スイスの観光スポット人気ランキング

観光

38件

Grossmuenster

グロスミュンスター大聖堂

宗教改革の先導を担った教会

グロスミュンスターとは、大教会と言う意味だ。 教会の創建は、カール大帝の時代である西暦1100年に始まり、11世紀から13世紀にかけて建て替えられる。 カール大帝が3名の殉教者の墓を見つけ、その場所で建設を開始したと言われている。

Matterhorn Glacier Paradise

マッターホルン・グレッシャー・パラダイス

ヨーロッパで最も高い万年雪の展望台

マッターホルン・グレッシャー・パラダイスは、ツェルマットのほぼ南端に位置する展望台だ。 標高は3,883メートルと、ツェルマット周辺にある展望台の中でも最も高くなっているが、実はこちらは、スイスのみならずヨーロッパ全土の中でも最も高い場所にある展望台となっている。

Einsiedein

アインジーデルン

巡礼者のための聖地

聖ヤコブの道と呼ばれるカトリックの巡礼道がある。 スペインの聖地、サンティアゴ デ コンポステーラまで続く道で、このアインジーデルンは、巡礼道の中継地点となるとても大切な場所に位置している。

Monument de la Reormation

宗教改革記念碑

宗教改革の功労者たちを讃えるモニュメント

ヨーロッパにおける16世紀は、宗教改革運動の時代だった。そんな改革運動の主要人物たちを讃えるべく、1917年にバスチヨン公園内に設置されたのが、この宗教改革記念碑だ。 宗教改革期、ヨーロッパ全土は大混乱に見舞われていた。

St. Peter Kieche

聖ペーター教会

チューリッヒ最古の歴史ある教会

聖ペーター教会は、チューリッヒ最古の教会として現代に名を残す教会だ。 857年、9世紀の文献に記されているほど、その歴史は古く、1000年以上の歴史があるとされる。

Lindenhof

リンデンホフの丘

チューリッヒ市民のための公園

リンデンホフの丘は、チューリッヒ市民憩いの公園である。 リンデンとはドイツ語で菩提樹を意味し、ホフは公園を意味する。

Victoria Hall

ヴィクトリアホール

由緒正しきコンサートホール

ヴィクトリアホールは、ジュネーブを代表するコンサートホールだ。 ヴィクトリアというのは、もちろんイギリスのヴィクトリア女王のこと。 その名前に負けず、1894年オープンのこちらはスイス全土でも非常に格式の高いホールとなっている。

チューリッヒ湖

チューリッヒ市民の湖

チューリッヒ湖は、チューリッヒの観光で人気のスポットだ。 チューリッヒ湖は、チューリッヒ市にある湖で、南東に向かって伸びている三日月の形をしている。

Musee Ariana

アリアナ美術館

陶磁器専門の美術館

アリアナ美術館は、国連ヨーロッパ本部のすぐそば、アリアナ公園内に位置する美術館だ。 あまり規模は大きくないが、その展示内容から知る人ぞ知る美術館として密かな人気を集めている。

Pont du Mont-Blanc

モンブラン橋

ジュネーブを象徴する橋

モンブラン橋はジュネーブを代表する橋だ。 ローヌ川にかかるこの橋は旧市街への架け橋でもあり、ジュネーブ観光をしようとすれば必然的に一度は通ることになるスポットといえるだろう。 レマン湖のビュースポットとしても人気で、有名な大噴水はモンブラン橋の上からもきれいに眺めることができる。

1 2 3 4