スポンサーリンク

ドイツ狩猟漁猟博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ドイツ狩猟漁猟博物館
Deutsches Jagd und Fischereimuseum

2017/05/05 更新

Deutsches Jagd und Fischereimuseum

概要

ちょっと変わったヨーロッパで最大級の漁猟博物館

漁猟関係のコレクションは、ヨーロッパ最大級と言われている「ドイツ狩猟漁猟博物館」。
歩行者天国のノイハウザー通りにある、教会だった建物を利用した、ちょっと変わった博物館だ。
淡水魚の標本や、狩猟道具、原始時代からの釣りの道具、狩猟動物の骨格や剥製、骨や皮で作られた調度品や家具などの、数多くのコレクションを通して、狩猟・漁猟についての歴史を学ぶことができる。

以前は上流階級の人物の家だったということもあり、中は広い造りになっている。
博物館内の白い広間には大鹿の頭の剥製が壁に並び、圧倒されるほどの迫力を感じることができる。
生息する動物たちの様子を知ることができるジオラマもあり、子供たちが自然を知るのにも役立つ。
狩猟をテーマにした絵画も鑑賞でき、さまざまなタイプの人が楽しめる博物館である。

ミュンヘンの危険対策

人気記事

フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク