セビリア大聖堂とヒラルダの塔の観光情報(料金・行き方・営業時間)

セビリア大聖堂とヒラルダの塔
Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla e la Giralda

2017/11/07 更新

基本情報

住所

Av. de la Constitución, s/n 41004 Sevilla, España
インディアス古文書館から徒歩3分
アルカサルから徒歩5分

バスC5号線 García de Vinuesa (Avda. Constitución) バス停から徒歩3分
トラムT1号線 Archivo de Indias 停留所から徒歩5分
メトロ1号線 Puerta de Jerez 駅から徒歩10分

料金

一般は€8.0
25歳まで€3.0
15歳未満は無料

営業時間

・9-6月
月曜-土曜は11:00-17:30
日曜は14:30-18:30

・7月-8月
月曜-土曜は9:30-16:30
日曜は14:30-18:30

※入場は閉館30前まで

休業日

年中無休

HP

Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla e la Giralda_

概要

スペインの財力

Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla e la Giralda_

セビリアといえば、世界第3位の規模を誇る大聖堂(カテドラル)が必見。
1987年に世界遺産にも登録されている。

12世紀頃、当時この地を支配していたイスラム教徒の巨大なモスクが建てられていた。
その跡地に、キリスト教徒が1401年から118年の歳月をかけて巨大な聖堂を建設した。
そのため、モスクの名残が数多く残されている。

当時、非常に裕福だったこの地の支配者たちは、「後世の人に正気の沙汰ではないと思われるほどの大聖堂を建てよう」と考え、植民地からの莫大な富を使って、この豪華絢爛な巨大な寺院を建設したといわれる。

大聖堂は街の中心部に位置しているので観光には便利。
路線バス、地下鉄、最寄りのバス停から徒歩で訪れることができる。
サンタ・クルス街を散策しながら徒歩で訪れることもできる。

かなりの規模なので、時間に余裕を持って行くほうがよい。
毎日空いているが、日曜日は午後のみ。

見どころ

①黄金色に輝く巨大な霊廟と、豪華な装飾品の数々

Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla e la Giralda_

内部は豪華絢爛で荘厳。イスラム教とキリスト教の建築様式が混じり合い、独特の雰囲気が漂う。ゴシック様式の柱が支える大天井に圧倒される。

一番の見どころは、3トンの金を使って黄金色に塗られた、世界最大といわれる木製の衝立。王専用の礼拝堂に飾られている。45の場面から成るキリストと聖母マリアの生涯が、高さ20メートル幅13メートルの巨大衝立の中に描かれている。

この地方は4世紀頃からマリア信仰が盛んだったため、祭壇の正面には聖母マリア像が置かれている点が特徴である。

そのほかにも、長さ10メートルにも及ぶ巨大なパイプオルガン、聖母マリアやヒラルダの塔が描かれたステンドグラス、44もの礼拝堂など、見どころがたくさんある。

サン・アントニオ礼拝堂の、ムリーリョ「聖アントニウスの幻視」。サン・ペドロ礼拝堂の、スルバラン「無原罪の御宿り」。聖具室の、ゴヤ「聖フスタと聖ルフィナ」など、有名な作品が数多く展示されている。

②ヒラルダの塔とコロンブスの墓

Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla e la Giralda_

1198年に建てられたモスク(イスラム教の寺院)のミナレット(尖塔)を改装して作られたのが、セビリアの象徴ともいわれるヒラルダの塔である。

1568年、イスラム風のアラベスク模様が施された塔にさらにルネサンス風の装飾を施し、風向きを測るための巨大なブロンズの女神像を付け足した。ヒラルダという名前は、風見を意味する。

内部は、王が馬で駆け上がれるよう、階段ではなくらせん状の坂道になっている。市街を一望する、展望台からの眺めもすばらしい。

建物の南側、サン・クリストバルの門を入ると、クリストファー・コロンブスの墓がある。

イタリア人の船乗りであったコロンブスは、スペインの女王の援助を受け、新大陸発見を成し遂げる。最後までそこをインドだと信じ、晩年は不遇のまま1506年に病没すると遺骨は転々とし、1902年に、セビリア大聖堂の、4人の王に支えられた立派なお墓に遺骨が納められた。

旅のプロ直伝 セビリア大聖堂とヒラルダの塔観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、後藤謙太さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
スペイン担当
後藤 謙太
提携パートナー
セビリア大聖堂はスペイン国内では最大、世界でも第3位の規模を誇る教会です。その中にある主祭壇はゴッシク様式木彫りの最高傑作と評され、スペイン黄金時代の歴史を肌で感じます。

ヒラルダの塔には24の鐘があり、鳴り響く音に圧倒されます。塔の見晴らし台からはセビリアの歴史ある街並みを一望することができます。

編集部一押しの観光プラン

白い街・カサレスへのアクセス抜群!

  • セビリアのお勧めツアー

    アンダルシア地方 ロンダ、カサレス、ミハス1日観光ツアー

    ロンダ、カサレス、ミハスの街を貸切車で巡る。「白い街」のひとつとして有名なカサレスは個人のアクセスがやや難しいスポット。効率的な散策にもってこいのプランだ。宿泊ホテル直接送迎もポイントだ。
    ➡ 詳細はこちら
  • セビリア旅行者の必読記事

    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

    人気記事

    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    wifiレンタル
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド

    スポンサーリンク