ピカデリー・サーカス界隈

特集

london

【イギリス】ロンドンのお勧め定番観光スポット10選

初めてロンドンに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

ザ ゴーリングの中庭

【ロンドンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるロンドンだが、一つエリアが変わるとスラム街などもあるため注意が必要だ。また、観光エリアから離れたホテルを予約してしまうと、帰り時間を気にしてロンドンの夜を楽しむことができなくなってしまう場合もある。せっかくのロンドン旅行、ホテル選びに失敗して台無しなんてことはないようにしたい。この記事では、ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

london food

ロンドンで食べられるイギリスの名物料理10選!お勧めグルメ旅

ロンドンで料理の話をすると、おいしいものがない、グルメ不毛の土地などと不名誉なことをいう人が多い。しかし、世界中から人が集まり、経済や産業の中心であるロンドンは、多国籍料理が豊富でグルメな人も満足できるレストランが多く存在する。そして近年はロンドンの食文化は劇的に変化しており、以前に比べてグルメ熱は上昇傾向にあるとのこと。ロンドンは食の楽しみがないなんて思わずに、グルメの旅に出かけてはいかがだろうか。

ロンドンの現地オプショナルツアー

【空港送迎・世界遺産巡りなど】現地オプショナルツアー紹介

個人旅行の人にもお勧めしたいのが、現地オプショナルツアーだ。空港送迎だけ、個人では訪れるのが難しい近郊の日帰りバスツアーだけ、といったように、ツアー旅行の良いとこだけどリをすることができる。この記事では、ロンドン旅行を一層楽しくする現地オプショナルツアーを厳選してご紹介する。

London-plan

ロンドン旅行5泊7日の予算とモデルプラン

ここでは5泊7日のロンドン旅行を計画するときの予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性を重視した「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始のなど混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わる。 滞在期間がイースターやクリスマスなどイギリスの祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地の休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。有料観光地の入場料は高めだが、入場無料の美術館や博物館も多い。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

ピカデリー・サーカス界隈

34件

Ronnie Scott

1

ロニー・スコッツ

ロンドン中心部にある歴史誇るジャズ・クラブ

50年以上もの歴史がある「ロニー・スコッツ」。 テナー・サックスの奏者だったロニー・スコットが、ロンドンでもジャズクラブをオープンさせたいと願い、1959年に設立したジャズクラブだ。

Piccadilly Circus

2

ピカデリー・サーカス

世界の中心と呼ばれていた広場

ピカデリー・サーカスはロンドンにある広場のことで、かつては世界の中心とも呼ばれていたほど人で賑わう場所。昼夜問わず多くの人が行き交っている。広場の中心には「エロスの像」が鎮座しており、観光客が記念撮影をしている姿が見られる。ロンドンの待ち合わせスポットとしても有名だ。 夜はネオンサインが燦然と輝き大変美しい。指定建造物第二級に認定されている「クライテリオン・シアター」や、はちみつ色の外壁が印象的な「ロンドン・パピリオン」なども、この広場の見所である。

The National Gallery

3

ナショナル・ギャラリー

ロンドン最大の美術館は世界最大級の美術館

ナショナル・ギャラリーは、ロンドン中心部・トラファルガー広場に面するロンドン最大の美術館だ。世界的に見ても最大規模の美術館であり、コレクションは13世紀から19世紀までのヨーロッパ絵画を中心に約2300点を数える。2014年にはフレデリック・ワイズマン監督がナショナル・ギャラリー全館に3ヶ月密着して撮影した映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」が公開され大きな話題となった。 ナショナル・ギャラリーの大きな特徴のひとつとして、民間人のコレクションから誕生した点が挙げられる。ヨーロッパの大規模な美術館のほとんどが王族や貴族のコレクションから展開されたものだが、こちらの美術館は一介の銀行家であったアンガースタインのコレクションが基礎となっているのだ。 常設展のみであれば常に入館無料というのも大きな魅力。貴重かつ膨大なコレクションを無料で見られるとあって、年間約600万人近い来場者が訪れる。美術ファンでなくとも立ち寄りたいスポットだ。所要時間はざっくり見て回るなら1時間半から2時間程度。

スポンサーリンク

Soho

4

ソーホー

ロンドン随一の昼夜を問わず賑わうエリア

一年を通して多くの人で賑わっているのが、「ソーホー」だ。 ロンドン・ウェストエンドの一角をなす地区で、レストランやブランドショップ、中華街などがあり、様々な人々が集まる場所として知られている。

Trafalgar Square

トラファルガー広場

ロンドン市民の憩いの場

ヨーロッパの都市に広場はつきものだ。どの国へ行っても、憩いの場や待ち合わせの場として必ず居心地の良い広場が用意されている。ロンドンでその役割を果たしているのが、ウェストミンスターにあるこのトラファルガー広場だ。市内中心部に位置する広場である為、週末になると政治家が演説を行う等、さまざまなイベントや集会が開催される場所としても有名である。なお、すぐ北にはナショナル・ギャラリーが隣接している。

Royal Opera House

ロイヤル・オペラ・ハウス

世界レベルの上演を誇る世界5大歌劇場のひとつ

ロイヤル・オペラとロイヤルバレエ団の本拠地として上演が行なわれているのが「ロイヤル・オペラ・ハウス」である。 世界5大歌劇場のひとつとして、世界的に知られている劇場だ。

Covent Garden

コヴェント・ガーデン

ロンドンの中心部のショッピング街

ロンドンの中心部に位置するコヴェント・ガーデン。 ロイヤル・オペラ・ハウスがあることでも有名だが、美術館、博物館、映画館などもあり、文化や芸術、娯楽を楽しめる。 また、多くのお店や露店が立ち並び、マーケットではアーティストが作る一点物のハンドメイドグッズなど様々なジャンルのアイテムを見ることができる。お洒落なレストランやカフェもあるので、ショッピングの合間に食事やお茶を楽しむのもお勧めだ。 街のいたるところで見られるストリートパフォーマンスも必見。 常に賑わっている街で、土日祝日は特に混雑しているので注意が必要だ。

スポンサーリンク

Liberty

リバティ

チューダー朝建築が印象的な老舗デパート

リバティは1875年、創業者のアーサー・ラセンビィ・リバティが日本や東洋から、装飾品や織物、工芸品などを販売する店として開業した。 リバティの特徴的な外観の建物はロンドンで最も代表的なチューダー・リバイバル様式の建築物で、イギリスの第2種指定建造物に指定されているため、歴史建築としても訪れる価値がある。

Royal Academy of Arts

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ

英国が誇る画家を生み出した国立芸術学校

ロンドンの中心部に位置する国立芸術学校が「王立芸術院」。 ターナー、ミレー、などの英国が世界に誇る画家たちを生み出した、名高い学校。 1769年に初代校長レイノルズによって開校。

Fortnum & Mason

フォートナム・アンド・メイソン

世界中の人が知る紅茶のみでなく、多数の高級食材を取り扱うイギリスの老舗デパート

フォートナム・アンド・メンソンは、300年以上の歴史を持つロンドンの老舗百貨店である。 1707年にウィリアム・フォートナムとヒュー・メイソンによって創業され、取り扱う品物の質の高さから、国際的にも認知度が高い百貨店である。 過去150年にわたってイギリス王室御用達の店舗として知られている。