居庸関の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

居庸関 (キョヨウカン)
居庸关 (ジュヨングァン)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

北京市昌平区南口鎮居庸関村居庸関 
メトロ2号線積水潭(ジンスイタン)駅下車、徳勝門(デシェンメン)バスターミナルから919路に乗って陳庄駅で下車し、879路に乗り換え居庸関長城駅下車すぐ

料金

45元

営業時間

7:30-16:30

休業日

年中無休

HP

-

Juyong Pass
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

難攻不落の要塞

Juyong Pass

北京市中心部より北西に約50キロメートル、万里の長城のうち最も多くの観光客が訪れる八達嶺(バダリン)長城へ向かう途中に位置する、居庸関(ジュヨングァン)長城の上に設けられた要塞。
明の時代、北京市を守るための最後の防衛線であった居庸関(ジュヨングァン)長城は、難攻不落の九塞のひとつとして知られている。

居庸関長城には北口、南口の二つの関門があり、北口を居庸関、南口は雲台と呼ばれる。
1990年代以降、復元整備が進み、現在では八達嶺(バダリン)長城と並び、北京を代表する観光地のひとつとなっている。

見どころ

雄大な山々に囲まれた美しい要塞

Juyong Pass

居庸関(ジュヨングァン)長城にある二つの関所、天下第一雄関と言われた北口の居庸関と、遠くから見ると、まるで雲の中にあると言われたことから名付けられた、南口の雲台。
1345年に建てられた雲台は、かつてはチベット仏教の塔が建っていたが、現在は台座だけしか残っていない。
台座の中心には大きなアーチが特徴の通路があり、経文が漢字、サンスクリット文字、モンゴルバスパ文字、ウイグル文字、チベット文字、西夏文字の6つの文字で刻まれている。
かつて北京が燕京と呼ばれていた頃、燕京八景のひとつとして選ばれた居庸関からは、両側を雄大な山々に囲まれ、深い渓谷を流れる澄んだ川が流れる、美しい景色を見ることができる。

編集部一押しの観光プラン

万里の長城へ専用車で楽ちんアクセス

  • 比較的混雑しておらず、万里の長城の魅力をじっくり味わえる慕田峪万里の長城を散策する

    【貸切】慕田峪万里の長城半日観光ツアー 北京発の観光地No.1!貸切チャーターでラクラク

    北京で絶対に観光したい万里の長城。このプランでは、公共交通機関のアクセスがやや悪いおかげで八達嶺長城ほど混み合わない慕田峪長城へ、貸切チャーターした車でスムーズに向かう。早朝出発で人が少なく、ゆったり観光できるのも魅力。

    ➡ 詳細はこちら

  • 北京旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    居庸関へのアクセス

    北京市昌平区南口鎮居庸関村居庸関 
    メトロ2号線積水潭(ジンスイタン)駅下車、徳勝門(デシェンメン)バスターミナルから919路に乗って陳庄駅で下車し、879路に乗り換え居庸関長城駅下車すぐ

    プラン相談

    どんな北京旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内で北京旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    北京のホテル
    海外での防犯対策グッズ