リバティでのお土産情報、行き方、営業時間

リバティ
Liberty

2017/05/05 更新

基本情報

住所

210-220 Regent Street, Soho, London W1B 5AH

セントラル線(Central Line)またはベーカルー線(Bakerloo Line)またはヴィクトリア線(Victoria Line) 最寄駅はオックスフォード・サーカス(Oxford Cirucus)駅

料金

商品による

営業時間

月曜-土曜は10:00-20:00
日曜は12:00-18:00

休業日

12/25、12/26

HP

電話番号

+44 207 734 1234

Liberty
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

チューダー朝建築が印象的な老舗デパート

リバティは1875年、創業者のアーサー・ラセンビィ・リバティが日本や東洋から、装飾品や織物、工芸品などを販売する店として開業した。

リバティの特徴的な外観の建物はロンドンで最も代表的なチューダー・リバイバル様式の建築物で、イギリスの第2種指定建造物に指定されているため、歴史建築としても訪れる価値がある。
一歩店内に入ると、大きな吹き抜け、木製バルコニー、螺旋階段と内装もチューダー調様式に装飾されているのが特徴的だ。ガラスの天井から差し込む光が店内を明るくし、建物の内装を眺めているだけでも楽しくなってくる。

販売されているものは、布製品が多く、リバティ・プリントと呼ばれる美しい花柄の布地、洋服、小物、雑貨、インテリア用品からカーペットなどの生活用品まで、取り扱っている商品の種類は多岐にわたる。
人気のリバティ・プリントの商品は、洋服や布地だけでなく、ブランケット、ハンカチ、ティータオル、ポーチなどの小物も販売されているので、お土産として購入しても喜ばれるはずだ。

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

ロンドン旅行者の必読記事

(Photo by Elliott Brown)

アクセス・入場

リバティへのアクセス

ロンドン地下鉄のセントラル線(Central Line)またはベーカルー線(Bakerloo Line)またはヴィクトリア線(Victoria Line)のオックスフォード・サーカス(Oxford Cirucus)駅を下車した後、リージェントストリート(Regent Street)を南下し、2つ目の通りとなるグレート・マルボロ・ストリート(Great Marlborough St)を左折すると右手側にリバティーの建物が見えてくる。徒歩約5分。

プラン相談

どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

ザ ゴーリングの中庭
海外での防犯対策グッズ