特集

キュウフン

台湾の一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

大の親日国である台湾は一人旅にはうってつけの国だ。交通網もしっかり張り巡らされており、治安も良く、女性でも安心して旅行することができる。この記事では、台湾を一人旅(女性の一人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

Linjiang-Street-Night-Market

【台湾】台北のお勧め定番観光スポット10選

【ここだけは行け】絶対に行くべき台北の定番スポット10選

初めて台北に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

special-column-jiufen

美しく幻想的な景色が広がる九份!台北からショートトリップ

台北市内から車で一時間足らず、日帰り旅行に最適な観光地「九份」。台湾北部の新北市瑞芳区にある山間に位置するこの街は、かつて金鉱の街として栄えていた。その後、当時の面影を残すレトロな街並みは、たびたび映画やドラマのロケ地に使用され、1990年以降再び脚光を浴びるようになった。現在は、山道の細い路地に、台湾民芸品が並ぶ雑貨店、台湾グルメを味わえるどこか懐かしい風…

士林・天母×観光

7件

National Palace Museum

1

国立故宮博物院

世界4大美術館の一つ

台北の故宮博物院は世界4大美術・博物館(メトロポリタン・英、ルーブル・仏、エルミタージュ・露)のひとつに数えられている。約70万点有ると言われているコレクションは宋、元、明、清の歴代皇帝が収蔵してきた超一級品の宝物で構成されている。尚、館内は撮影禁止だ。 また、台北の故宮博物院は、展示以外も充実している。ミュージアムショップには所蔵品の精巧なレプリカのほか、…

National Revolutionary Martyrs' Shrine

2

忠烈祠

戦争で亡くなった英霊を祀る祠

忠烈祠は戦争で亡くなった英霊を祀る祠。辛亥革命を始めとする抗日戦争や、中国共産党との戦いで亡くなった約33万人の志士・軍人の霊、また著名な政治家、SARSの治療で命を落とした医師等の国家に貢献した人々の霊が祀られている。1時間ごとに行われる息の合った衛兵交代式が有名で、観光客からの人気も高い。 祠は大門、中央広場、山門、大殿、鐘楼、鼓楼、文烈士祠、武烈士祠で…

The Shilin Presidential Residence

3

士林官邸

蒋介石夫妻が愛した庭園

1950年に故蒋介石元総統と宋美齢夫人がこの地に居を構え、1975年に蒋介石が病没するまでの26年間を過ごした場所である。 1996年まで一般開放されていなかったが、その後庭園と官邸の一部を一般開放し2012年に全面的に公開されるようになった。 1階は応接室などがあり、2階が夫妻の私室となっている。西洋風の建築に内装は中国風のしつらえで、調度品の見事さはため…

スポンサーリンク

Shung Ye Museum of Formosan Aborigines

4

順益台湾原住民博物館

台湾のルーツを知ろう

1994年、「順益汽車」のオーナーである林清富氏の原住民に関するコレクション寄贈により開館した私立博物館。 外観は原住民族の家屋をイメージしており、ちょっと変わった建物になっている。

Taipei Cityhall

台北探索館

体験型展示で楽しみながら台北を知ろう

2002年12月、「市政資料館」を「台北探索館」として市庁舎の中にリニューアルオープンした、台北市のオフィシャルセンター。 政府機関主催といっても、堅苦しくなく気軽に楽しんで見れるようになっている。歴史文化以外にも現在の台北市の産業等も紹介されており、台北の今と昔を知ることが出来る。体験型展示が多いので子供でも楽しめる。

National Taiwan Science Education Center

国立台湾科学教育館

見て触って体験して学べる

教育熱心な台湾で、科学教育のために1956年に台湾唯一の公立科学博物館として設立された。 地上10階、地下1階からなる円形の建物は、中は吹き抜けとなっており、足を踏み入れた瞬間からワクワクする。

Taipei Astronomical Museum

台北市立天文科学教育館

宇宙の旅へ出かけよう

国立台湾科学教育館の向かいにある台北市立天文科学教育館は、1938年に台湾日日新報社より台北市へ寄贈され、その後円山風景区の中に移設したが、台北市の人口増加に伴い天文学の新しくより詳しい知識を広める為に、1993年に現在の場所に施設を移した。

スポンサーリンク