アムステルダムのアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

7件

Luchthaven Schiphol

1

アムステルダムのスキポール空港と市内へのアクセス

スキポール空港は、アムステルダムの中心から南西におよそ9キロメートルのところに位置する国際空港。90以上の航空会社が300以上の都市とアムステルダムをつないでいる。2014年の旅客数は5497万人を超え、ヨーロッパ全体で5番目、世界でも14番目に忙しい空港であった。オランダのKLMグループをはじめ、イギリスの格安航空会社イージージェットやアメリカのデルタ航空など複数の航空会社がハブ空港として利用している。日本(東京・大阪・福岡)からの直行便も多い。

2

アムステルダムのタクシー

アムステルダムのタクシー料金は初乗り料金、走行距離、時間という3つの要素の組み合わせで算出される。 4人まで乗れる普通車と5人以上が乗れるバンの2つの料金体系がある。 タクシーにより料金に若干のばらつきがあるものの、最高料金の設定がある。

metro

3

アムステルダムのメトロ(地下鉄)

アムステルダムのメトロは、首都アムステルダムと郊外を結ぶ交通機関であり、メトロと呼ばれている。 アムステルダム市営交通会社(GVB)が運営しており、地下と地上を走る区間がある。 現在4路線走行しており、51、53、54番は、アムステルダム中央駅と郊外を結び、50番は市街地の外周を走行している。

スポンサーリンク

tramway

4

アムステルダムのトラム

アムステルダムには、オランダ最大のトラムが走っており、16番までの路線が運行されている。 それらは、アムステルダム中央駅とダム広場を中心に放射線状に延びる路線と、環状路線がある。 トラムはメトロやバスと同様に、アムステルダム市営交通会社(GVB)が運営している。 トラムの特徴は青と白を基調にした車体をしており、わかりやすい。

bus

アムステルダムのバス

アムステルダムのバスは、メトロやトラムと同様に、地元の人々や観光客の移動手段として利用されている。 アムステルダムのバスは都市間を結ぶ交通機関のため、郊外へ行くときはバスが便利である。 ただし、バスの路線は数が多いため、慣れていないと利用するのはややこしいかもしれない。

railway

オランダの鉄道

オランダは、ヨーロッパのなかではドイツと並んで鉄道の路線が多く、重要な交通手段として人々に利用されている。首都と中小都市とのアクセスがとてもよく、地方都市への移動にも便利だ。 オランダの鉄道はオランダ鉄道(NS)が運営しており、アムステルダムを中心に約2800キロメートルの距離を路線が網羅している。国内列車には、主要都市間を結ぶ特急列車である「intercity」、intercityの次に速い優等列車の「sneltrein」、普通列車の「sprinter」、地方都市間の移動やローカル線の普通列車である「stoptrein」の4種類がある。 また、パリ・ブリュッセルとアムステルダムをつなぐ国際列車であるタリスや、ドイツのフランクフルトとアムステルダムを結ぶICEなども走行している。

Station Amsterdam Centraal

アムステルダム中央駅

レンガ造りの重厚な陸の玄関口

1889年に完成した中央駅は、アムステルダムの陸の玄関口として終日たくさんの人々が行き交う。 市内を回るメトロから、フランスやドイツに延びる長距離線まで、数多くの路線が運行されている。

スポンサーリンク