アムステルダムのミュージアム・美術館人気ランキング

ミュージアム

161件

Rijksmuseum

1

アムステルダム国立美術館

世界に名だたる巨匠たちの作品を一度に楽しむ

アムステルダム国立美術館は、オランダ最大規模の美術館で、通称は「ライクス・ミュージアム」。フェルメールやレンブラントを始めとするオランダ出身の巨匠たちの絵画で多数展示されており、彼らの作品の前は混雑している。それ以外にも、1676年製の年代物のドールハウスや美しいデルフト焼きなど、オランダに関わる美術品が多く所蔵されている。 また、ユニークな試みを多く実践しているのも本美術館の特徴だ。館内の写真撮影は禁止されているが、作品の魅力をより深く味わう為に自分で作品をスケッチする事を強く奨励。館内では紙とペンを持ってスケッチにいそしむ来場者が多く見られ、他の美術館とはひと味違ったユニークな鑑賞体験を得る事ができるだろう。 美術館公式のスマートフォンアプリも充実の内容で、無料で日本語の音声ガイドを聞くことができるのもポイント。作家や作品についての解説だけでなく、絵画の見方や注目すべき点も教えてくれるので、作品への理解が深まるだろう。館内は無料のWi-Fiが飛んでいるので、現地でダウンロード可能だ。アプリとはまた別に有料の音声ガイドもある。すぐ近くにはゴッホ美術館や市立近代美術館等の名だたる美術館が軒を連ねており、芸術に浸る1日を過ごす事もできる。

アンネフランクの家の前にある銅像

2

アンネ・フランクの家

アンネが日記を書き綴った隠れ家

「アンネ・フランクの家」は、世界的に有名な「アンネの日記」の著者、アンネ・フランクが隠れ家生活を送った家を改装した博物館。アンネ・フランク財団が管理・運営を行い、世界中から年間100万人を超える観光客が訪れており、日本人の来訪も多い。日本語の無料パンフレットを貰えるので、ほとんどの展示物についても理解できる。 第二次世界大戦中にナチスのユダヤ人迫害から逃れるためフランクフルトからアムステルダムへ逃げてきたフランク一家は、オランダへのドイツ軍の侵攻に伴い、この隠れ家でひっそりと暮らす事になる。ゲシュタボ(ナチスの秘密警察)に見つかり、アウシュヴィッツ強制収容所に送られるまでの2年間の生活を垣間見ることができる。日中は音を立てないよう静かにすごし、夜は光が漏れないように気を遣うといった生活が、15歳の少女にどれほどの苦痛を強いていたか想像に難くない。

Van Gogh Museum

3

ゴッホ美術館

ゴッホの一生が詰まった美術館

オランダ出身の画家、ファン・ゴッホの作品を中心とした美術館。絵画200点、素描500点以上を所蔵しており、ゴッホを経済的・精神的に支援し続けた弟テオとの書簡等も800点近く展示されている。ゴッホという画家を理解する上では欠かせない貴重なコレクションの数々を一目見ようと、毎年150万人の人々が訪れる。館内にはゴッホの作品だけではなく、同時代に活躍したロートレックや、ゴッホと共同生活を送ったゴーギャンの作品を始め、多大な影響を受け、熱心に模写を行った日本の浮世絵作品も展示されている。 音声と映像によって各作品を解説してくれる日本語版のマルチメディアガイドも貸し出されているので、作品ごとの特徴をより深く学べるのもポイント。ゴッホ自身がこちらに話しかけてくるような演出もあり、見応え、聞き応え共に抜群だ。 混雑を回避するには、お昼時を避けて訪問するのがお勧め。午前中か15:00以降なら比較的ゆとりを持って鑑賞できるだろう。オンラインで日時指定のチケットを予約する事もできる。鑑賞の所要時間は約75分を目安に。

スポンサーリンク

Museum Het Rembrandthuis

4

レンブラントの家

オランダの巨匠レンブラントの私生活を垣間見る

絶頂期のレンブラントが1639年に購入し、借金が重なり破産するまでの20年間暮らしていた自宅兼アトリエ。 その後は競売にかけられてしまったが、レンブラント生誕300年を記念して博物館として残されることとなった。 内部は当時を再現した作りとなっていて、レンブラントや弟子たちの作品が多く展示されている。 目立つ外観ではないため、緑色の扉と窓を目印に、通り過ぎてしまわないように注意したい。

Heineken Experience

ハイネケン・エクスペリエンス

試飲もできるビール醸造所跡

1988年まで使用されていた醸造所を改装してできた体験型ミュージアム。 順路に沿って進んでいくと、ハイネケンの歴史やビールの醸造方法についての解説がある。説明は英語だが、自身が麦になってビールになるまでの過程を疑似体験できるアトラクションなどユニークな展示方式で、テーマパークのように楽しめる。

Amsterdam Museum

アムステルダム博物館

アムステルダム発展の歴史を知る

16世紀に建てられた孤児院を改装して造られた博物館。 アムステルダムが、何もない沼地からどのように発展し、ドラッグや同性婚などに寛容な街となっていったのか。 13世紀から現在までのアムステルダムに関するさまざまな展示を行っている。 目立つ外観ではないが、中身は多くの展示物で埋め尽くされている。

Het Scheepvaartmuseum

オランダ海洋博物館

海運大国オランダの歴史を知る

500年以上のオランダ海運の歴史を伝える博物館。 海洋に関して世界で2番目のコレクション数を誇る。 建物は17世紀に建てられた海軍補給庁を改築したものである。

スポンサーリンク

Madame Tussauds Amsterdam

マダム・タッソーろう人形館

世界中の有名人と記念撮影

マダム・タッソーは、世界中のスターやセレブたちの等身大ろう人形を揃えたミュージアムである。 1835年にろう人形彫刻家のマリー・タッソーがロンドンに創立し、今では東京お台場にも出店するなど、世界中で大人気のアトラクションだ。

Hermitage Amsterdam

エルミタージュ美術館アムステルダム

ロシア有名美術館の分館

ロシアにある世界最大規模の美術館、エルミタージュの分館として、2009年6月にオープンした。 17世紀に建てられた養老院を改築したもので、当時を思わせるチャペルにはパイプオルガンが設置されている。

Stedelijk Museum

市立近代美術館

ゴッホ以降の近代美術のコレクション

国立ミュージアムやゴッホ美術館、コンセルトヘボウが並ぶ、ミュージアムプレインに建つ市立近代美術館は、1870年から現代までの近代美術作品を収容している。 そのコレクション数は90,000点にのぼる。 作品の種類は多岐に渡り、油絵・彫刻・版画・写真・グラフィックデザイン・映像作品など。 特に20世紀後半のコレクションが充実しているので、現代アートやデザインに興味のある人は必見だ。