マッターホルン・グレッシャー・パラダイスの観光情報

マッターホルン・グレッシャー・パラダイス
Matterhorn Glacier Paradise

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Matterhorn Glacier Paradise, Postfach 378, 3920 Zermatt

ロープウェイ Klein Matterhorn駅

料金

-

営業時間

-

休業日

-

HP

http://www.zermatt.ch/jp/zermatt-matterhorn/mountain-excursion/mgp
日本語、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、イタリア語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

ヨーロッパで最も高い万年雪の展望台


マッターホルン・グレッシャー・パラダイスは、ツェルマットのほぼ南端に位置する展望台だ。
標高は3,883メートルと、ツェルマット周辺にある展望台の中でも最も高くなっているが、実はこちらは、スイスのみならずヨーロッパ全土の中でも最も高い場所にある展望台となっている。

そのため、マッターホルン・グレッシャー・パラダイスは常に雪に覆われている。
名前の「グレッシャー」というのは氷河という意味だが、眼下にあるテオドール氷河では365日いつでもスキーを楽しめるほどだ。
多くの人がマッターホルンに対して抱いている「雪山」のイメージを思う存分に味わえるスポットだといえるだろう。

展望台からは、ほかにもモンブランやグランパラディーソといった4,000メートル級の山々を眺めることもできる。
雪と氷に覆われた絶景を楽しみたい。

見どころ

ツェルマットでは貴重なマッターホルンの南壁


スイス側からマッターホルンを望もうとすると、基本的には東壁か北壁かを見ることになるのだが、マッターホルン・グレッシャー・パラダイスは例外だ。
そんなツェルマットの南端にあるマッターホルン・グレッシャー・パラダイスは、限りなくイタリアに近い場所に位置している。
イタリア側に少しはみ出すような立地になっているため、ここからは貴重な南壁を拝むことができるのだ。

ツェルマットにあるほかの展望台とは一味違ったマッターホルンの表情を楽しめるだろう。

編集部一押しの観光プラン

交通機関が軒並み半額!スイス周遊に必携のカード

  • 交通機関が50%割引に!スイスハーフフェアカード事前予約

    鉄道、バス、湖船などスイスの主要な交通機関が1カ月半額になるお得なカード。ケーブルカーや登山鉄道にも適用されるのでスイスを周遊するなら持っておきたい1枚だ。メールで届くバウチャーを印刷するだけで使えて非常に便利。
    ➡ 詳細はこちら
  • スイス旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    マッターホルン・グレッシャー・パラダイスへのアクセス


    Matterhorn Glacier Paradise, Postfach 378, 3920 Zermatt

    ロープウェイ Klein Matterhorn駅

    人気記事

    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド
    スーツケース お勧め人気ブランドランキング