マヨール広場の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

マヨール広場
Plaza Mayor

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Plaza Mayor, 28012 Madrid

地下鉄1号、2号、3号線 ソル駅(Puerta del Sol)下車、徒歩約5分

料金

-

営業時間

-

休業日

-

HP

http://www.esmadrid.com/en/tourist-information/plaza-mayor-madrid/
日本語、スペイン語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、中国語

Plaza Mayor
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

歴史的なイベント広場

Plaza Mayor

「大きい広場」を意味するマヨール広場は、17世紀にフェリペ3世の統治下で建設された。
広場の中心にある銅像がフェリペ3世である。
この銅像がジャンボローニャによってつくられたのは17世紀初めのことだが、この場所に移されたのは2世紀以上経った19世紀半ばだった。
広場は18世紀に大火災が起こり一度消失。現在の広場は19世紀半ばに完成したものである。
火災後の建設はフアン・デ・ビリャヌエバの設計によるもので、彼の死後も弟子たちの手によって工事が続けられた。
彼の設計で、広場を囲む建物が5階建てから4階建てになり、周囲の通りへのアクセスを容易にするために9つのアーチもつくられた。

フェリペ3世の前に王位についていたフェリペ2世の時代からマヨール広場をつくる構想はあり、当時はアラバル広場と呼ばれていた。
市場のある経済の中心地であったが、自然発生した広場は無秩序なつくりであったためにきれいに整備しようというのが目的であった。

中世の時代、ここでは王室の行事だけではなく、闘牛や罪人の処刑が行われた。
広場を囲む建物の一つにスペインの紋章が彫られ、国旗が立つ場所がある。
かつて、さまざまなイベントの際には建物のバルコニーが見物人で埋まり、この紋章の場所は王族の指定席であった。

見どころ

①クチリェロス門から裏路地へ

Plaza Mayor

ビリャヌエバが設計した9つの門のうち、最も有名なのがクチリェロス門である。
この門からマヨール広場を出て歩くと、居酒屋が軒を連ねるサン・ミゲル通りにぶつかる。

門の中は階段になっており、広場から出ると下り階段だ。
マヨール広場が周囲よりも高い場所にあるということがわかるだろう。
この通りは古くはクチリェロス通りと呼ばれる鍛冶職人が多い通りだった。
マヨール広場にあった肉屋組合にナイフを納めて栄えていたという。

現在は商店やレストランが並んでおり、狭いがとても賑わう通りだ。
世界最古のレストランとしてギネスに認定されているソブリーノ・デ・ボティンは1725年にこの通りに開業し、今では世界中から観光客が押し寄せている。
利用したい場合は予約しなければ数時間並ぶことになるので注意。

②優れた文化を産み出した「怠惰王」フェリペ3世像

Plaza Mayor

広場の中央にある馬にまたがった銅像はフェリペ3世の像である。
トスカーナの大公コジモ2世からフェリペ3世への献上品で、イタリアの彫刻家ジャンボローニャと弟子のタッカの作品。
当初はカサ・デ・カンポに置かれていたが、1848年にマヨール広場に移された。

「黄金時代」と呼ばれたほどスペインの基礎を作り上げ発展に導いたフェリペ2世の息子が、フェリペ3世だ。
彼は「怠惰王」と呼ばれ、政治に関心がなかった。
彼の時代には政治は実質的に大臣のレルマ公とその息子のウセダ公に任されていたが、この2人には政治的な能力が欠如していたと言われ、王国が支配していたオランダの独立を認め、スペインの農業を担っていたムーア人を追放するなど、王国の衰退が大きく進んだ。

しかしながら、グレコやベラスケス、セルバンテスやカルデロンなどの後世に名を残す芸術家や文人を輩出したのは彼の時代である。
アルカラやサラマンカがヨーロッパの学術発展の中心となったのもフェリペ3世の治世でのことだ。

編集部一押しの観光プラン

レアル・マドリードのホーム試合を確実に観戦するなら

  • マドリードのお勧めツアー

    レアル・マドリード サッカー観戦チケット

    スペインの超名門サッカーチーム、レアル・マドリードの試合を、ホームのサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで観戦するチケット。確実に観戦するためにも日本での事前予約は重要だ。本場の空気と一流の試合を体感しよう。

    ➡ 詳細はこちら

  • マドリード旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    マヨール広場へのアクセス

    観光の中心、プエルタ・デル・ソル王宮の間に位置し、マヨール通りを歩いて来れば広場に出る。
    最寄り駅は地下鉄ソル駅だが、王宮の最寄り駅であるオペラ駅からも近い。

    ■個人で訪れる場合
    ルート1
    METRO(地下鉄)1号線 アトーチャ(Atocha)駅-ソル(Sol)駅
    ・乗車時間約5分、駅から徒歩約5分
    ・大人片道€1.50
    ・電車時刻は約8分間隔

    ルート2
    RENFE国鉄)C1線 アエロプエルトT4(Aeropuerto T4)駅-チャマルティン(Chamartín)駅-C3またはC4線 ソル(Sol)駅
    ・乗車時間約25分、駅から徒歩約5分
    ・大人片道€1.85
    ・電車時刻は約30分間隔

    ■ツアーで訪れる場合
    ツアー例(ガイド付き旧市街散策プラン)
    ・11:00集合、13:00時解散など
    ・大人€30ほど

    プラン相談

    どんなマドリード旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でマドリード旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    マドリードのホテル
    海外での防犯対策グッズ