バリのアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

4件

ングラ・ライ国際空港

1

バリのングラ・ライ国際空港(デンパサール国際空港)と市内へのアクセス

ングラ・ライ国際空港は、バリ島に位置する国際空港だ。現在の名称になったのは2014年4月からで、正式にはイ・グスティ・ングラ・ライ国際空港。通称はデンパサール空港及びバリ国際空港である。2013年には国際ターミナルが新設された他、出入国システムも年々簡略化されており、利用者は増加傾向にある。2015年6月からは日本人観光客のビザが免除されるようになり、いっそうアクセスしやすくなったのもポイントだ。 空港の入り口や荷物のピックアップコーナーにはポーターが待機しており、荷物1個あたりおよそRp.5000-Rp.1万(日本円で50円-100円程度)で荷物を運搬してくれる。しかし、無理矢理荷物を運ぼうとしたり、高額なチップを要求したりする等の悪質なポーターも多いのでくれぐれも注意。

バリを走るクラクラバス

2

バリのバス

バリ島内の移動手段として最も一般的なのはタクシーとバスだ。2014年に運行を始めた公共バス「クラクラバス」は運賃も安く、主要路線の本数が充実している為、特に苦労なく目的の観光地へ向かう事ができる。観光客向けにプラマ社が運行しているシャトルバスも、ローカルバスより座席が広々として快適で、ドライバーに頼めばある程度融通がきく事も。バリ島での旅にバスを上手に組み込んでみよう。

バリ島のクタ地区を走るタクシー

3

バリのタクシー

インドネシアのタクシーは料金が非常に安いので、日本のバスや電車に乗る感覚で気軽に利用できる。バリ島でも日本と同じくメーター制が主流で、ジャカルタから進出した最大手のタクシー会社「ブルーバード」の評判が高い。 乗り方は日本のタクシーと同じだが、中にはブルーバードタクシーを真似て車体の色を似せたり、メーターをごまかして料金を余分に要求するドライバーもいるのでくれぐれも注意する事。また、お釣り用のお金を用意していないドライバーも多い為、乗車前に所持金を崩しておく事をお勧めする。ホテルから出発する時等はフロントに頼むか、タクシー会社に自分で連絡して安全なタクシーを手配しよう。もともとチップの習慣はなかったが、現在では料金の10パーセント程度を支払うケースもある。 ただし、南部のウブド地区では地元のタクシードライバーが結託しており、値段交渉が可能な目的地別の個人タクシーが多い。この場合はトラブルを防ぐ為にも必ず発車前にドライバーと料金を決めておこう。

スポンサーリンク

バリを走るベモ

4

バリのベモ

バリ島内を移動する為の手段としてはタクシーやバスが一般的だが、現地の人達がよく利用しているのは「ベモ」も呼ばれる乗り合いバスだ。ライトバンを改造した小さめの車体で、料金も他の公共交通機関と比べて遥かに安く、走行中でも自分の好きな所で手を挙げて乗車でき、ドライバーにひと声かければ降車もできる。徒歩での移動が疲れてきたときの足代わりとしても便利だ。ただし、移動人数や距離によってはタクシーの方が割安になる事もあるので、利用前によく検討しよう。 クタやウブド等の観光地区を走行しているが、ドライバーはインドネシア語しか使えない場合がほとんどなので注意。ただし、サヌール地区のダナウ・タンブリガン通りならば路線は南北の1本道なので、「ストップ」等の簡単な英語を使って比較的容易に乗車する事ができる。ベモは走行する地区によって車体の色が異なり、サヌール地区を走るベモは緑色だ。