バリのングラ・ライ国際空港(デンパサール国際空港)と市内アクセス方法

バリのングラ・ライ国際空港(デンパサール国際空港)と市内へのアクセス

2017/11/26 更新

ングラ・ライ国際空港
データガイド
プラン相談

データガイド

概要

特徴

ングラ・ライ国際空港の国内線ターミナル内の様子

ングラ・ライ国際空港は、バリ島に位置する国際空港だ。現在の名称になったのは2014年4月からで、正式にはイ・グスティ・ングラ・ライ国際空港。通称はデンパサール空港及びバリ国際空港である。2013年には国際ターミナルが新設された他、出入国システムも年々簡略化されており、利用者は増加傾向にある。2015年6月からは日本人観光客のビザが免除されるようになり、いっそうアクセスしやすくなったのもポイントだ。ガルーダ・インドネシア航空は成田国際空港や関西国際空港との直行便を運航している。どちらの空港からもングラ・ライ国際空港へは片道約7時間半程度。

空港の入り口や荷物のピックアップコーナーにはポーターが待機しており、荷物1個あたりおよそRp.5000-Rp.1万(日本円で50円-100円程度)で荷物を運搬してくれる。しかし、無理矢理荷物を運ぼうとしたり、高額なチップを要求したりする等の悪質なポーターも多いのでくれぐれも注意。

ングラ・ライ国際空港公式ホームページ
http://bali-airport.com/?lang=en

ターミナル

国内線ターミナルと国際線ターミナルの2つが存在し、両者は徒歩での移動が可能。

・国内線ターミナルのマップ
http://bali-airport.com/terminal-domestik

・国際線ターミナルのマップ
http://bali-airport.com/terminal-internasional

Wi-Fi、SIMカード

ングラ・ライ国際空港のWi-Fi事情

空港内では無料でWi-Fiが利用できる。<@NgurahRaiAirport>というネットワークを選択して「Continue」をタップするだけ。会員登録の必要もなく便利だが、接続は20分程で切れるのでこまめに接続し直す必要がある。

また、SIMロックフリーのスマートフォンを持っているなら空港内でSIMカードを購入するのもお勧め。税関を過ぎたところに大手通信会社Telkomのブースがある。SIMカードには複数の種類があるが、インドネシア全域でつながる「simPATI」を選ぶのが無難。

レストラン、免税店

空港内には広い免税店エリアがあり、高級ブランドの化粧品やバッグはもちろん、ばら撒き用のお菓子も揃う。最後までショッピングを楽しみたい人や、お土産を買い忘れた人にも安心だ。レストランやカフェ、書店もあるので出発前の暇つぶしもできる。カフェ「La Place」はテーブル席に電源も設置されているので便利。

両替所、ATM

ングラ・ライ国際空港での両替

空港内には至る所に両替所やATMがある。空港に到着後、税関を抜けた先にも両替所があるので、市内へアクセスする為にも到着した時点でいくらか両替しておくと良いだろう。ただし市内に比べるとややレートが悪いので、必要最低額に留めておくのがお勧め。


必見情報
JTBが世界中のATMで引き出せる旅行用プリペイドカードを発行しており、空港での両替レートよりも最大10%程度お得に現地通貨を引き出すことができる。作るのは少々面倒ではあるが、多額の現金を持ち歩かなくて済むのは安心だ。
※2017年8月25日時点で、日本の空港両替と比べてルピアが31%お得なレートで両替可能

➡ 旅行用プリペイドカードのウェブサイトはこちら

ラウンジ

空港内には複数のラウンジが入っている。プライオリティパス(年会費を支払う事で世界中900ヵ所以上の空港ラウンジに無料で入場できるパス)を使えば、国際線ターミナルの「PREMIER LOUNGE」(24時間営業)を利用可能。ゆったりしたソファに、軽食やシャワーのサービスもあるくつろげるラウンジだ。入国審査を通過した先、免税店エリア近くの中2階にある。

➡ ラウンジが利用できるクレジットカードはこちら

ングラ・ライ国際空港(デンパサール国際空港)から市内へのアクセス

ングラ・ライ国際空港に到着したら、「Arrival」の表示に従って移動する。入国審査(Immigration)では外国人用(Foreigner)の列に並ぼう。荷物をピックアップしたら税関を通過して到着ゲートへ向かう。到着ゲートでは旅行会社のガイドやドライバーがネームボードを持って大勢待機している。

送迎バス/送迎タクシーで市内へ

空港からホテルまで送迎サービスを行っているホテルも多い。予め予約しておけばスムーズに目的地まで辿り着く事ができるだろう。海外旅行に不慣れな場合は活用する事をお勧めする。有料か無料かはホテルやサービス内容によって異なるので事前に確認を。現地の旅行会社が主催する送迎サービスも存在する。

エアポートタクシーで市内へ

空港からの送迎を予約していない場合は、エアポートタクシーを利用する手もある。エリアごとに料金が設定されているので、値段の交渉をする必要はない。1台あたり4人まで乗車する事ができる。

■所要時間
目的地による(クタまで15分-20分、ヌサドゥアまで20分-30分。ウブドまで70分-90分が目安)。

■運行時間
24時間

■料金
Rp.5万5000-Rp.30万(目的地による)。前払い制のチケットで、行き先を伝えれば料金を教えてくれる。

■乗り場
空港内に2ヶ所あるタクシーカウンターに向かい、目的地を告げてタクシーチケットを購入する。そのままドライバーが乗り場に連れて行ってくれる場合と、チケットの番号を確認して自分で乗り場へ向かう場合とがある。

日本-バリ間のフライトで得られるマイル

  • 出発地 貯まるマイル数
    東京/成田 7072マイル
    大阪/関西 6548マイル
    参考として、1万マイルで東京-大阪間の航空券に、2万マイルで東京-グアム間の航空券に換えることができる。

    ※マイル数は往復分を表記
    ※航空会社や利用する時期、割引によってマイル数は変動する

    ➡ 【貯めなきゃ損】マイルの貯め方・使い方の徹底解説はこちら

  • 旅のプロ直伝 ングラ・ライ国際空港のポイント

    執筆者の旅工房コンシェルジュ、藤田茉緒さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    バリ担当
    藤田 茉緒
    提携パートナー
    中心地からは車で約20-30分と比較的アクセスの良い空港ですが、バリ島の道路は渋滞が激しいので、時間に余裕をもったスケジューリングが安心です。空港からホテルまでは定額チケット制のエアポートタクシーもありますが、初めてのお客様はぜひ往復送迎付きの旅行プランをご予約頂くのがおすすめです。現地のガイドはとても個性豊か。日本語も上手なので移動時間も楽しくお過ごしいただけます。滞在中のプランの相談をしてみてはいかがでしょうか。

    もちろんショップも充実しているので、お土産の買い忘れの心配も不要です。

    編集部一押しの観光プラン

    透明度の高い海が魅力!離島でシュノーケリング体験を

  • バリのお勧めツアー

    【バリ島発・レンボンガン島ツアー】シュノーケリング+マングローブツアー

    バリの自然を満喫できる大人気プラン。マングローブが生い茂り、色とりどりのサンゴ礁が広がる離島・レンボンガン島でシュノーケリングを始めとした魅力的なアクティビティーが楽しめる。透明度の高い海を心ゆくまで堪能しよう。
    ➡ 詳細はこちら
  • バリ旅行者の必読記事

    (Photo by Sergey basibanget)

    プラン相談

    どんなバリ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「5万円以内でバリ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    バリのお勧めホテル
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド