マドリードの観光スポット人気ランキング

特集

madrid

マドリードのお勧め定番観光スポット10選

初めてマドリードに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

観光

293件

1

プラド美術館

スペインが生んだ芸術文化の宝庫

ピカソやミロ、ダリ等、スペインが排出した偉大な芸術家の絵画を堪能できるのがプラド美術館だ。 スペイン王室のコレクション等、スペインに関わる絵画がメインで展示されており、その総数は8000点に上る。近代だけでなく、16世紀-17世紀の作品もあり、スペイン以外のフランドル絵画やイタリア絵画も充実している。 展示品を最初から最後まで見ようとすると1日では到底回り切れない。絶対に見ておきたいものをリストアップし、パンフレットなどで場所を確認してからスタートすることをおすすめする。

Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia

2

ソフィア王妃芸術センター

近代アートを浴びる美術館

1990年にオープンした比較的新しい美術館で、19世紀末からの作品を展示している。芸術に精通していなくとも必ず名前を聞いたことのある世界的な芸術家の作品がこれでもかというほど並べられた空間。特に1992年から展示されているピカソの「ゲルニカ」を目当てに世界中から見物客を集めている。 入り口横にある背の高い彫刻はアルベルト・サンチェス作の彫刻で、パリ万博の際にスペイン館の入り口に展示されたもののレプリカ。「スペイン国民には、星へ続く道がある」という題名の彫刻で、実物は万博が終わってから見つかっていないというミステリアスな作品だ。

Plaza Mayor

3

マヨール広場

歴史的なイベント広場

「大きい広場」を意味するマヨール広場は、17世紀にフェリペ3世の統治下で建設された。 広場の中心にある銅像がフェリペ3世である。 この銅像がジャンボローニャによってつくられたのは17世紀初めのことだが、この場所に移されたのは2世紀以上経った19世紀半ばだった。

スポンサーリンク

Parque de El Retiro

4

レティーロ公園

市民の憩いの場

プラド美術館の東側に隣接する140ヘクタールに及ぶ公園。 レティーロは憩いを意味し、市民の安らぎの場として賑わっている。 当初ここにはフェリペ2世の小さな宮殿があり、フェリペ4世の時代には宮殿と庭園が建設された。

Monasterio de El Escorial

エル・エスコリアル修道院

スペイン王家が眠る、巨大な複合施設

エル・エスコリアル修道院は、1984年にユネスコ世界文化遺産として登録されたスペインの首都であるマドリードから、北西へ約45キロメートル離れた郊外に位置する。 正式名は王立サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルで、宮殿、博物館、図書館と修道院などの多様な施設がある。

Puerta del Sol

プエルタ・デル・ソル

マドリードの象徴的広場

マドリードの街の中心でもあり原点と言える広場が、「太陽の門」を意味するプエルタ・デル・ソルである。 この場所にはかつて門が立っており、マドリードを守る城壁の一部であった。 この門が東を向いていたことから「太陽の門」と呼ばれ、現在までその名前が残っている。

Museo de Thyssen Bornemisza

ティッセン・ボルネミッサ美術館

膨大な個人コレクション

カノバス・デル・カスティーリョ広場の一角に建つ美術館。 ティッセン・ボルネミッサ男爵家のコレクションが展示されている。 個人のものとしては、イギリスのエリザベス女王に次ぐ世界第2位のコレクションを誇る。

スポンサーリンク

Piazza di Spagna

スペイン広場

観光客や市民に愛され続ける都会のオアシス

グラン・ビアの西、近代的なビルが立ち並ぶ中に広がるスペイン広場は、人気のある観光地だ。 現代的な風景の中に一点、青々しく茂る緑と広場の噴水が現れる様は、まさに都会のオアシスといった心癒される情景だ。

アルムデナ大聖堂

マドリードの大聖堂

歴史ある街マドリード、その中で大聖堂が非常に新しいことには違和感を覚えるのではないだろうか。 王宮の横に立つ巨大なアルムデナ大聖堂が完成したのは1993年のこと。 その年に、ヨハネ・パウロ2世ローマ教皇によって大聖堂に選ばれた。

Iglesia de San Isidro

サン・イシドロ教会

かつての大聖堂

サン・イシドロ教会はマヨール広場の南側にある、2つの塔が目印の教会だ。 17世紀初めに建てられ、当初はフランシスコ・ザビエルを祀ったイエズス会の教会であった。 スペインで最初のイエズス教会と言われる。