バリのベモの料金、乗り方 、路線図、注意点

バリのベモ

2017/05/05 更新

バリを走るベモ
データガイド
プラン相談

データガイド

概要

ベモの車内

バリ島内を移動する為の手段としてはタクシーやバスが一般的だが、現地の人達がよく利用しているのは「ベモ」も呼ばれる乗り合いバスだ。ライトバンを改造した小さめの車体で、料金も他の公共交通機関と比べて遥かに安く、走行中でも自分の好きな所で手を挙げて乗車でき、ドライバーにひと声かければ降車もできる。徒歩での移動が疲れてきたときの足代わりとしても便利だ。ただし、移動人数や距離によってはタクシーの方が割安になる事もあるので、利用前によく検討しよう。

クタやウブド等の観光地区を走行しているが、ドライバーはインドネシア語しか使えない場合がほとんどなので注意。ただし、サヌール地区のダナウ・タンブリガン通りならば路線は南北の1本道なので、「ストップ」等の簡単な英語を使って比較的容易に乗車する事ができる。ベモは走行する地区によって車体の色が異なり、サヌール地区を走るベモは緑色だ。

料金の目安

料金は後払い制。ベモはメーターもなく、はっきりとした料金体系が定まっている訳ではない。観光客なら1回の利用でRp.4000-Rp.5000程度を支払うのが目安だ。この時決してしてはいけないのが、ドライバーに直接料金を訪ねる事。通常より割高な金額を請求されてしまう場合があるので、あらかじめ適正価格をこちらから手渡すのがポイントだ。

ベモの乗り方

ベモの乗り方は以下の通り。

①ベモを停める
目的地の進行方向に走るベモを見つけたら、日本で流しのタクシーを停める要領で手を挙げ、ベモを停める。

②ベモに乗車する
ベモはドアがないので、そのまま乗り込んで空いている席に着席。ドライバーに行き先を告げる。

③目的地でベモを停める
自分が降りたいポイントに到着したら、ドライバーに「ストップ」と声をかけて停車してもらい、降車する。

④料金を支払う
助手席の窓から料金を支払う。おつりを用意しているドライバーはいないので、あらかじめぴったりの金額が出せるようにお金を崩しておく事をお勧めする。

編集部一押しの観光プラン

透明度の高い海が魅力!離島でシュノーケリング体験を

  • バリのお勧めツアー

    【バリ島発・レンボンガン島ツアー】シュノーケリング+マングローブツアー

    バリの自然を満喫できる大人気プラン。マングローブが生い茂り、色とりどりのサンゴ礁が広がる離島・レンボンガン島でシュノーケリングを始めとした魅力的なアクティビティーが楽しめる。透明度の高い海を心ゆくまで堪能しよう。
    ➡ 詳細はこちら
  • バリ旅行者の必読記事

    (Photo by Simon_sees elle)

    プラン相談

    どんなバリ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「5万円以内でバリ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド