記はあまりアテにならないと言わざるを得ません。

重要なのは、怪我や病気の際にいかに治療費をカバーしてくれるか、という点です。「死亡・後遺障害補償」が非常な高額でも、詳しく内容を確認してみると補償内容が死亡・後遺障害のみであったり、治療費の補償額が非常に低額だったりするということもあり得ます。

怪我や病気の治療費をカバーしてくれない海外旅行保険なんて、あっても困りますよね。

そのほかの機能も、カードによって内容が大きく異なります。例えば空港ラウンジなら、カードによって利用できるラウンジの数や種類、同伴できる同行者の数などが異なります。

発行の際には機能の有無だけでなく、その内容までしっかり確認しておく必要があるのです。


完全無欠の1枚を探すより複数枚で理想の機能をカバーしよう


クレジットカードの機能がカードによってさまざまに異なることは先にもお伝えしました。「海外旅行保険の補償は手厚いけれど、ポイント還元率はあまり高くない……」「年会費は安いけれど、大した優待は受けられない……」といったように、どのカードも一長一短です。

残念ながら、誰にとっても完璧なクレジットカードというものは存在しません。完璧な1枚を求めるよりも、機能ごとに優秀なクレジットカードを発行するのがおすすめです。

また、仮に自分が理想とするクレジットカードを見つけた場合でも、海外旅行の際には必ず2枚以上クレジットカードを持っていくようにしましょう。海外では盗難に遭った、カードが使えなかった、ATMに吸い込まれてしまった、など不慮の事態が起こる可能性がゼロではありません。

いざというとき困らないために、備えは万全にしておきましょう。


機能別おすすめクレジットカード

ユーザー満足度BESTとHow Travel's Choiceをご紹介

それでは、先ほどご説明した機能別に、実際に利用しているユーザーの満足度BESTクレジットカードと、海外旅行を知り尽くしたHowTravel編集部が独自に選定した優秀なクレジットカードを合わせてご紹介しましょう。

あなたが欲しい機能を持ったクレジットカードのなかでも、特に性能がよいと言えるカードに出会うことができますよ。


迷ったらこれ! 海外旅行に必須の機能をバランスよく満たした初心者向けカード

クレジットカードは千差万別かつ一長一短なので、誰に対しても「これ1枚で完璧です」とおすすめできるカードはないということはお伝えしました。

しかし、できれば1枚でたくさんの機能を満たしてほしい、いきなりたくさんクレジットカードを発行するのには抵抗がある、という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめするのが、これからご紹介するクレジットカードです。海外旅行に必須な「海外旅行保険」「キャッシング機能」「ポイント高還元」の3つの機能を満たしており、年会費も無料。

まず持っておいて損はないクレジットカードです。まずはこれらのカードのなかから1枚、発行しておくのがおすすめですよ。

〈これ1枚で〉楽天カード
 
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 VISA・mastercard・JCB・AMEX 利用付帯1.0%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
メリット
  • 年会費無料ポイント還元率が高くポイントの使い勝手がよい
  • 傷害治療費用・疾病治療費用・救援者費用がともに最高200万円の海外旅行保険つき
  • キャッシング機能つき
  • ハワイでラウンジが利用可能
デメリット
  • 海外旅行保険が利用付帯

誰もが知る国内最大手EC(インターネット通販)モールのカードですが、実は海外旅行にも便利。傷害治療費用・疾病治療費用・救援者費用がともに最高200万円と年会費無料のカードにしてはかなり大きな額の海外旅行保険が付帯しています。

利用付帯なのがネックといえばネックですが、楽天カードはポイント還元率が1.0%と高く、さらに色々な場面で利用できるのも大きな魅力。楽天カードで旅費を決済すれば使い勝手のよいポイントがザクザク貯まり、保険が適用されるのでいいことづくめです。

また、キャッシング機能もついているので、海外旅行の際に便利な機能を1枚でかなり満たしてくれます。ユーザー満足度は84%。日常生活でも活躍してくれるため、1枚目のカードとして発行したものが海外旅行でも使いやすく満足している、という声が見受けられました。また、ハワイでは楽天カード会員専用のラウンジが無料開放されているので、ハワイに行かれる方には特におすすめです。

こんな方におすすめ!
  • クレジットカードをはじめて発行する方
  • 1枚で海外旅行に便利な機能を複数満たしてほしい方
  • 年会費無料で充実した保険付帯のカードがほしい方
  • ポイント還元率の高いカードがほしい方
バランスの取れた機能が魅力的な大人気カード。年会費無料なので持っておいて損はありません。
↓↓↓楽天カードを発行する↓↓↓



〈これ1枚で〉
REXカード
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 VISA・mastercard 自動付帯 1.25%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

年会費無料のクレジットカードのなかでもっともおすすめしたいのがこのカード。まず1.25%という高いポイント還元率が魅力。しかも加算されたポイントは翌月の支払額値引きにそのまま反映されるから、実質すべての決済が1.25%オフです。海外旅行保険は自動付帯で補償額も高額。もちろんキャッシング機能もあり、ATM手数料が無料なので気軽に利用することができます。



機能別おすすめクレジットカード

それではいよいよ機能別のおすすめクレジットカードをご紹介します。

※表は左右にスクロールできます。
機能
ユーザー満足度BEST
How Travel's Choice
海外旅行保険
エポスカード
ミライノカード GOLD
キャッシング
エポスカード
セディナカード
ポイント高還元
楽天カード
REXカード
空港ラウンジ・手荷物無料宅配
楽天プレミアム
セゾンブルー・アメックス
マイル
SPG. アメックス
ソラチカカード
その他
Booking.comカード
SPG. アメックス

〈海外旅行保険部門〉エポスカード
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 VISA 自動付帯 0.5%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
メリット
  • 年会費無料
  • 傷害治療費用最高200万円、疾病治療費用最高270万円、救援者費用最高100万円の海外旅行保険が自動付帯
  • キャッシング機能つき
  • 国内1万超の店舗で優待あり
デメリット
  • ポイント還元率があまり高くない
  • 家族カードが発行できない
  • 保険適用はカード会員のみ

エポスカードは百貨店マルイの提携カードでありながら海外旅行保険など海外旅行の際に便利な機能が多数ついていることでも知られています。海外旅行保険は自動付帯で最高200万円の傷害治療費用、最高270万円の疾病治療費用、最高100万円の救援者費用など充実の内容となっています。

アンケートでは海外旅行保険を意識して海外に持参したユーザーの91.67%が「満足している」と回答しました。実際怪我をしてしまって保険を利用することになった方からは「こんなにも医療費が高いのかと驚いたが、ほぼ全額を保険で支払ってもらうことができた。担当者の対応もとても気持ちがよく、エポスカードを使って本当によかった。」という声が寄せられました。

国内では1万超の店舗で優待サービスも受けられます。年会費無料なので持っておいて損はないカードの筆頭です。
※海外旅行保険に関するより詳細な説明はこちらの記事をご参照ください。

こんな方におすすめ!
  • 自動付帯の海外旅行保険がほしい方
  • 1枚で海外旅行に便利な機能を複数満たしてほしい方
  • 年会費無料で充実した保険付帯のカードがほしい方
自動付帯で充実した海外旅行保険が魅力の年会費無料人気カード。年会費無料で国内10,000超の店舗で優待が受けられるので持っておいて損はありません。
↓↓↓エポスカードを発行する↓↓↓

〈海外旅行保険部門〉
ミライノカードGOLD
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
3,000円(+税) JCB 自動付帯 1.0%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
なし なし Apple Pay

年会費3,000円の格安ゴールドカード。海外旅行保険は自動付帯で、傷害治療費用・疾病治療費用がそれぞれ最大500万円という高額の補償が設定されています。さらに「家族特約」付きで、生計をともにする家族も保険適用の対象となるのが大きな特長です。しかもポイント還元率も1.0%と高め。コストパフォーマンス抜群で、特にファミリー向けにおすすめの1枚です。


〈キャッシング部門〉エポスカード
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 VISA 自動付帯 0.5%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
メリット
  • 年会費無料
  • インターネットバンキング(Pay-easy)で繰上げ返済可能
  • 充実した自動付帯の海外旅行保険
  • 国内1万超の店舗で優待あり
デメリット
  • ポイント還元率があまり高くない
  • 家族カードが発行できない
  • キャッシングの際、海外ATM利用手数料がかかる

エポスカードをキャッシングにも利用しているというユーザーが多数いました。キャッシング特化型のカードと言うわけではないのですが、自動付帯で充実した海外旅行保険など、海外旅行に適したそのほかの機能に加えてキャッシングも利用できる、という点が評価されたようです。

国際ブランド(=決済機構)がVISAであるため、キャッシング用のATM設置数が非常に多く、どこへ行っても利用することができます。通常キャッシングしたお金は翌月以降の引き落とし日に銀行口座から引き落としされて返済が完了しますが、エポスカードはインターネットバンキング(Pay-easy)から繰上げ返済することで利息を抑えることができるのが特長です。

充実した海外旅行保険が魅力的なのは先にご説明したとおり。ポイント還元率があまりよくない部分を除けば、海外旅行に最適なクレジットカードのうちのひとつだと言うことができるでしょう。
※キャッシングに関するより詳細な説明はこちらの記事をご参照ください。

こんな方におすすめ!
  • 1枚で海外旅行に便利な機能を複数満たしてほしい方
  • 年会費無料で充実した保険付帯のカードがほしい方
  • 繰上げ返済で利息を抑えてキャッシングを利用したい方
インターネットバンキングで繰上げ返済できる点がエポスカードのキャッシングの魅力。ほかの海外旅行向き機能とあわせて活用するのがおすすめ。
↓↓↓エポスカードを発行する↓↓↓

〈キャッシング部門〉
セディナカード
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 VISA、Mastercard、JCB なし 0.5%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
JAL Google Pay、楽天ペイ

年会費無料で海外キャッシングにイチオシのカード。海外ATM利用手数料が無料のため気軽に利用できます。また、繰り上げ返済が簡単に行えるのが嬉しいポイントです。事前にインターネット上で登録をしておくとは翌月の引落日を待たずインターネット上でPay-easyを利用して返済できるので、利子を抑えられます。海外での利用はポイント付与率が1.5倍なのも嬉しいですね。


〈ポイント高還元部門〉楽天カード
 
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 VISA・mastercard・JCB・AMEX 利用付帯1.0%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
メリット
  • 年会費無料
  • ポイント1.0%の高還元率
  • 貯まったポイントはさまざまな場面で利用可能
  • 充実した海外旅行保険などそのほかのサービス
デメリット
  • 海外旅行保険が自動付帯ではない

楽天カードのポイント還元率は1.0%。年会費無料のクレジットカードのなかではかなり高いほうだと言えます。ポイントは楽天だけでなく、飲食店やドラッグストア、衣料洋品店、家電量販店などさまざまな提携店で貯めたり支払いに使ったりできるので、日常生活で大活躍してくれるでしょう。

楽天市場や楽天トラベルなど楽天系列サイトでのお買い物ならポイントが3倍となるので、旅行の準備や予約を楽天経由でしてしまえば3%キャッシュバックも同然です。旅費の一部決済に利用すれば充実した海外旅行保険も適用されます。

年会費が無料なので、おトクしかありませんよね。ユーザーからもポイントシステムが便利だと非常な人気を博しました。メインカードとして活躍してくれる実力を有したカードです。

こんな方におすすめ!
  • 1枚で海外旅行に便利な機能を複数満たしてほしい方
  • 日常生活でも活躍してくれるカードを探している方
  • ポイント活用でおトクな生活を送りたい方
ポイント還元率・ポイントシステムの使い勝手のよさで大人気のカード。旅費の決済に利用すればポイントが貯まるだけでなく保険も適用されるのが嬉しいポイント。
↓↓↓楽天カードを発行する↓↓↓

〈ポイント高還元〉
REXカード
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 VISA・mastercard 自動付帯 1.25%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

年会費無料のクレジットカードでREXカードよりも基本ポイント還元率が高く設定されているものはまずないと言ってよいでしょう。REXカードのポイント還元率は1.25%。しかも、貯まったポイントは翌月以降の支払額の値引きに利用できます。実質1.25%オフですべてのお買い物ができてしまうのです。充実の海外旅行保険も付帯。見逃せない優秀カードです。


〈空港ラウンジ・手荷物宅配部門〉楽天プレミアムカード
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
10,000円(+税) VISA・mastercard・JCB・AMEX 自動付帯 1.0%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
ANA Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
メリット
  • 年会費10,000円(+税)でプライオリティパスが付帯
  • 貯まったポイントはさまざまな場面で利用可能
  • 充実した海外旅行保険などそのほかのサービス
デメリット
  • ステータス性はあまりない

楽天プレミアムカードは、楽天が発行する申込み制のクレジットカードのなかでもっともランクの高いクレジットカードです。年会費は10,000円(+税)とやや高額に思えますが、それ以上の価値があるので優待を重視する方は必見です。

クレジットカードの提示で利用できる空港ラウンジは、多くの場合国内主要空港のラウンジに限られます。しかし、ごく一部のハイステータスカードには「プライオリティ・パス」というサービスに無料ないし優待価格で登録することができ、その会員となることで世界中の空港ラウンジが利用可能になる優待がついています。

楽天プレミアムカードは、本来年会費が$429であるプライオリティ・パスを無料で利用できるクレジットカードのなかでもっとも年会費が安いカードです。3つ用意されたコースのなかから「トラベルコース」を選んでおけば、手荷物宅配サービスも年2回まで無料で利用できます。いかにコストパフォーマンスがよいかわかりますよね。充実した海外旅行保険や使い勝手のよいポイントプログラムも魅力的ですよ。
※空港ラウンジおよびプライオリティ・パスに関するより詳細な説明はこちら、手荷物無料宅配に関するより詳細な説明はこちらの記事をご参照ください。

こんな方におすすめ!
  • 世界中の空港ラウンジを利用したい方
  • 手荷物無料宅配を利用したい方
  • 日常生活でも活躍してくれるカードを探している方
ポイント還元率・ポイントシステムの使い勝手のよさで大人気のカード。旅費の決済に利用すればポイントが貯まるだけでなく保険も適用されるのが嬉しいポイント。
↓↓↓楽天プレミアムカードを発行する↓↓↓

〈空港ラウンジ・手荷物宅配部門〉
セゾンブルー・アメックス
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
3,000円(+税)(※) AMEX 自動付帯 0.5%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
不可 ANA・JAL Apple Pay、Google Pay
※25歳以下は無料。

25歳以下は特に必見。26歳になるまで年会費が無料で、26歳以上も年会費3,000円という設定ながら、同価格帯のゴールドカードよりはるかに豪華な優待が用意されています。国内主要空港のラウンジと帰国時の空港から自宅までの手荷物宅配サービスが無料で利用できるので、年会費有料の年齢層の方でも一度の利用で実質元が取れてしまいます。自動付帯の海外旅行保険も魅力です。


〈マイル部門〉SPG.アメックス
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
31,000円(+税) AMEX 自動付帯 3%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
不可 ANA・JAL・デルタ・ユナイテッド Apple Pay
※マイル還元率は1.25%

メリット
  • とにかくマイルが貯まりやすい
  • 毎年4万円相当のホテル無料宿泊権がゲットできる
  • 自動付帯の海外旅行保険、手荷物無料宅配、空港ラウンジなどが利用可能
デメリット
  • 年会費が高額
  • キャッシングには利用できない

マイルを貯める「マイラー」たちの間でとにかく「最強」と名高いのがこのSPG.アメックス。年会費は高額ですが元を取ってあまりあるだけのメリットがあるとユーザーからも好評でした。このカード、実はカードのポイントをマイルに移行することで航空会社が発行するクレジットカードよりも高い還元率でマイルを貯めることができるのです。

しかも、移行先としてANA・JAL・デルタ航空・ユナイテッド航空を含む40もの航空会社のマイレージプログラムが選べます。ポイントの有効期限が無期限なので、マイペースに貯めたポイントをお好きな航空会社のマイルに交換して航空券などをゲットすることができます。

世界最大級のホテルグループ マリオット・ボンヴォイの提携カードなので、系列ホテルではVIP待遇。毎年4万円相当の無料宿泊権が付与されます。それだけで年会費の元が取れてしまいます。そのほか海外旅行保険や手荷物無料宅配、空港ラウンジ利用などハイステータスカードの特長ももちろん兼ね備えていますよ。
※マイルに関するより詳細な説明はこちらの記事をご参照ください。

こんな方におすすめ!
  • とにかくマイルを貯めたい方
  • マリオット・ボンヴォイ系列のホテルに無料で宿泊したい方
  • ハイステータスカード特有の優待を満喫したい方
各航空会社が発行するクレジットカードよりもマイルが貯まるのでマイルを貯めたい方は必見。海外旅行をサポートしてくれる手厚い優待や、マリオット・ボンヴォイ系列ホテルでのVIP待遇も魅力。
↓↓↓SPG.アメックスを発行する↓↓↓

〈マイル部門〉
ソラチカカード
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 マイル還元率
2,000(+税) JCB 傷害死亡のみ 1.00%〜
キャッシング マイル 家族カード 電子マネー
不可 ANA PASMO

ANAマイルを貯めたい方にまずおすすめしたいカード。JCBが東京メトロおよびANAと提携し発行しています。ANAマイルの他に2種類のポイントが貯まり、それらをマイルに移行することができます。年会費は2,000円(税別)と比較的安価で、賢く使うとANAカードよりも高還元率となる裏技カードです。ポイントをマイルに移行する際には「10マイルコース」への加入を忘れずに。


〈その他優待部門〉Booking.comカード
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
無料 VISA 自動付帯 1.0%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
Apple Pay
メリット
  • 年会費無料
  • ホテル予約サイト最大手Booking.comで10%オフ
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • キャッシュバック式ポイントシステム
デメリット
  • 海外旅行保険の補償額が低いためこれ1枚では不安
  • 券面がダサい

世界最大シェアの宿泊施設予約サイトBooking.comの提携カード。入会先着5万名限定で与えられる特典「Booking.comのgenius会員権」が非常に魅力的で、実際この特典のためにBooking.comカードを発行したという人も多くいます。

genuis会員権をゲットすると、Booking.comの対象ホテル宿泊金額が10%オフになり、レイトチェックアウトやウェルカムドリンク、空港無料送迎などの特典が付与されます。

また、ポイント還元率が1.0%と高く、月々の支払額の値引きに使えると言うポイントシステムも魅力的です。年会費が無料のため発行しておいて損はありませんよ。genius会員は先着の限定特典のため、今のうちの発行がおすすめです。

こんな方におすすめ!
  • 安くホテルを予約したい方
  • ポイントシステムでトクをしたい方
  • 年会費無料で使い勝手のよいクレジットカードを探している方
旅行好きの間で密かな人気を博するクレジットのカード。非常に魅力的な優待は先着5万名のみに与えられるものなので、今のうちにゲットして。
↓↓↓Booking.comカードを発行する↓↓↓

〈その他優待部門〉
SPG. アメックス
年会費 国際ブランド 保険付帯条件 ポイント還元率
31,000円(+税) AMEX 自動付帯 3%
キャッシング マイル 家族カード スマホ決済
不可 ANA・JAL・デルタ・ユナイテッド Apple Pay
※マイル還元率は1.25%

マイルの貯めやすさで知られている高級ホテルグループ マリオット・インターナショナルの提携カード。マリオット、リッツ・カールトン、スターウッド、シェラトンなど名だたるホテルでVIP待遇が受けられます。カード継続の度に無料宿泊権(4万円相当)が付与されるので、一見高額の年会費もそれだけで元が取れてしまいます。航空券もホテルも無料の優雅な旅も夢じゃないかも?!




まとめ

あなたにぴったりのクレジットカードは見つかりましたか?

海外旅行の際には、クレジットカードが必須です。

ただしクレジットカードはカードによって付帯しているサービスや優待の有無、および内容が大きく異なるので、自分の目的に応じた機能を持つクレジットカードのなかから、その機能の内容まで精査して選ぶ必要があります。

海外旅行や、クレジットカードの利用に不慣れだという方は、海外旅行の際に特に必要な3つの機能を満たすクレジットカードを持っておくようにしましょう。補償の手厚い海外旅行保険、便利なキャッシング機能、高いポイント還元率が重要です。

すでにクレジットカードを持っている、海外旅行に頻繁に出かける、という方は、より便利に海外旅行で利用できる機能が付帯したクレジットカードを必要に応じて発行するようにしましょう。