空港ラウンジとは?無料で使えるの?おトクなクレカ優待も解説!

2019/05/28 更新

クレジットカードの特典を確認していると、「空港ラウンジの利用」について書かれているものがあります。なんとなくゴージャスな体験ができそうですが、そもそも空港ラウンジとはなんなのでしょうか。 この記事では、空港ラウンジとはどんな施設なのか、どのように利用できるのかを徹底的に解説します。

飛行機までの時間を優雅に過ごせる空港ラウンジ


空港ラウンジとは、空港内にある、特定の条件を満たした人しか入ることのできない「待合室」のようなものです。

飛行機の搭乗前に利用するもので、ラウンジ内ではドリンクや軽食などが提供され、飛行機までの時間を一般客の利用する混み合った空間から隔絶されたゆったりとした環境で過ごすことができます。

航空会社の上級会員向けのところ、利用料金を支払うことで利用できるところ、特定のクレジットカードを保有していれば無料で利用できるところなどがあります。なかには国会議員や航空会社の取引先役員のみ利用できるというVIPラウンジも存在するようです。利用の条件やサービス内容はラウンジによって大きく異なります

気軽に利用できるのは、クレジットカードで入ることのできるラウンジと、航空会社の提供するラウンジです。基本的には、航空会社が上顧客に向けて提供しているものである航空会社運営のラウンジの方が、サービスの質が高く、快適に過ごすことができます。

ドリンク・軽食の提供、その他充実のサービス


ラウンジによって異なりますが、静かで落ち着いた空間と、ソフトドリンク・軽食の提供はどのラウンジも共通しています。

ただし、提供されるドリンクや軽食の種類・クオリティは、ラウンジによってかなり異なります

ソフトドリンクやパンなど簡単なものだけが無料でそのほかのサービスは有料というところもあれば、アルコールやしっかりとした美味しい食事が飲み放題・食べ放題で楽しめるラウンジもあります。

そのほか、多くのラウンジには、無線LANや無料のPCブース、プリンターなど、ビジネスに便利な設備が整えられています。


また、場所によっては、シャワーブースやマッサージルームが設けられており、リフレッシュすることができるのです。ラウンジは基本的にはその空港を発つときにしか利用できませんが、トランジット利用の際や、空港までの所要時間が長い場合には嬉しいサービスですね。

空港ラウンジを利用する方法は3種類

旅に出る前のひとときをくつろぎの空間で優雅に過ごしてみたいですよね。それでは、どうすれば空港ラウンジを利用することができるのでしょうか。

どのような人を対象ユーザーとしているか、どんな条件を満たせば利用することができるかは、ラウンジによって異なります。ラウンジを利用するには、おもに3種類の入り方がありますよ。



方法①:ビジネスクラス・ファーストクラスを利用する、航空会社の上級会員になる

ビジネスクラス・ファーストクラスに搭乗するか、航空会社の上級会員になることで、その航空会社が提供するラウンジを利用することができます。航空会社のラウンジはセキュリティエリアの先に位置しているので、飛行機に搭乗するギリギリまでゆったりと過ごすことができます。ANAの「ANAラウンジ」や、JALの「サクララウンジ」と呼ばれるラウンジが有名ですね。

ファーストクラス向けのラウンジは、ホテルのラウンジやレストラン顔負けの豪華な空間となっています。鉄板焼きカウンターが設けられていたり、靴磨きサービスがあったりと、とにかくゴージャスな体験ができます。高い料金に見合った、それ以上の価値が体験できる空間と言えるでしょう。

ただし、ファーストクラスやビジネスクラスは、なかなか手が届かないのが現実です。実は、ファーストクラスやビジネスクラスを利用せずとも、こうした航空会社のラウンジを利用できる方法があるんです。それが、航空会社の上級会員になることです。

上級会員資格は、搭乗距離に応じて付与されるポイント「マイル」を貯めることで得られます。通常は1年更新ですが、特定のクレジットカードを保有することで会員資格が半永久的に認められます。

各航空会社の「お得意さま」として認められると、エコノミークラスの搭乗であっても豪華なラウンジを利用できる、ということです。

ただし、航空会社のラウンジは基本的に、その航空会社および提携を結んでいる航空会社の飛行機を当日利用する人しか利用することができません。どれほど上級会員であっても、当日利用する便は関係のない別の航空会社、という場合には入れないということです。

また、上級会員資格は一朝一夕に得られるものではありません。資格取得のため、必要もないのに飛行機に乗る人もいるのだとか……。そうまでして手に入れたいほど、上級会員の特典は魅力的なようですね。

マイルについては別途こちらの記事でご説明しているので参考にしてくださいね。

家族などの同伴者の利用条件

航空会社のラウンジは、航空会社ごとに、その日利用する航空券や会員資格の種類によって利用できる施設が異なります

同伴者の扱いも、ラウンジを利用する人の所持する航空券や会員資格の種類によって変わります。例えば、最上級の会員資格を保有している場合は同伴者1名が無料、ということもあるようです。

公式サイトで情報をチェックするようにしてください。

方法②:クレジットカードの優待を利用する

クレジットカードの優待特典で利用できるラウンジは、利用する航空会社を問わず、その日の出発便の航空券とカードがあれば利用が可能です。

これはカード会社が共同出資して提供しているもので、一部のクレジットカード(ゴールドなど)は提示するだけで空港ラウンジが無料で利用できます。

ゴールドカードといえば審査が厳しく限られた一部の人しか保有できないイメージがあるかもしれませんが、実は数千円の年会費を支払うだけで発行することができるものもあるのです。

ただし、利用可能者の数が多いためサービスの質は航空会社のラウンジよりも劣ることが多く、また、利用できるラウンジも多くの場合国内の空港と海外数ヶ所だけとかぎられています。

追加料金や会員登録などが必要ないため、国内線を頻繁に利用する、という方は提示するだけで国内の空港のラウンジが利用できるクレジットカードを一枚保有しておくのがおトクです。

世界中の空港でラウンジが利用できる権利が欲しい、ということであれば、後述する「プライオリティ・パス」を保有することをオススメします。

家族などの同伴者の利用条件

保有しているクレジットカードの種類およびランク、利用するラウンジによって異なります。

同伴者1名ならば追加料金を支払うことで一緒に利用できる、という例が多いようです。

方法③「プライオリティ・パス」を保有する

「プライオリティ・パス」は英国に本社を置く同名の企業が発行する会員権です。

この会員権を保有している人はその日利用する航空会社や搭乗クラスに関係なく、世界143ヶ国1200ヶ所の空港ラウンジを利用することができます。

プライオリティ・パスは、各空港・航空会社・ラウンジ運営会社などと提携して会員にラウンジを開放しているため、空港によってはリッチなラウンジを無料で利用することができるのです。デルタ航空やユナイテッド航空、大韓航空などの一部の航空会社のラウンジが開放されており、空港に入っている飲食店での優待も受けられます。

このプライオリティ・パスは通常、$429の年会費がかかります。しかし、一部のハイグレードクレジットカードには、「プライオリティ・パス」の会員権が無料で付帯しているのです。

クレジットカードの年会費は必要ですが、プライオリティ・パスの本来の年会費を考えれば、それだけで元が取れるおトクなシステムです。

出張で飛行機を頻繁に利用する、年間数回は海外旅行に行く、という方であれば、取得しておくと便利です。

ただし、クレジットカード特典のプライオリティ・パスを利用する際には、別途1年ごとにプライオリティ・パスの会員登録を行う必要があります。

初年度は、クレジットカードの申し込み→クレジットカードの受け取り→プライオリティ・パスに入会→プライオリティ・パスの受け取りという過程があります。

海外旅行に合わせてプライオリティ・パスの会員権が付帯しているクレジットカードを発行する場合は、時間に余裕を持って申し込むようにしましょう。

家族などの同伴者の利用条件

プライオリティ・パスで同伴者とともにラウンジを利用したい場合、通常ひとりあたり$32の追加料金が請求されます。ただしこれは、プライオリティ・パスに会員料金を支払って契約している場合の料金です。

クレジットカードに付帯しているプライオリティ・パスの会員権を利用している場合、カード会社によって異なる追加料金が会員権の付帯しているクレジットカードで決済されます。

同伴者分の料金は日本円で指定の額が決済される場合と、USDドルで決済される場合があり、その金額もカード会社によって異なります。

また、ハイクラスカードになると同伴者料金も無料となる例もあります。

ラウンジによっては、乳幼児の入場が断られる例もあるようです。同伴者の人数や子ども同伴の可否についてはラウンジによって異なるため、確認の必要があります。

空港ラウンジを無料で利用するにはクレカ発行がオススメ

空港ラウンジを気軽に利用したい場合は、空港ラウンジの利用が優待特典に含まれているクレジットカードを発行するのが一番です。

空港ラウンジは提供元やラウンジの種類によって、利用の条件が異なることがわかりましたね。さまざまなランクや会員があり、なかには滅多なことでは入れないゴージャスなラウンジもあります。

なかなか気軽に利用するのが難しい空港ラウンジですが、特定のクレジットカードを保有していると利用することができるため、1枚持っておくのが手ですよ。

例えば、プライオリティ・パスの会員権利が付帯しているクレジットカードの年会費は、概ね1万円前後です。そのクレジットカードに$429の年会費がかかるプライオリティ・パスが無料で付帯しているので、頻繁に飛行機を利用する人にとってはそれだけでカード発行の価値があるほどおトクなシステムです。発行しない手はありませんよね。

また、空港ラウンジの利用権利が付帯するクレジットカードは、そのほかにも海外旅行保険など、さまざまな優待特典がついているので必見です。

自分に合ったクレジットカード特典は何かを考えよう

クレジットカード優待の「空港ラウンジが無料で利用できる」という謳い文句は魅力的ですが、カードによって利用の条件や、使えるラウンジの数、種類が大きく異なることがわかりましたね。

海外旅行にぴったりのクレジットカードは別途以下の記事でまとめていますが、結論から言えば、「海外旅行にはクレジットカードを複数持っていく」のが正解です。そのうちの1枚として選択肢に入れるのがよいかもしれませんね。

空港ラウンジを利用してみたい、という興味が強い方や、国内線の利用が多いという方は、国内主要空港のラウンジが利用できるクレジットカードを1枚持っておくのがオススメですよ。

国際線の航空便を頻繁に利用し世界中を飛び回るという人であれば、プライオリティ・パスの「世界中で空港ラウンジが利用できる」という特典はかなり魅力的です。

特に、忙しいビジネスパーソンからは静かな環境で仕事に集中できると重宝されているようです。

空港での時間を快適に過ごしたい、各国の空港を頻繁に利用する、という場合はプライオリティ・パスの会員権が付帯するクレジットカードを発行しておくのがオススメです。

どのカードを持っておくのがおトクなのかは、使い方によって異なります。自分に合った優待特典はなんなのか、熟考した上でどのクレジットカードを利用するのか決めるようにしてくださいね。