ロペス記念館の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ロペス記念館
Lopez Museum

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Benpress Building, Exchange Road Coner Meralco Avenue, Ortigas, Pasig City

MRT3号線 ショー・ブールバード(Shaw Boulevard)駅

料金

無料

営業時間

8:00-17:00

休業日

日曜、祝日

HP

Lopez Museum
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

歴史ある博物館

Lopez Museum

ロペス記念館はエウジェニオ・ロペスによって1960年に建造された博物館である。
ロペスは事業家として知られ、第二次世界大戦時に、砂糖の製造販売で財を築いた後、多くの事業をフィリピンで起こした。
タクシーや、バスをはじめ、エネルギー事業や、メディア事業などその範囲はとても広い。

彼のコレクションであったフィリピンに関する珍しい本や、美術品などを人々と共有するため、ロペス記念館をオープンさせた。図書館も併設されており、1万9千もの本が貯蔵されている。
本の種類もさることながら、貴重な本が多く貯蔵されているのも、ロペス記念館の特徴である。
およそ、500年以上前の本などが残されており、文化的にとても重要な場所となっている。
ロペスは、これらの美術品や本を貯蔵し、人々へ開放することは、人々の国へ対する愛着心を強めると思っていたと考えられている。

編集部一押しの観光プラン

マニラ市内と避暑地タガイタイを効率的に巡るなら

マニラ旅行者の必読記事

(Photo by Lopez Museum Lopez Museum)

アクセス・入場

ロペス記念館へのアクセス

Benpress Building, Exchange Road Coner Meralco Avenue, Ortigas, Pasig City

MRT3号線 ショー・ブールバード(Shaw Boulevard)駅

プラン相談

どんなマニラ旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「4万円以内でマニラ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

マニラのホテルの夜景
海外での防犯対策グッズ