ミュンヘン市博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ミュンヘン市博物館
Münchner Stadtmuseum

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Sankt-Jakobs-Platz 1, 80331 München

Sバーン1、2、3、4、6、7、8号線Marienplatz駅またはUバーン1、2、3、6号線Sendlinger Tor駅下車

料金

・常設展のみ
€4
学生は€2

・常設展と企画展
€7
学生は€3.5

営業時間

10:00-18:00

休業日

月曜、カーニバルの火曜、12/24、12/31、一部祝日

HP

http://www.muenchner-stadtmuseum.de/
英語、ドイツ語

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

ミュンヘン市の歴史と文化を熟知する博物館

ミュンヘン市の歴史と文化を発信するために、かつての市兵器製造所を改装したのが「ミュンヘン市立博物館」だ。
ゴシック様式になっている同博物館は、1888年にエルンスト・フォン・デトゥーシュによって設立された。 
博物館にはミュンヘン歴史資料館以外にも、人形劇博物館、写真博物館、楽器博物館、映画博物館などがある。

人形劇博物館ではドイツやヨーロッパ、日本の人形や舞台が展示されており、人形劇の文化史について知ることができる。
楽器博物館では、アフリカ・アメリカ・アジア・ヨーロッパからの2000点以上の楽器が展示されている。
映画博物館では、毎週上映が行なわれており、フリッツ・ラング、エルンスト・ルビッチ、ゲオルク・ヴィルヘルム・パープストなどの映画の上映でも知られている。

見どころ

大人も胸躍らせる人形劇コレクション

ミュンヘン市立博物館の数あるコレクションの中でも、4階の人形劇博物館は大人からも子どもからも高い人気を得ている。
ドイツやヨーロッパのみならず、日本の文学人形まで揃えられているコレクションはさすがだ。
同博物館内では、昔の人形劇のビデオも上映されていて、観光客が足を止めて見入っている様子が見られる。
ドイツの人形劇に欠かせない道化役の「カスパー」のことなど、ドイツの人形劇についても学びたい場所だ。

また、人形を制作する工房や工具、人形の制作過程のわかる展示物もあるので必見である。

ミュンヘン市立博物館の入館料は、特別展示や映画博物館を別にすれば無料のため、気軽に訪れたい。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】ミュンヘン3泊5日お手頃弾丸ツアー

  • 【WEB限定】羽田発着 ANA往復直行便で行く!ミュンヘン5日間 スタンダードクラスホテルに滞在

    お手頃価格が嬉しい5日間の弾丸ツアー。帰りは機内泊のため費用を抑えられ、現地での滞在時間を最大限に伸ばしているのが嬉しいポイント。自由行動で、現地では好きなように行動できるので、オプショナルツアーを申し込むのもおすすめだ。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のミュンヘンツアーはこちら

    ミュンヘン旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    ミュンヘン市博物館へのアクセス

    Sankt-Jakobs-Platz 1, 80331 München
    Sバーン1、2、3、4、6、7、8号線Marienplatz駅またはUバーン1、2、3、6号線Sendlinger Tor駅下車

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    【ミュンヘンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集