セビリア大聖堂とヒラルダの塔の観光情報(料金・行き方・営業時間)

セビリア大聖堂とヒラルダの塔
Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla e la Giralda

2018/04/11 更新

基本情報

住所

Av. de la Constitución, s/n 41004 Sevilla, España
インディアス古文書館から徒歩3分
アルカサルから徒歩5分

バスC5号線 García de Vinuesa (Avda. Constitución) バス停から徒歩3分
トラムT1号線 Archivo de Indias 停留所から徒歩5分
メトロ1号線 Puerta de Jerez 駅から徒歩10分

料金

一般は€9.0
25歳まで€4.0
15歳未満は無料

営業時間

月曜は11:00-15:30
火曜-土曜は11:00-17:00
日曜は14:30-18:00

※1/5、12/24、12/31は11:00-13:00
※入場は閉館30前まで

休業日

1/1、1/6、12/25

HP

Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla e la Giralda_
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla e la Giralda_

セビリアといえば、世界第3位の規模を誇る大聖堂(カテドラル)が必見。かなりの規模なので、時間に余裕を持って行くほうがよい。

大聖堂は街の中心部に位置しているので観光には便利。路線バス、地下鉄、最寄りのバス停から直ぐの場所にあるし、サンタ・クルス街を散策しながら徒歩で訪れることもできる。

日曜日の午前中は閉まっているので注意が必要。

歴史

セビリアの土地は、長くイスラム教徒によって支配されていた歴史を持っており、12世紀頃には巨大なモスクがいくつも建てられていた。セビリア大聖堂は、キリスト教徒がこの地を奪い返しモスクを取り壊した跡地に建設されたため、聖堂のあちらこちらにモスクの名残を見ることが出来る。

建設当時、大航海時代の盟主として非常に裕福だったセビリアの支配者たちは、「後世の人に正気の沙汰ではないと思われるほどの大聖堂を建てよう」と考え、植民地支配で得た莫大な富を使い、1401年から118年もの歳月をかけて建造した。豪華絢爛なセビリア大聖堂からは、大航海時代の栄華を感じることが出来る。

1987年には世界遺産にも登録されている。

チェック

①黄金色に輝く巨大な霊廟と、豪華な装飾品の数々

Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla e la Giralda_

内部は豪華絢爛で荘厳。ゴシック様式の柱が支える大天井に圧倒される。この地方は4世紀頃からマリア信仰が盛んだったため、祭壇の正面には聖母マリア像が置かれている。
また、随所にイスラム教とキリスト教の建築様式が混じり合っており、独特の雰囲気が漂っている。

一番の見どころは、王専用の礼拝堂に飾られている、3トンの金を使って黄金色に塗られた世界最大の木製の衝立だ。45の場面から成るキリストと聖母マリアの生涯が、高さ20メートル幅13メートルの巨大衝立に描かれている。

そのほかにも、長さ10メートルにも及ぶ巨大なパイプオルガン、聖母マリアやヒラルダの塔が描かれたステンドグラス、44もの礼拝堂など、見どころがたくさんある。展示されている絵画にも注目で、サン・アントニオ礼拝堂にはムリーリョ作の「聖アントニウスの幻視」が、サン・ペドロ礼拝堂にはスルバラン作の「無原罪の御宿り」が、聖具室にはゴヤ作の「聖フスタと聖ルフィナ」が飾られており、世界にその名を轟かせる有名絵画を鑑賞することが出来る。

②ヒラルダの塔

Catedral de Santa María de la Sede de Sevilla e la Giralda_

1198年に建てられたモスク(イスラム教の寺院)のミナレット(尖塔)を改装して作られたのが、セビリアの象徴ともいわれる「ヒラルダの塔」である。1568年にイスラム風のアラベスク模様が施された塔に、ルネサンス風の装飾が施され、風向きを測るための巨大なブロンズの女神像が付け足されて完成した。日本語で「風見」を意味する「ヒラルダ」が塔の名前に付けられているのはこのためだ。内部は、王が馬で駆け上がれるよう、階段ではなくらせん状の坂道になっている。市街を一望する、展望台からの眺めも素晴らしい。

③コロンブスの墓

大聖堂南側、サン・クリストバルの門を入ると、クリストファー・コロンブスの墓がある。イタリア人の船乗りであったコロンブスは、スペインの女王の援助を受け新大陸発見を成し遂げた歴史的な人物。彼自身は最後まで新大陸をインドだと信じ、晩年は不遇のまま1506年に病没してしまったが、その後彼の功績は高く評価されている。

コロンブスの遺骨は各地を転々としていたが、1902年に、セビリア大聖堂内に用意された4人の王の像に支えられた立派なお墓に遺骨が納められた。

旅のプロ直伝 セビリア大聖堂とヒラルダの塔観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、後藤謙太さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
スペイン担当
後藤 謙太
提携パートナー
セビリア大聖堂はスペイン国内では最大、世界でも第3位の規模を誇る教会です。その中にある主祭壇はゴッシク様式木彫りの最高傑作と評され、スペイン黄金時代の歴史を肌で感じます。

ヒラルダの塔には24の鐘があり、鳴り響く音に圧倒されます。塔の見晴らし台からはセビリアの歴史ある街並みを一望することができます。

編集部一押しの観光プラン

白い街・カサレスへのアクセス抜群!

  • セビリアのお勧めツアー

    アンダルシア地方 ロンダ、カサレス、ミハス1日観光ツアー

    ロンダ、カサレス、ミハスの街を貸切車で巡る。「白い街」のひとつとして有名なカサレスは個人のアクセスがやや難しいスポット。効率的な散策にもってこいのプランだ。宿泊ホテル直接送迎もポイントだ。
    ➡ 詳細はこちら
  • セビリア旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    セビリア大聖堂とヒラルダの塔へのアクセス


    個人で訪れる場合

    ルート1(セビリア空港からの行き方)
    タクシーで約30分(およそ€20)
    ・エアポートバスでも直接大聖堂へ行ける(およそ€3)

    ルート2(主要駅からの行き方)
    セビリアのターミナル駅である Sevilla-Santa Justa (サンタ・フスタ)駅からは
    タクシーで10分弱
    ・路線バスでは、32号線の終点 Plaza Duque (Bajada) (ドゥケ・デ・ラ・ビクトリア)バス停から徒歩10分
    ・サンタ・フスタの1つ先の San Bernardo(サン・ベルナンド)駅から、路面電車でおよそ10分

    ツアーで訪れる場合(例)

    世界遺産カテドラル入場、セビリア市内ハイライト観光ツアー
    ・所要時間 3.5時間、9:30集合、13:00解散
    ・大人(12歳以上)は€38.0(入場料/英語ガイド含む)
    ・子供(5-11歳) は€26.5(入場料/英語ガイド含む)
    ・幼児(0-4歳)は€3.0(入場料/英語ガイド含む)

    プラン相談

    どんなセビリア旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でセビリア旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド