レティーロ公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

レティーロ公園
Parque de El Retiro

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Plaza de la Independencia, 7, Madrid

地下鉄2号線 レティーロ駅(Retiro)下車、徒歩約2分

料金

無料

営業時間

4月-9月は6:00-24:00
10月-3月は6:00-22:00

休業日

-

HP

http://www.esmadrid.com/ja/kankoujouhou/parque-del-retiro/
日本語。スペイン語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、中国語

Parque de El Retiro

概要

市民の憩いの場

Parque de El Retiro

プラド美術館の東側に隣接する140ヘクタールに及ぶ公園。
レティーロは憩いを意味し、市民の安らぎの場として賑わっている。
当初ここにはフェリペ2世の小さな宮殿があり、フェリペ4世の時代には宮殿と庭園が建設された。
これらの建物は対フランス独立戦争の際に大部分が焼失してしまった。

公園の大きな池のほとりにはアルフォンソ12世の騎馬像が悠然と立っている。
彼は1874年-1885年に在位し、彼の死後に王妃マリア・クリスティナの命によってこの像が作られた。
池の南側にはベラスケス宮殿、もう少し進むとガラスの宮殿がある。
ベラスケス宮殿は1884年の鉱業博覧会で使用された建物で、ガラスの宮殿はロンドン万博で使用されたクリスタル宮殿をモデルにしたものである。

園内にはフランス式庭園やバラ園などもあるので、自然を満喫しながら散策してみると良い。

編集部一押しの観光プラン

レアル・マドリードのホーム試合を確実に観戦するなら

マドリード旅行者の必読記事


人気記事

マドリードのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク