スポンサーリンク

市立近代美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

市立近代美術館
Stedelijk Museum

2017/05/05 更新

Stedelijk Museum

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ゴッホ以降の近代美術のコレクション

Stedelijk Museum

国立ミュージアムやゴッホ美術館コンセルトヘボウが並ぶ、ミュージアムプレインに建つ市立近代美術館は、1870年から現代までの近代美術作品を収容している。
そのコレクション数は90,000点にのぼる。
作品の種類は多岐に渡り、油絵・彫刻・版画・写真・グラフィックデザイン・映像作品など。
特に20世紀後半のコレクションが充実しているので、現代アートやデザインに興味のある人は必見だ。

期間限定の特別展も頻繁に開催されている。
特別展の内容によっては、入館料が変更になる場合がある。内容やスケジュールはHPに記載される。

レストランも併設されており、こちらは入館者でなくても使用できる。
伝統的なオランダ料理も楽しめる。
また、室内の席とテラス席とのテーブルは、ガラスを貫通したようなユニークなデザインになっている。

見どころ

バスタブの愛称で知られる新館

Stedelijk Museum

9年の改装工事を終え、2012年に完成した新館はバスタブの愛称で知られている。
その名の通り、宙に浮いたバスタブのようなフラットな形状は奇抜だが、アムステルダム出身の建築家メルス・クローウェルによって、19世紀に建造された本館との調和を上手く保っている。
レンガ作りの本館を隠さないよう地上階部分をガラス張りにしたり、バスタブの天井の高さを本館の高さと揃えたりと、様々な工夫がなされている。
内部を見学する時間がない場合には、その佇まいだけでも見ておきたい。

アムステルダムの危険対策


(Photo by Nathan Hughes Hamilton Franklin Heijnen Deepa Paul)

人気記事

ドゥルーロップ アムステルダムの概案
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク