スポンサーリンク

カルモナの見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

カルモナ
Carmona

2017/01/06 更新

Carmona

スポンサーリンク

概要

セビリアからバスで1時間弱、遺跡と景観が美しい「白い村」

Carmona

スペインセビリアから東に30キロメートルほどのところに、歴史ある美しい街カルモナがある。
白い村と呼ばれる、白い壁の建物と石畳の美しい街である。

大平原の高台にあるこの街の歴史は古く、新石器時代にまで遡るといわれる。
古代ローマ時代にはローマ街道が引かれ、重要な軍事拠点として発展した。その後も様々な民族に支配された歴史を持つ。

セビリカからカルモナへは、クシーか路線バスで1時間弱。
セビリア空港から直接向かうと、30分ほどである。

セビリア大学近くのサン・ベルナルド駅からバスに乗る。カルモナ行きのバスはこの駅からしか出ていないので注意。
ここには、地下鉄、路面電車、多くのバス停が集まっている。カルモナへ向かうバスはカサル社のM-124号線のみ。
終点のPaseo del Estatutoバス停で降りる。土日は本数がかなり少ないので注意。

見どころ

①絶景と遺跡と、ひまわり畑を楽しむ

Carmona

カルモナの見どころは、ローマ時代の遺跡と、スペインの街を見下ろす壮大な景色である。
夏には、広大なひまわり畑を見ることができる。

ローマ時代の軍事的な要所であったカルモナには、かつて要塞であった3つの門が残されている。
セルビア門は、紀元前219年から紀元前201年にかけての戦争(第2次ポエニ戦争)の際にカルタゴ人が建設したといわれる。
コルドバ門からの景色は絶景として知られ、今も残る要塞を見学することができる(有料)。
マルチェナ門の要塞はのちに宮殿として改築され、現在はホテル(パラドール)として使われている。

街のはずれにはローマ時代の共同墓地の遺跡が残されており、中に入って見学することができる。

街の中心にあるサン・ペドロ教会には、セビリアのヒラルだの塔を模したといわれる塔が立ってる。
時間があれば、サンタマリア教会とデスカルサス修道院の建物もおすすめ。

②中世のお城を改装した、丘の上に建つ絶景のホテル

Carmona

カルモナといえば、ホテル「パラドール・デ・カルモナ」。

パラドールとはスペインで行われている観光事業の一つで、国が所有する歴史的建造物を改装し、宿泊施設としたもの。宮殿を改装したカルモナのパラドールは、非常に人気のあるホテルである。

カルモナの丘の上に14世紀に建てられた要塞を、ペドロ1世が宮殿として改築。イスラム文化の影響を残す建物で、エキゾチックな雰囲気を楽しむことができる。美しい庭園やパティオ、夏はプールも楽しめる。

ホテルから辺り一帯を見下ろす風景がすばらしい。地平線まで見渡すことができる。ホテルに宿泊しなくても、中にはいって景色を楽しむことができる。

バス停からホテルまではタクシーが便利(€8)。石畳の道を歩くと、徒歩約20分。

(Photo by Anna & Michal)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット